ブランド:SUNNY SPORTSbrbSUNNY SPORTS/サニースポーツLEVEL5 WIND LAYER HOODY/b CELSTORE
SUNNY SPORTS/サニースポーツ LEVEL5 WIND LAYER HOODY

ブランド:SUNNY SPORTS SUNNY SPORTS/サニースポーツ LEVEL5 WIND LAYER HOODY

今回は、足首を柔らかくする方法のご紹介です。足首が固いと、その上の膝関節や股関節、腰にまで負担がかかり痛めてしまう原因にもなります。スポーツ、運動選手、ダンスや舞踏、武道などでも足首を柔らかくすることは、コンディションアップ、怪我の予防にもとても大事です。

足首の柔らかさとは関節だけの問題ではありません。特に足首を動かすアキレス腱と、すねの筋肉(脛骨筋、腓骨筋)の柔軟性が特に大事なので、この部分を柔らかくできる効果的なストレッチを、ご紹介したいと思います。

ど~も恵比寿整体院の内山です。今回は足首ということで、私の実体験からお話しできるコトがあります。

実は私も足首の固さに悩まされていました。20歳の時、アメリカで右足首骨折&脱臼…、腓骨が脱臼で脛骨が完全骨折。ショック状態で病院へ、脱臼を戻す時気絶(笑)、気が付いたら手術が終わっていた…。

そんな甘い青春の思い出があるのですが、当時はスノーボードの選手として活動しており、骨折後その後7,8年は足首の動かなさ、痛みに悩まされていました(若干、手術が適当だったと思っている…)。

ヨガのように呼吸を上手く使ってストレッチを行うと、とても効果的に安全に体を柔らかくすることができます。

足首といえど自律神経の緊張が取れるようにケアしていけば必ず柔らかくなります。

ということで、足首を柔らかくできる腹式呼吸を使ったストレッチを簡単なものを2つ、少し本格的なものを1つご紹介しますので、足首を柔らかくしたい方は是非、実践してみてください。

の最新記事



皆さま、こんにちは。六本木・けやき坂からコラムをお届けしています、愛と情熱のデルマトロジスト、小柳衣吏子(アオハルクリニック院長)です。


今日は、気になる美容テーマの専門家をお招きする対談企画の第2弾! 読者の皆さんが「知りたいキーワード」としてリクエストの多かった「コラーゲン」についてじっくり話を聞かせていただきたく、薬学博士の岡野由利さんをお招きしました。
小柳 コラーゲンは女性の美しさの味方となる成分の代表格として広く知られています。その一方で、情報が多すぎるゆえに「塗ってほんとに効果があるの?」「飲んでも肌には届かないって聞くけど?」などと迷っている女性も多いと思います私自身も常に新しい情報を知りたいので、今日は岡野さんにお話を伺えてとても嬉しいです!
まず、そもそもコラーゲンとはどういうものとらえたらいいのでしょう?
岡野(以下、敬称略) コラーゲンは肌だけでなく、骨や内臓、筋肉など全身のあらゆる ブランド:EDIFICEbrb◇Belest/ サッカージャケット /b
SUNNY SPORTS/サニースポーツ b CELSTORE LEVEL5 br HOODY SUNNY SPORTS WIND LAYER ブランド:SUNNY SPORTS /b 通販 んです。どういう働きをしているかというと、形をつくる骨格のような働き。家に例えるなら、建物全体を支えている柱のようなものですね。
柱がないと、家はペシャッとつぶれてしまいますよね。肌も骨も内臓も、コラーゲンがなければ形を成さないんです。とっても重要な役割を担っているわけです。

小柳 コラーゲンには30種類以上あるそうですね。


小柳 健康な肌の真皮では、弾力とハリのある若々しい印象をつくってくれるのがコラーゲン。その大事なコラーゲンが、年齢によって減ってしまうのはとても悲しいですね。加齢でコラーゲンが減るメカニズムについては、どんなことがわかっていますか?


岡野 コラーゲンが減る理由としては2つあります。1つは、新しいコラーゲンを作れなくなること。もう1つは、せっかく作ったコラーゲンが分解されてしまうこと。実は、コラーゲンを「作る」「壊す」という相反する2つの働きを「線維芽細胞」という細胞が行っているというのが面白いところです。

小柳 そうですね。でもその破壊は組織上必要だから行っているわけですね。


小柳 真皮にあるコラーゲンの場合はどれくらいのサイクルで新陳代謝されるものですか? 表皮自体は1カ月でターンオーバーして細胞が入れ替わると言われていますが。

「冷たいパン」ではなく 「焼きたて」でつながる心

「バゲットが待っている」の大きなメリットは、パン屋の協力さえ得られれば運営費を必要としないことだ。また、現金ではなく、品物を提供するため、前述のような横領問題などの不信感を抱くことなく、気持ち良く寄付することができる。バゲットはフランスでは決して高価なものではないので、気軽に支払うことができるのもポイントだ。  

フランスでは、赤十字などの非営利団体が売れ残りのパンを回収し、お腹を空かせている人へ配布する活動も行われているが、プリムさんはこの活動と、「バゲットが待っている」の違いの大切さを強調する。  

食料を売る身で、 空腹の人を放っておけない

ブーローニュにあるパン屋Didoosは「バゲットが待っている」活動に参加しているパン屋の一つだ。賛同する理由について、オーナーのディディエ・ロペスさんは次のように語る。  

「ある日、当店の前のゴミ箱の中をあさっている年老いた女性を見掛けました。そこで『もしよかったら、パンはいかがですか?』と声を掛けたのですが、『そんな!いいんです』と恐縮されてしまいました。この活動を始める前にも、食料を必要としている多くの人から、パンが欲しいと食料提供を求められることがありました。そのため、パンを無料でもらいに行けるようなシステムを作ろうと考えたのです。2013年9月のことでした」  

そしてインターネットで情報を収集する中で、既にロペスさんが考えていたものと同様のコンセプトが存在することを知り、「バゲットが待っている」に参加。本格的に活動を始めるようになった。ここの店では60サンチームを払うと、バゲット、もしくは温かいコーヒーを1杯分、必要な人に提供することができる。レジの上には小さな黒板がぶら下がっており、そこにはその日に提供できる数だけ、磁石が貼ってある。磁石の形は、心を表すハート型。