ブランド:wonderlandbrb2017春夏Flight jumper/b WL17SSJP01 ブルゾン wonderland 通販
2017春夏 Flight jumper

ブランド:wonderland 2017春夏 Flight jumper

今回は、足首を柔らかくする方法のご紹介です。足首が固いと、その上の膝関節や股関節、腰にまで負担がかかり痛めてしまう原因にもなります。スポーツ、運動選手、ダンスや舞踏、武道などでも足首を柔らかくすることは、コンディションアップ、怪我の予防にもとても大事です。

足首の柔らかさとは関節だけの問題ではありません。特に足首を動かすアキレス腱と、すねの筋肉(脛骨筋、腓骨筋)の柔軟性が特に大事なので、この部分を柔らかくできる効果的なストレッチを、ご紹介したいと思います。

ど~も恵比寿整体院の内山です。今回は足首ということで、私の実体験からお話しできるコトがあります。

実は私も足首の固さに悩まされていました。20歳の時、アメリカで右足首骨折&脱臼…、腓骨が脱臼で脛骨が完全骨折。ショック状態で病院へ、脱臼を戻す時気絶(笑)、気が付いたら手術が終わっていた…。

そんな甘い青春の思い出があるのですが、当時はスノーボードの選手として活動しており、骨折後その後7,8年は足首の動かなさ、痛みに悩まされていました(若干、手術が適当だったと思っている…)。

ヨガのように呼吸を上手く使ってストレッチを行うと、とても効果的に安全に体を柔らかくすることができます。

足首といえど自律神経の緊張が取れるようにケアしていけば必ず柔らかくなります。

ということで、足首を柔らかくできる腹式呼吸を使ったストレッチを簡単なものを2つ、少し本格的なものを1つご紹介しますので、足首を柔らかくしたい方は是非、実践してみてください。

の最新記事



去年も行きましたが今年も行くことに!合言葉は「元を取る!」です。と、その前にお伊勢さんへ行きました。早朝、河川敷の駐車場は県外ナンバーばっかり。夜中に走ってきたのでしょう。ご苦労さんです。早起きは三文の徳といいますが、鳥居からちょうど朝日が昇ってきました。ラッキーです
焼き牡蠣、蒸しカキ食い放題!です。これにご飯とみそ汁、牡蠣フライがつきます。うーん、塩分取りすぎは避けられませんなあ。けどうまいから、がんがん食べました。牡蠣のチーズ焼き?は別払いですが旨かった。

節分の時の食べ物といえば、豆や恵方巻きですが、私の地域での節分時のお菓子はこれ

ここへは約4年ぶりに行ってきました。今回は家族と遠出。行きの高速道路は母親が運転。数年ぶりの高速道路走行。まずETCゲートに制限速度20キロを無視して突っ込む。私に緊張が走ります加速車線でも「怖い」といいながらアクセルを踏むのを躊躇している。「いや、怖いのは速度差。はよ加速せんかい!」と心の中で叫びました。無事に走行車線へ入れ安心。ただ力んでいるのか車が左右に振れる。ステアリングをきりすぎ。途中のSAで交代。腕や足が痛いらしい・・・。
小屋のテラスにいると鳥がきた。たぶん高所にいるカラスだったかな?逃げる気配もなく目があってしまった。人なれしているのだろうか?
白駒池へ狭い道をすすむ。視界が広がり白駒池が姿を現す。あたり一面真っ白!すばらしい。船場でピッケルで積雪の量を確かめてみると大体30センチくらいある。その下は氷 サカエbr/SLN9054RW [スチールラック キャスター付 900×615×1920mm]
たカンジキを装備し池を歩いた。

参拝からの帰り、国道42号線を北上したほうが家に早く着くのですがそれじゃつまらないと思い、169号線をずっと北上しました。熊野で国道309号に入り169号へ。途中にサークルKがあったのには驚き!こんなところにもあるんだ。169号線西原までは積雪なし。道路もドライでした

鳥居の周辺の基礎も下部がえぐられていた。
行列ができていて商売繁盛ですなあ。難点は駐車場が狭いことかな。こ ブランド:SOFIE DHOOREbrbSOFIE DHOOREソフィードール CLASSIC LONGSLEEVE SHIRT クラシックシャツロングスリーブシャツ/b
jumper ブランド:wonderland wonderland anlio Flight WL17SSJP01 b br 2017春夏 /b ブルゾン 高にうまかったです。


何とか両童子岩に9時15分ごろ到着。岩の手前のルート上には倒木があって匍匐前進して進んだ。重いザックが木に引っ掛かり悪戦苦闘。

以上初登山は撤退という結果になりましたがいい経験でした

日本にはすごい秩序があって、犯罪は少ないし、みんな譲り合うし、暮らしていくにはいい国らしいです。

ええ、小さいころから上に従うことをよく覚えるので、そう激しい人物は出ません。しかし、そんな日本にはなにか閉塞があり、外人に負けるときはみんな道連れで大敗します。

太平洋戦争も、バブル崩壊の不況も、それから70年ほどたった3.11でも、なぜか失敗のパターンはどこか共通点がないでしょうか。

それは日本人は従うことをよく覚えるが、人を従わせて成功することがなぜか苦手だ、いざ従うべき人がいないトップレベルの人間になってしまったら、何をしていいのかわからず、指針がないため自らのための闘争に陥りさらにおそらく負けるのだから先に負けてしまえと自滅さえしてしまう。

こんな感じで正しい理解でしょうか。外人がしないような失敗だけは日本人はよくするのですよ。

改善するには、教育システムを変えるのがいちばんいい。秩序を保ちながら人を率いるためには、どうしたらいいのかはよくわからないが、変えるべきところはよくわかる。

苛めに対し相応の処罰を与える、先生の指示を一貫させる、正解のはっきりしない問題を扱える様にする、全く知らないことへの対応力を身に付けさせる、自由に課題を選ばせながら研究ポリシーはひとつのしっかりしたものを身に付けさせる、先生が生徒の人間関係に介入して健全な方向へ導く、ええもっとあるかも知れません。

そしてもう今までの教育を続けてはいけません。子供達の性質が今までとかなり異なります。

昔のようなとにかく駄目なことをしたら単に叱りつける教育は通じません。なぜ駄目なのか、どうしたらみんなに受け入れられるか、理屈で教える必要があるし、怒鳴ってばかりでは何が問題なのかわかってもどうしたら解決するか全く見えてこないので自分の存在に理由を求め生まれてこなければよかったというまでになるかも知れません。

こういった自分を否定させ、自我を崩壊させて新しい人格を植え付ける、旧来の教育は、その根っこのポリシーが堕落して、もはやブラック企業やカルト宗教の常套になり、厳しい教育で知られる舞妓はフィクションでは精密なロボットにされる扱いです。これから世界情勢はどうなるか、どちらにしろ太平洋戦争のころの教育観はそのまま未来へは適用できません。