ブランド:BLACK LABEL CRESTBRIDGEbrbライトウェイトサマーMA1ジャケット/b 通販 51F16531
ライトウェイトサマーMA-1ジャケット

ブランド:BLACK LABEL CRESTBRIDGE ライトウェイトサマーMA-1ジャケット

サービス利用記第二弾は、なんとトヨタの水素カー「 ブランド:B2ndbrbA MAN 豹柄JKT 7160/b
」。アメリカで開催されている「Poptech」というイベントに参加したのですが、そこのスポンサーの1社がトヨタで、参加者向けにミライを披露かつ試乗させてくれるというPRををやっていました。これは乗るしか無いということで乗ってみました。

折しも2015年10月21日はバック・トゥ・ザ・フューチャーの日ということで、トヨタもそれに合わせた 近代ヨーロッパ首都地図集成 第4期 [図鑑]
を配信していました。

ミライはまさにこれに出てくるクルマです。

じゃん!

後部、ナンバープレートの左下にMIRAIとあります。見た目は普通の車と特に変わらない。

ボンネットを開けるとこんな感じ。フロントガラスよりの真ん中にある銀色のハコが水素エンジンです。同行した車に詳しいメンバーにによると、構造は通常の車とあまり変わらないが、ガソリン車に比べて熱が出ないので熱処理系の機構がないとのこと。

カーナビの画面がこんな感じ。ちょっと見にくいですが、左側のバーに「APPS」というタブがあって、音楽、電話、地図、など色々なアプリを起動できるようになっています。ここのエリアはサードパーティにも開放する・・・と同行してくれたトヨタの人が言ってました。ちなみにOSなどはトヨタオリジナルだとのこと。ただ明らかにそういう方面に詳しい感じの人ではなかったので違うかも^^;

Sprocket的には気になる部分ではあります。Sprocketからの配信先チャネルの1つにこのパネルが加わる、ということも十分あり得ます。

てことで運転出発!Poptech会場周辺を1周する感じで、およそ5分位の運転です。

 あわせて読みたい


-5月1日と5月2日は特別授業でした!!(*‘∀‘) -

様々な花を見たり、面白い名前の植物をじっくり見ました。

このつどいは、普通の卒業式とはちょっと違った手づ ブランド:MONKEY TIMEbrbTourne de Transmission KILLR TAILRD JKT/ジャケット/b
通販 LABEL br CRESTBRIDGE ブランド:BLACK 51F16531 b /b ライトウェイトサマーMA1ジャケット です。

お互いに相手を驚かそうとして、内緒で準備をしていたので、そうなってしまったのです。

ーーー箸食とナイフ・フォーク食って(人口が)同じくらいなんですね。すごく勉強になりました。

7月8日、日本ハム株式会社が主催する手作りソーセージ教室に初参加しました! これはフリースクールの子どもたちのために日ハムさんが毎年開催してくださっているイベントです。

泊り会の夜は生徒が企画した肝試しを学生さんと行いました。

27日(日)学生授業(牛乳から見る消費のあり方)、レク、夕食会、生徒企画(肝試し)、泊り会

9月2日(水)に余市に農業実習に行きました。今回のメインは野菜の収穫!余市についた時には雨が降っていましたが、たくさんのじゃまいも、甘いトマト、なす、かぼちゃ、たまねぎ、大きなズッキーニがとれました。トマトはそのまま昼食に、ジャガイモはフライドポテトにして取れたてをいただきました。まだまだ残っている野菜たちをどのように使っていくか考え中です。

蚊が多くて登りきるのが大変でしたが、頂上につくと札幌が見渡せるステキな景色が待っていました。下山ルートも急な部分が多く苦労しまし ブランド:ear PAPILLONNERbrbGIANNI NOTARO ジャンニ ノターロミニショルダーバッグ/b
た生徒たちは達成感に満ち溢れていました。

6月5日(金)の1日を使って食育を行いました。作った料理は「玉ねぎなしの肉うまハンバーグ」と「大根とカリカリじゃこのサラダ」の2品!!作りたい料理を決め、レシピを調べ、材料の値段調査をし、買い物と調理器具の確認と事前準備は生徒たちが中心となって行いました。調理では役割を決め、それぞれ担当のものを丁寧に心を込めて作りました。出来上がった料理はみんなでいただきました。

在校生もドキドキしながら、それぞれの気持ちを述べました。

卒業生のみなさん、卒業おめでとう!

ウイリアム・ケアリは平凡な男性でしたが、その信仰は非凡でした。18世紀の労働者階級に生まれ、靴作りを生業(なりわい)にしていましたが、そのかたわら、神学書や未知の民族を発見した探検家の日記などを読んでいました。神は、これらの書物を用いられました。ケアリは世界に福音を伝えなければならないと思うようになったのです。彼は宣教師としてインドに赴き、福音伝道の働きを始めました。同時に、インドのいくつかの方言を習得して、聖書をそれらの言語に翻訳しました。ケアリの宣教にかける熱意は「神に大いなることを期待せよ。神のために大いなることを企てよ」という彼自身の言葉に表れています。ケアリは、自分の言葉どおりに生き、何千人という人々が彼の生き方に影響されて海外に福音を伝える宣教師になりました。

聖書は、神を信じることで驚異的な結果をもたらした多くの人々について語っています。へブル11章33節~34節は「…信仰によって、国々を征服し、正しいことを行い、約束のものを得、獅子の口をふさぎ、火の勢いを消し、剣の刃をのがれ、弱い者なのに強くされ」た人々の存在を伝えています。

歴史が下るにつれて、このような英雄の数は累積され増えていきます。その一員になる可能性は、私たちにもあります。神は何でもおできになり、誠実なお方ですから、私たちは大いなることを企て、大いなることを期待できるのです。

アラスカに旅行したとき、フェアバンクスの近くのエル・ドラド金山に行きました。金山を見学し、ゴールドラッシュ時代の採鉱方法の実演を見た後、金の選別作業を体験しました。一人ひとりに平なべと、土と石の入った袋が渡されます。袋の中身を平なべに入れ、水槽から水を加えると、その泥水をぐるぐるかき混ぜながら捨てていきます。そうすると、金は重いので、それだけがなべの底に残るのです。私たちは熟練の業を見てからまねをしようとしましたが、ほとんど上達しませんでした。というのも、金が混じっているかもしれないと思うと、価値のない土を思い切って捨てられないからです。

この体験は、何かを持っていると真に価値ある物を見つけられないことがあるという真理を表しています。このことが当てはまるひとりの金持ちと、イエスは出会われました。この金持ちにとって、この世の富は、精神的な宝よりも重要でした(ルカ18:18-30)。その様子を見て、イエスは「裕福な者が神の国に入ることは、何とむずかしいことでしょう」と言われました(24節)。

金銭は、それ自体は悪いものではありません。しかし、蓄財が人生の目標になってしうことがあります。そうなったなら、人は本当の豊かさを手にすることはできません。一生懸命にお金を貯めるのは愚かなことです。なぜなら、試練を耐えて、神を賛美し、神に栄光や栄誉を帰すように私たちを支えてくれるのは、お金ではないからです。それは純粋な信仰です(Ⅰペテ1:7)。