ブランド:TALKING ABOUT THE ABSTRACTIONbrbSleeve Print Coach Jacket/b A0241N ZOZOVIANT 通販
Sleeve Print Coach Jacket

ブランド:TALKING ABOUT THE ABSTRACTION Sleeve Print Coach Jacket

今回は、足首を柔らかくする方法のご紹介です。足首が固いと、その上の膝関節や股関節、腰にまで負担がかかり痛めてしまう原因にもなります。スポーツ、運動選手、ダンスや舞踏、武道などでも足首を柔らかくすることは、コンディションアップ、怪我の予防にもとても大事です。

足首の柔らかさとは関節だけの問題ではありません。特に足首を動かすアキレス腱と、すねの筋肉(脛骨筋、腓骨筋)の柔軟性が特に大事なので、この部分を柔らかくできる効果的なストレッチを、ご紹介したいと思います。

ど~も恵比寿整体院の内山です。今回は足首ということで、私の実体験からお話しできるコトがあります。

実は私も足首の固さに悩まされていました。20歳の時、アメリカで右足首骨折&脱臼…、腓骨が脱臼で脛骨が完全骨折。ショック状態で病院へ、脱臼を戻す時気絶(笑)、気が付いたら手術が終わっていた…。

そんな甘い青春の思い出があるのですが、当時はスノーボードの選手として活動しており、骨折後その後7,8年は足首の動かなさ、痛みに悩まされていました(若干、手術が適当だったと思っている…)。

ヨガのように呼吸を上手く使ってストレッチを行うと、とても効果的に安全に体を柔らかくすることができます。

足首といえど自律神経の緊張が取れるようにケアしていけば必ず柔らかくなります。

ということで、足首を柔らかくできる腹式呼吸を使ったストレッチを簡単なものを2つ、少し本格的なものを1つご紹介しますので、足首を柔らかくしたい方は是非、実践してみてください。

の最新記事



近頃は写真仕事やら、部屋の改装やらで、しばらくジュエリーはほっとらかし(ほっぽらかし?ほったらかし?時々ディティール不明の日本語増加中)。


この入り口のステップの石が、200年以上の使用で磨り減っているところが、

この向こう側に見えている壁、つまりベドフォードバリー(Bedfordbury)側へのパッセージの、


ブランド:Samantha Thavasabrbリボン金具ラウンド長財布3年保証対象/b
アル系の専門書店、アンティーク店、ヴィンテージ・ジュエリー店等々。

オープニング・セレモニーで俳優のSimon Callow(サイモン・カーロウ)氏がスピーチ。


で、Afterの方は、Beforeで収納に使っていたパイン棚の柱をカットして、机の高さに調整(この辺は、私・設計、配偶者氏・施工)、ここで収納力を確保しつつ、その上に天板をのせて、机の脚を兼ねてもらう・・・という方法にした。

これもハイストリートにある、シュガークラフト(ケーキのデコレーション)のお店、

女王陛下のジュビリーがテーマのデコレーション。

ロイヤルがポップアップするデコレーション・キット。


スペイン種は4方向に花が付くので、バランスが取れるためまっすぐ伸びている。
ブランド:Modifybrbリネン混シアーボーダーカーディガン/b
・牛達は外に出ないように作られている。

羊がいる。ちょうど子羊が育ち始めるシーズン。


天候不順のLondonを、日本雑誌の撮影仕事で走り回って、その後はポストプロセスして納品。


仮仕様のつもりだったのが、ずるずるそのまま2年も使っていた。本格的にPCが使いやすいように、かつ、収納力最大限、というレイアウトを以前から考えていたのだが、それを突然実行に移してしまった。

その彼の墓を中心にして、彼の時代の16世紀後半~17世紀にかけての庭園のスタイル、


現在でも、ニュージーランドとオーストリアで広く販売されている。
あまり知られていない、小さな静かな博物館なのだけれど、気候のいいときはとてもほっこりできる。

「概念」にすることができるか?

友達に「お前の友達の吉田ってどんな奴?」と聞かれたときに、生年月日や出身地などの”具体的”な項目を答える人はいないでしょう。「面白いやつ」「変な奴」などの回答が一般的だと思います。これは”抽象的”ですね。たとえば「サイヤ人みたいな奴」と答えてみたらどうでしょうか。これは「サイヤ人という”概念”」で友達を表現していますね。あるいは「人間的には尊敬できないけど、仕事のパートナーとしては最高」とかも、高度に”概念化”しています。

ついでに、より実践的な例を挙げておきましょう。就職面接で「あなたの友人達は、どういう人たちですか?」と聞かれたとしましょう。この時に「吉田って奴は〇○で、松本って奴は□□で・・・」と”具体的”に応えたら、おそらく「日本語の通じない奴だな」と採用見送りになることでしょうね。かといって「良いやつばかりです」とか言っても、なんだかなーです。こういうときに、うまいこと表現するには”概念化”が大事です。というわけで、この質問に対して、僕ならば・・・

「私の友人達は大きく3つに分けられます。真面目な話ができる奴と、馬鹿話ができる奴と、どちらの話も自由に行き来しながらできる奴です。昔は、”真面目な話だけできる友人”と”馬鹿話だけができる友人”の2つのグループが非常に多かったのですが、近年は、最後のグループが多くなってきました。結局のところ、真面目な話と馬鹿話との間に明確な垣根はないので、その行き来を自在にできる奴らとの会話が相互に楽しく、どんどん友人関係が深まってきているのだと思います。そういう友人たちは概して地頭が良く、物事を多面的に捉える能力に長けているために、仕事もそつなくこなせるようで様々な業界で活躍しています。彼らと積極的に情報交換することで、まぁ、例えその大半が馬鹿話だとしても、多くの気付きを得ることができます。また、こういう友人たちを”ベンチマーク”として横目で眺めることで、私自身の成長の速度が妥当なのか、ということを考えることにもつながりますので、非常に刺激をもらえる友人達だなと思いますね」

とかって答えるんじゃないかと思います。なんか、解説するのもバカっぽいですが、一応解説すると「友人」という一つの概念を「A.真面目な話ができる人たち」「B.馬鹿話ができる人たち」「C.両方を自由に切り替えられる人たち」の3つの概念で括りなおしてます。そして、「AかBか、という区切りを置いていたのは自分の方で、多くの友人たちとはCの関係を築くことができている」と展開し、「Cの人たちは非常に優れていて、僕自身を成長させてくれるのだ」と結論付けました。