ブランド:NOLLEY'SbrbバックサテンVネックジャケット/b 通販 MA705002 NOLLEY'S
バックサテンVネックジャケット

ブランド:NOLLEY'S バックサテンVネックジャケット

今回は、足首を柔らかくする方法のご紹介です。足首が固いと、その上の膝関節や股関節、腰にまで負担がかかり痛めてしまう原因にもなります。スポーツ、運動選手、ダンスや舞踏、武道などでも足首を柔らかくすることは、コンディションアップ、怪我の予防にもとても大事です。

足首の柔らかさとは関節だけの問題ではありません。特に足首を動かすアキレス腱と、すねの筋肉(脛骨筋、腓骨筋)の柔軟性が特に大事なので、この部分を柔らかくできる効果的なストレッチを、ご紹介したいと思います。

ど~も恵比寿整体院の内山です。今回は足首ということで、私の実体験からお話しできるコトがあります。

実は私も足首の固さに悩まされていました。20歳の時、アメリカで右足首骨折&脱臼…、腓骨が脱臼で脛骨が完全骨折。ショック状態で病院へ、脱臼を戻す時気絶(笑)、気が付いたら手術が終わっていた…。

そんな甘い青春の思い出があるのですが、当時はスノーボードの選手として活動しており、骨折後その後7,8年は足首の動かなさ、痛みに悩まされていました(若干、手術が適当だったと思っている…)。

ヨガのように呼吸を上手く使ってストレッチを行うと、とても効果的に安全に体を柔らかくすることができます。

足首といえど自律神経の緊張が取れるようにケアしていけば必ず柔らかくなります。

ということで、足首を柔らかくできる腹式呼吸を使ったストレッチを簡単なものを2つ、少し本格的なものを1つご紹介しますので、足首を柔らかくしたい方は是非、実践してみてください。

の最新記事


前回はオーガニックコスメの認証制度にまつわる今の日本の現状について見ていきましたね。本物のオーガニックコスメを見極めるにはどうすればいいのか、ということがテーマでした。

・・・でもちょっと考えてみてください。そもそも「オーガニック&ナチュラルコスメが肌にいい」というのは本当なのでしょうか?


「肌に安心&身体に安全」というイメージばかりが先 RACING GEARbr/RGHCBP62 [HIDキット プレミアムモデル H3 6300K]
ブランド:NOLLEY'S MA705002 /b 通販 b バックサテンVネックジャケット NOLLEY'S br 実は意外な事実もあるのです。


肌が敏感になりがちな人ほどオーガニック&ナチュラルコスメに惹かれる傾向がありますが、それは必ずしも正しい選択とは限りません。きちんと選んでものすごく良質なオーガニックコスメを買ったとしても、それでも肌トラブルが起こってしまう可能性は低くないのです。


なぜかというと…植物成分には、もともと肌や身体に刺激になる性質を持っているものがあるから。

小さいころ、葉っぱや花に触って肌がかぶれたことはありませんか? 自然本来の成分は必ずしも「肌に安心&身体に安全」とは限らないのです。
普通のメーカーなら、刺激になる可能性のある成分には何らかの処理を行います。人工的に別の成分でコーティングしたり、ある薬剤で中和したり…。また、時間とともに激しく劣化してしまう成分には防腐処理なども施されます。

◆敏感肌向けブランドのほうがいい人も・・・


ところが、本物のオーガニック&ナチュラルコスメの場合は、化学的な処理はほとんど加えられません。純粋な成分がむき出しのまま肌に触れるわけですから、肌が極端に敏感な人やアトピー肌の人には、刺激になることがあります。



そういったブランドのものはオーガニックコスメとは正反対にかなりケミカルな処理を加えられているのは間違いないですが、そのかわり「肌に刺激を与えない」ことは徹底的に研究して作られています。

◆オーガニックでナ ブランド:INDIVIbrb(洗える[S]美シルエットジャケット/b
て過信しない

オーガニック&ナチュラルコスメを使っている人のなかには、「オーガニック&ナチュラルコスメを使っていれば肌トラブルが起こらない」と思っている人が少なくありません。


肌に合うOR合わないは使い続けなければわからない、という点では、普通のコスメもオーガニック&ナチュラルコスメも変わらないのです。

稼げる通訳者育成のカセツウです。

通訳に出て、フィードバックをもらったら、どうしてますか?

通訳現場に出れば出るほど、フィードバックをもらう確率が増えてきます。
その内容に納得がいく、その通りだ、自分が直さないと、と思えるフィードバックなら良いのですが、、、

中には、そんなん関係ある!? って視点からのフィードバックやクレームだったり、
そんなの完全に好みの問題では、、、なんてものも含まれてきます。
もしかしたら 『言いがかり』 レベルのものもあります。

どんなに理不尽だなと感じても、相手はクライアント。
グッとこらえて、相手の言う通りに自分を修正していくしかないのでしょうか?

先日酒井は、あるクライアントから 『メルマガが読みにくい』 と言われました(^_^;)

どうしたかというと、、、
次のメルマガから、少し変えてみました。その結果、、、

『メルマガ、読みやすくなりましたよ~!!』 と、言っていただけました(^_^)

つまり、フィードバックをいただいて、すぐに変えたわけです。

じゃあ、また別の方から、
『酒井さんのメルマガ、読みにくいです!!』 と言われたら、
どうするか? また変えると思いますか?

その答えは、、、『相手次第』 です。

『相手次第なんて、あたりまえじゃん』 と思いましたか?
でも、注意していただきたいのは、『内容次第』 じゃないってところです。