あた新しい携帯電話(Oppo A37f)を買っちゃいました … けれど ^o^;;

本当は中華味の Oppo Neo7 という機種が安かったので購入しようかと SM へ行きましたが、あいにく通路にあった Oppo ので店と入ったお店で”売り切れ(真偽のほどはわかりません ?!? )”だったので、当初の購入予定価格よりは1,000ペソ高くなりましたが6,990ペソで”A37f” という機種を買っちゃいました。

Neo7 はNano-SIM とMicro-SIM のデュアルだったので、ちょうど日本のau携帯が Nano で今までセブ島で使っていたグローブが Micro … しかも”お安い”ときたもんだ !!

でも、物が無ければ仕方ない … 道楽親父は他のお店を”もっと探す”などという執着がなく、他に目がいってしまうのですね。それにせっかく混雑の中を出かけて行ったので何か買って帰るしかないな !! しかも、「金土日3日間セール」で SM はごった返していました。F1 Plus って機種も良かったんですけれど、お値段が少々お高くなりますので、”A37f” にしました。

しか〜あし、この機種は Nano-SIM のデュアルスロットルでした。

ということで帰国までは今までの電話番号を使いますが、次回戻った時には Nano-SIM に変更しますので、新しい電話番号はブログや FaceBook で新しい番号をお知らせしますので、またよろしくお願いします。

ここで問題発生 … auの SIM-Card は認識して通話もできるようですが、日本に持ち帰って使えるかどうかは全くわかりません。それに iMac が「認識できないディバイスが接続されました !」とのメッセージを出して Oppo A37 との「同期」が出来ません。それでも何とか無理やりに繋いで音楽と着信音(”TV-Patorol” と”ワイフに注意”)入れましたが、まだ、iPhone のように「着信音個人設定」ができるかどうかはわかりません。

まあ、今までの 台湾製の HTC があるからどうでも良いと言えばいいのですが …「道楽親父の模型作り」の材料もなくなっていますので、帰国までの3週間 … “暇潰し”にはちょうど良いのかもしれません。

au携帯の SIM は Nano-SIM なので、iPhone 6 には使えなくなっています。(SM あたりで SIM アダプターを探して使えば使えるのでしょうが … ?!? 面倒になっています。)

「言語」には日本語も入っており、しっかり日本語表示もしてくれます。しかし、そこは海外製 … 開発された「テーマや壁紙」は海外用なのか、おかしな日本語を表示するものもあり、英語表示にしなければしっかり表示しません。しかし、そこは無頓着な道楽親父 … 電話がかかれば良いということで「これで良し !!」