ブランド:BLUE LABEL CRESTBRIDGEbrbコットンギャバジントレンチコート/b 55A10300 通販
コットンギャバジン トレンチコート

ブランド:BLUE LABEL CRESTBRIDGE コットンギャバジン トレンチコート

サービス利用記第二弾は、なんとトヨタの水素カー「 是吉興業 Hogrel ホグレルbr/ホグレル ハイプーリー [トレーニングマシン]
」。アメリカで開催されている「Poptech」というイベントに参加したのですが、そこのスポンサーの1社がトヨタで、参加者向けにミライを披露かつ試乗させてくれるというPRををやっていました。これは乗るしか無いということで乗ってみました。

折しも2015年10月21日はバック・トゥ・ザ・フューチャーの日ということで、トヨタもそれに合わせた ブランド:junhashimotobrbOMNI JACKET/b
55A10300 ブランド:BLUE LABEL br /b トレンチコート b 通販 コットンギャバジン CRESTBRIDGEを配信していました。

ミライはまさにこれに出てくるクルマです。

じゃん!

後部、ナンバープレートの左下にMIRAIとあります。見た目は普通の車と特に変わらない。

ボンネットを開けるとこんな感じ。フロントガラスよりの真ん中にある銀色のハコが水素エンジンです。同行した車に詳しいメンバーにによると、構造は通常の車とあまり変わらないが、ガソリン車に比べて熱が出ないので熱処理系の機構がないとのこと。

カーナビの画面がこんな感じ。ちょっと見にくいですが、左側のバーに「APPS」というタブがあって、音楽、電話、地図、など色々なアプリを起動できるようになっています。ここのエリアはサードパーティにも開放する・・・と同行してくれたトヨタの人が言ってました。ちなみにOSなどはトヨタオリジナルだとのこと。ただ明らかにそういう方面に詳しい感じの人ではなかったので違うかも^^;

Sprocket的には気になる部分ではあります。Sprocketからの配信先チャネルの1つにこのパネルが加わる、ということも十分あり得ます。

てことで運転出発!Poptech会場周辺を1周する感じで、およそ5分位の運転です。

 あわせて読みたい



シンプルなゲームほど面白いと 再認識させてくれるアクションゲーム]

1984年発売ジャンル アクション参考価格980円

どんな人におすすめ? 古き良きアクションゲームが好きなら文句なし

ピーナッツとバターという最強の組み合わせ。

ヨコタ工業 YOKOTAbr/HSA6A [エアサンダアングル120°]
製品が名前のゲームがあったのです。

タイトルの「ナッツ」というキャラクターは

なぜ敵のキャラクターの名前が先なのかは分かりませんが?

親戚の家などで、プレイした事がある人も多いのではないでしょうか。

超名作アクション ナッツ&ミルクという作品でした。

ナッツ&ミルクの感想でもあり レビューでもあり

ブランド:LOVELESSbrbLOVELESSMENS レザーシングルライダース/b
白いんです…からのそこまで行けない、という不満を解消]

「ヤバい!面白そう、発売日に買っちゃおう」なんて事が

ゲームのかなり後半だと気づいて、ガックリしたなんて事も多かったです。

「15時間後にようやく登場」みたいな遅すぎ感を

ステージをセレクトボタンで飛ばせるのです。

「このステージが難しいから、もうやめよう」なんて

諦めやすいダメ人間に向けた、優しいシステムでした。

とてつもない優しさに包まれたシステムこそが

今の時代でも、愛され続ける理由なのかも知れませんね。

ステージを飛ばしたらエンディング画面はおあずけ]

みんなステージを飛ばしまくって遊んだと思います。

しかし、そんな便利なシステムで最終面をクリアしても

エンディング画面を見る事は出来ませんでした。

「ナッツ&ミルクって酷いんだぜ」

「普通にクリアしないと、エンディング見られないんだぜ」なんて

ステージ20くらいまでは、なんとか無事にたどり着けました。

結局、最後までクリア出来ずに諦めましたが。

「すこしは成長したんだな」と、思わずぐっと来たのでした。

なので、古き良きアクションゲームが好きなら

ブランド:FOSSILbrbHYBRID SMARTWATCHMENS NONNO 2017年5月号 / LOADED vol31 / UOMO 2017年5月号 / smart 2017年5月号 / CLUEL homme 2017年5月号 掲載Q GRANTFTW1118/b
&ミルク懐かしいなと思った方は

ベストコレクション 謎解きコレクション」には

モノノフ的ゲーム紹介をお読みくださりありがとうございました

うわ~、こんな演出だれが考えるの?
もう何度も書くけどステキすぎ!!

ただ位置を入れ替える時、頭ぶつけていた二人だったけどw

無刃剣を手にしたヤッ様のアクションも決まってたなぁ~
回し蹴りの鋭さ・身のかわし・太刀裁き、どれもこれも筆舌つくしがたし!
舞台バックでは桜も舞っていました

ブラックコンバーターを破壊されたアンドロメダ星人
キャノン砲で攻撃を仕掛けてきた
いや、キャノン砲って、それ空気鉄砲ですよね
でんじろう先生の科学の実験かい!w

でもダメージはんぱない様子のヤッ様・隼人
なすすべもないのかと思われたが、盾をかざしながら熊襲が再びの助太刀!
その盾でキャノン砲も跳ね返し、ついには発射口も封じる

次から次へと攻撃をかわされてしまうアンドロメダ星人
これがホントの最終兵器だと宇宙人みたいな巨人兵を投下!
うぅぅ…強そうな感じしないんですけど(;^ω^)

でも巨人には巨人て事でダイサイゴーも再び参戦
最後のバトルが繰り広げられる

ところが心の無いロボットのメダ兵
いくら攻撃をしても倒れない
これ以上の立ち合いは意味がないと手をこまねく隼人たち
ヤッ様「やつらのイッダマシイを呼び起こせれば・・・」

と、ここで木花咲耶姫とロディが登場!
魂のないロボットに戦いよりも楽しいことを教えましょうと
「おはら節レボリューション」を歌いだす
ロディの新作衣裳が可愛い♪
みんなで楽しくロディの歌に合わせてダンス