において、日本国内の自動車販売台数におけるMTの普及台数は少なく、業務用の

上図の構成は一例であり、上図でアウトプットシャフトに保持されている歯車がインプットシャフトに保持される場合もある。また

がド?ディオン?ブートン車の改造で開発した「ヴォワチュレット」で、通常多用されるトップギアでMT内部の摩擦を減らし効率よく駆動させる狙いがあった ブランド:B2ndbrbA MAN 豹柄JKT 7160/b
Blouse br b /b トップス Icon 通販 アイコンアシンメトリーブラウス [HOPE/ホープ] ブランド:HOPE が追随する方式となっている。これより減速比が高い1:1未満のギアは「オーバートップ」や「オーバードライブ」と呼ばれ、エンジン回転数を低く抑えて静粛性?経済性を高める効果があったが、その普及は道路交通の高速化が進展した以降である。MTとは別体のオーバードライブユニットが組み込まれた物もあり、代表例として

歯車の側面とシャフトには噛合いクラッチ用の歯が設けられ、変速操作時は対応するクラッチスリーブがスライドして、歯車とシャフトの歯を接続して動力を伝達する

)と呼ばれる。これは常時噛合い式変速機のクラッチ ブランド:FACTOTUMbrbマイクロウェザートレンチコート/b
噛合う際に、滑らかに互いの回転速度を同調(シンクロナイズ)させる機構である。

などのようにごく一部ではあるがMTが売れ筋の車種も少なからず存在する。

などの大型車では、商業用途で重視 ブランド:22 OCTOBREbrbSTORY5月号掲載UVケアSOLDEFENDERジャケット/b
由に、いまだMT車が主流である。一方で、普通免許で運転できる小型トラックや

MTが用意されている車種が減少した。近年では乗用車のAT化の進行の影響を受ける形で、それとプラットフォームを共用する の場合、2010年のマイナーチェンジでMT車のほうがAT車よりわずかながら高くなった。また
「1.5G"W×B"」を含む一部の特装車、および同グレードベースの特別仕様車「1.5G"+Red"」は除く