ブランド:ANAYIbrbJK/b ANAYI 10171110060 通販 JK アナイ
JK

ブランド:ANAYI JK

サービス利用記第二弾は、なんとトヨタの水素カー「 ブランド:TORNADO MARTbrbTORNADO MART∴ニットスエードビッグフードパーカー/b
10171110060 br /b b ブランド:ANAYI JK JK アナイ」。アメリカで開催されている「Poptech」というイベントに参加したのですが、そこのスポンサーの1社がトヨタで、参加者向けにミライを披露かつ試乗させてくれるというPRををやっていました。これは乗るしか無いということで乗ってみました。

折しも2015年10月21日はバック・トゥ・ザ・フューチャーの日ということで、トヨタもそれに合わせた ブランド:BACCAbrbコットン プルオーバーワイドシャツ/b
を配信していました。

ミライはまさにこれに出てくるクルマです。

じゃん!

後部、ナンバープレートの左下にMIRAIとあります。見た目は普通の車と特に変わらない。

ボンネットを開けるとこんな感じ。フロントガラスよりの真ん中にある銀色のハコが水素エンジンです。同行した車に詳しいメンバーにによると、構造は通常の車とあまり変わらないが、ガソリン車に比べて熱が出ないので熱処理系の機構がないとのこと。

カーナビの画面がこんな感じ。ちょっと見にくいですが、左側のバーに「APPS」というタブがあって、音楽、電話、地図、など色々なアプリを起動できるようになっています。ここのエリアはサードパーティにも開放する・・・と同行してくれたトヨタの人が言ってました。ちなみにOSなどはトヨタオリジナルだとのこと。ただ明らかにそういう方面に詳しい感じの人ではなかったので違うかも^^;

Sprocket的には気になる部分ではあります。Sprocketからの配信先チャネルの1つにこのパネルが加わる、ということも十分あり得ます。

てことで運転出発!Poptech会場周辺を1周する感じで、およそ5分位の運転です。

 あわせて読みたい



光源、ボクセルのシェイプやマテリアルを指定して

UIが独特で、特にメニュー周りに若干とっつきにくさがあるけど、ウィンドウ下部に英語でヒントが出るのでまあなんとかなる。 ざっと ブランド:BLUE WORKbrbドラムダイラム シングルライダースジャケット [STREET]/b
通販 ブランド:ANAYI br /b 10171110060 b JK JK 歩的な操作くらいはできた。

に際して、マテリアル(材質)としてガラス(Glass/透過+反射)とか金属(Metal/反射)を設定することが ブランド:FR2brb”Smoking kills” ナイロンロングコート/b
パラメータ指定が難しい。 金属はわりかし狙った質感が作れたけど、ガラスは透過後の色合いが想像しづらくて、綺麗な色合いに透過させるのが難しい。 あと、ガラスの影には色が付かないみたい。

そもそもなんでMagicaVoxelで遊びはじめたかって話を。 先日ホームセンターに行ったら、夏休み向けコーナーに小さな木材のキューブブロックが袋詰で売られてるのを見つけて、


ブランド:martiniquebrbHERS 20176月号掲載martinique/レースロングガウン/b
ってた。 最近アニメのNEW GAMEで3Dキャラのをするシーンが出てくるし、やりたくなってきたのにはその影響も少なからずある気がする。 今回丁度いいタイミングで手軽に扱える良いツールが見つかった。

ボクセルってbox(箱)+pixelでboxelなのかとこれまで思ってたけど、volume(体積)+pixelでvoxelなんだね。 間違って覚えてた。 ヴォクセルっていう表記を見かけたことがなかったのも間違いに気づくまでに時間が掛かった理由になる。

プライマリ・ケアの領域では、「超」がつくほど有名な先生がた7名が登場します。
岡田唯男先生、藤沼康樹先生、西村真紀先生、臺野巧先生、丸山泉先生、草場鉄周先生、そして、我らが前野哲博先生です。

この本は、家庭医療の第一線で活躍している5人の医師へのインタビューを通じて、家庭医とはどんな医師か、家庭医療とは何か、をそれぞれの地域でそれぞれの実践をしている様子をつづっています。

特に印象だったのは、立場や仕事内容は違えど、「こういう医者になりたい」とイメージをものすごく強く持ち続けて、当時はまだその道がなかった所を、切り開いて行かれていたことが、この5人に共通しているところでした。

僕の前に道はない。僕の後ろに道は出来る。

高村光太郎の「道程」です。
まさにこの感じ・・これを体現してきた人たちの意志の強さ!
また、前野先生の登場する「大学で家庭医を育てる」という章には、
スキルミックスの話や、ノンテクニカルスキルの話、そして大学が教育資源を地域に提供する話が総括されていました。
・・うんうん、いつもこういう話、してくれてるよな。。と思いながら読み進めていくと
とても意外だった事が。

いつかフラリと田舎へ移って診療所を開くかも」という言葉がインタビューの中で何度も出てきた、という一文。

医学教育で大きなうねりを作ってきている前野先生のイメージとのギャップを感じましたが、先生の原点はここなのだ・・・と。

ぜひご一読いただければ幸いです。