ブランド:NO IDbrbmj4433/b 839006150C mj4433 通販
mj4433-

ブランド:NO ID. mj4433-

今回は、足首を柔らかくする方法のご紹介です。足首が固いと、その上の膝関節や股関節、腰にまで負担がかかり痛めてしまう原因にもなります。スポーツ、運動選手、ダンスや舞踏、武道などでも足首を柔らかくすることは、コンディションアップ、怪我の予防にもとても大事です。

足首の柔らかさとは関節だけの問題ではありません。特に足首を動かすアキレス腱と、すねの筋肉(脛骨筋、腓骨筋)の柔軟性が特に大事なので、この部分を柔らかくできる効果的なストレッチを、ご紹介したいと思います。

ど~も恵比寿整体院の内山です。今回は足首ということで、私の実体験からお話しできるコトがあります。

実は私も足首の固さに悩まされていました。20歳の時、アメリカで右足首骨折&脱臼…、腓骨が脱臼で脛骨が完全骨折。ショック状態で病院へ、脱臼を戻す時気絶(笑)、気が付いたら手術が終わっていた…。

そんな甘い青春の思い出があるのですが、当時はスノーボードの選手として活動しており、骨折後その後7,8年は足首の動かなさ、痛みに悩まされていました(若干、手術が適当だったと思っている…)。

ヨガのように呼吸を上手く使ってストレッチを行うと、とても効果的に安全に体を柔らかくすることができます。

足首といえど自律神経の緊張が取れるようにケアしていけば必ず柔らかくなります。

ということで、足首を柔らかくできる腹式呼吸を使ったストレッチを簡単なものを2つ、少し本格的なものを1つご紹介しますので、足首を柔らかくしたい方は是非、実践してみてください。

の最新記事



」だとちょっと物足りない、というか「もう少し高さが欲しい」場合もあると思います。

それではまずは「Befree ブランド:DemiLuxe BEAMSbrbDemiLuxe BEAMS / シルクウール テーラードジャケット/b
ましょう。

そして格納した時の長さが「40cm」ですから、バッグに入れて持ち歩くこともできます。

この状態を見ると十分コンパクトだと思いませんか?

そして、前回紹介した「190プロアルミニウム三脚」と比べてみます。

僕も登山の時はほぼBefreeを連れて行っていますよ^^

なので、身長178cmの僕だと、たすき掛けするのはちょっとキツいです。

でも少しガマンすれば忍者のように三脚をピッタリと背中に背負うことも可能です。

肩からかける分には申し分ない長さですけどね。

まず、ケースのベルトはそれほど長くはないということを覚えておいて下さい。

それではこの収納状態から実際使う状態に変形させてみます。

次に脚の最上部にある「シルバーのレバー」を回します。

このレバーは収納状態から2段階動きますが、収納時は一番左側になっています。


(脚に絵が書いてありますね、今気づきました 笑)

それでは今度は脚を伸ばしてみたいと思います。

はい、これが「Befree」の最大高さ「144 cm」の状態です。

しかもセンターポールを伸ばしていない状態で、彼女(Befree)と同じ高さなんですね。

それでもこうして2人が並んだのですから、伸ばしてみましょうか?

彼氏はこの状態で、「173cm」あるのですね。

Befreeが「144cm」ですから約30cmも高いことになります。

先ほど足の角度が2段階変わると書きましたが、上の写真のように最大に伸ばした状態か ARAI アライbr/CLASSICMOD ラバーブラック 5758cm [ヘルメット ジェット]
て使うことはあまりないと思います。

実際には「タイヤ」のような不安定な場所には使いませんが、このような形にして「窓台」などに良く使います。

それでは今度は「最低高さ」にしてみましょうか。

地面からセンターポールが浮いているのがわかりますよね。

どれくらい低いのか、子供の「PIXI」と比べてみました。


おなかが張っているような感じがする症状のことを、腹部膨満感と言います。
腹部膨満感があるとき、空腹感を感じづらく、お腹が重たく感じます。
張りすぎて苦しく感じるほどのこともありますよね。
げっぷやおならでガスを出すと楽になることが多いようです。

腹部膨満感は、食べ過ぎ・飲みすぎの際にはよく起こる症状です。
また、便秘になっているときにも起こりやすい症状です。
食べ過ぎ・飲みすぎなどでは、腹部膨満感は一時的なもので、胃腸の状態が正常なものに戻れば、腹部膨満感もおさまります。

問題は、慢性的に腹部膨満感を感じる場合です。
腹部膨満感を感じる以外にも、ガスがたまってしまったり、慢性的な便秘を併発している場合も多くあります。
こういった場合には、自律神経失調症であることが考えられます。

そして、その中でも過敏性腸症候群という病気かもしれません。
自律神経失調症の仲間である過敏性腸症候群では、腹部膨満感やガス溜まりなどの他に、慢性下痢、慢性便秘、下痢と便秘を繰り返すような症状があります。

自律神経失調症の1つであるため、お腹に関する異常以外にも、頭痛、全身倦怠感などの自律神経失調症の症状も併発することが多くあります。

【腹部膨満感を感じたら】

原因不明の腹部膨満感を感じて、それが一時的なものではない場合、自律神経失調症・過敏性腸症候群が疑われます。
ただし、自己診断はせずに必ず一度は病院で検査を受けるようにしましょうね。
もしかすると、他の胃腸の病気である可能性がありますからね。

自律神経失調症であるかどうかを判断する際、何か器質的な異常がないかを調べることはとても重要なのです。
検査の結果、そういったなんらかの病気が見つからなかった場合は、自律神経失調症・過敏性腸症候群である可能性が考えられます。

その場合、特に重篤な病気というわけではありませんが、不快な腹部膨満感への対処が必要となります。

新着記事