ブランド:McGREGORbrbインディゴコットンデニムコート/b McGREGOR 314127101
インディゴコットンデニムコート

ブランド:McGREGOR インディゴコットンデニムコート

今回は、足首を柔らかくする方法のご紹介です。足首が固いと、その上の膝関節や股関節、腰にまで負担がかかり痛めてしまう原因にもなります。スポーツ、運動選手、ダンスや舞踏、武道などでも足首を柔らかくすることは、コンディションアップ、怪我の予防にもとても大事です。

足首の柔らかさとは関節だけの問題ではありません。特に足首を動かすアキレス腱と、すねの筋肉(脛骨筋、腓骨筋)の柔軟性が特に大事なので、この部分を柔らかくできる効果的なストレッチを、ご紹介したいと思います。

ど~も恵比寿整体院の内山です。今回は足首ということで、私の実体験からお話しできるコトがあります。

実は私も足首の固さに悩まされていました。20歳の時、アメリカで右足首骨折&脱臼…、腓骨が脱臼で脛骨が完全骨折。ショック状態で病院へ、脱臼を戻す時気絶(笑)、気が付いたら手術が終わっていた…。

そんな甘い青春の思い出があるのですが、当時はスノーボードの選手として活動しており、骨折後その後7,8年は足首の動かなさ、痛みに悩まされていました(若干、手術が適当だったと思っている…)。

ヨガのように呼吸を上手く使ってストレッチを行うと、とても効果的に安全に体を柔らかくすることができます。

足首といえど自律神経の緊張が取れるようにケアしていけば必ず柔らかくなります。

ということで、足首を柔らかくできる腹式呼吸を使ったストレッチを簡単なものを2つ、少し本格的なものを1つご紹介しますので、足首を柔らかくしたい方は是非、実践してみてください。

の最新記事



このブログを始めて一年経ちました。読んでくださってる皆さん、コメントいただいた皆さん、ありがとうございます~。


セッティングというのは、(大げさに言うとw)、各サーキットの特徴と自分の運転スタイルに車の特性を合わせていくことだと思います。

グリップに関してはタイヤも大きな要素ですね。空気圧を低くするとグリップは良くなるが、最高速度は低くなり、耐久性も悪くなります。この辺も高速サーキットなのか、低速サーキットなのかで変える必要がありますね。もちろんソフトタイヤを使うとグリップはいいですが、耐久性は落ちます。


オーバー、アンダーの調整ですが、高、中速コーナーでオーバーにするには
アンダーにするには上記の逆にすればOKです。

耐久性に関しては、エンジンラジエータサイズ、ブレーキダクト、タイヤコンパウンド、空気圧の項目がありますが、レースが終わった時にちょうど使い切るのが最適なんでしょうが、データロガーを使わないとわかりにくかったり、走りこまないとわからない面もあるので、そこまで追及しない場合は、多少余裕を持った値にしておくのがいいのかと思います。
ただ、ラジエータサイズ、ブレーキダクトに関しては、適切な温度があるので、大きければいいというものでもないです。
あとは、ファインチューニング(だと自分では思ってますが^^;)としてアンチロールバー、キャスター、キャンバー、トーイン(アウト)、前後重量配分がありますけど、これらはあまり自分はいじってないです。リアのトーインだけは、結構大きめにつけることもあります。これは、コーナリングでスピンしにくくなるんですけど、あまり大きくすると最高速度が落ちるので、ほどほどにしたほうがよさそうです。
わかったような事を書いてますが、他の方から頂いたセットを使うといきなり何秒も速くなったり、凄く乗りやすくなったりするので、やっぱ ブランド:TRIWAbrbTRIWA / トリワ Watch KLST109CL010212/b
br 314127101 McGREGOR 通販 ブランド:McGREGOR インディゴコットンデニムコート b /b 足らんなと思ってますw。
このころは、アンチロールバーはファインチューニングと書いてますが、今はアンダー、オーバーの調整にはかなり重要かと思ってます。あと、デフロックの設定も。
空気圧はrFactorでは結構効いてる気がしたんですが、F1だけだったのかな。F1以外や、iRacingではあまり変えても耐久性や挙動には変化が無い気がしてます。

ブランド:A VONTADEbrbA VONTADEア ボンタージ/ Double Overdyed Shirts/b
br /b ブランド:McGREGOR 通販 b 314127101 インディゴコットンデニムコート (東京大学本郷キャンパス)
※安田講堂内は、飲食・喫煙が禁止されております。

※定員1000名・ 参加費無料

お申し込み方法

★事前お申し込みは終了いたしました。(2/17 14:30時点)
まだ座席に余裕がございますので、直接会場へお越しください。

《お申し込みページ》よりお願いいたします。
(※上記をクリックすると、お申し込みフォームのページに移動します)

※お電話・メールでのお申し込みは受け付けておりません。
お申し込みフォームをご利用ください。

※シンポジウム会場での写真・動画撮影・録音はお断りしております。

※シンポジウムの当日配布資料は参加者にのみお渡しいたします。
郵送等は承っておりませんので、予めご了承願います。
シンポジウムの報告をウェブサイトに後日掲載予定です。ぜひご覧ください。

【参加キャンセルについて】
※お申し込みキャンセルの場合は、お手数ですが、
《キャンセルフォーム》よりご連絡をお願いいたします。

メディアの方へ

取材をご希望の場合は、事前に必ず、《取材お申し込みフォーム》より
ご連絡をお願いいたします。(開催1週間前まで受付)