ブランド:VANQUISHbrbシープレザーフーデットダウンジャケット/b VANQUISH 通販
シープレザーフーデットダウンジャケット

ブランド:VANQUISH シープレザーフーデットダウンジャケット

サービス利用記第二弾は、なんとトヨタの水素カー「 ブランド:DRESSTERIORbrb定番形状記憶M65ブルゾン/b
b /b シープレザーフーデットダウンジャケット 通販 VANQUISH br ブランド:VANQUISH」。アメリカで開催されている「Poptech」というイベントに参加したのですが、そこのスポンサーの1社がトヨタで、参加者向けにミライを披露かつ試乗させてくれるというPRををやっていました。これは乗るしか無いということで乗ってみました。

折しも2015年10月21日はバック・トゥ・ザ・フューチャーの日ということで、トヨタもそれに合わせた ブランド:MARC JACOBSbrbZIP PACK/ジップ パック パッチ スエード バックパック リュック /b
ブランド:VANQUISH /b シープレザーフーデットダウンジャケット 通販 b VANQUISH brを配信していました。

ミライはまさにこれに出てくるクルマです。

じゃん!

後部、ナンバープレートの左下にMIRAIとあります。見た目は普通の車と特に変わらない。

ボンネットを開けるとこんな感じ。フロントガラスよりの真ん中にある銀色のハコが水素エンジンです。同行した車に詳しいメンバーにによると、構造は通常の車とあまり変わらないが、ガソリン車に比べて熱が出ないので熱処理系の機構がないとのこと。

カーナビの画面がこんな感じ。ちょっと見にくいですが、左側のバーに「APPS」というタブがあって、音楽、電話、地図、など色々なアプリを起動できるようになっています。ここのエリアはサードパーティにも開放する・・・と同行してくれたトヨタの人が言ってました。ちなみにOSなどはトヨタオリジナルだとのこと。ただ明らかにそういう方面に詳しい感じの人ではなかったので違うかも^^;

Sprocket的には気になる部分ではあります。Sprocketからの配信先チャネルの1つにこのパネルが加わる、ということも十分あり得ます。

てことで運転出発!Poptech会場周辺を1周する感じで、およそ5分位の運転です。

 あわせて読みたい


2歳から4歳児を対象としたEテレの教育番組といえば『〇〇〇〇〇といっしょ』?→おかあさん
1928年の第1回アカデミー賞で主演男優賞を受賞した俳優はエミール・○○○○○?→ヤニングス
→1955年に稲垣浩がアカデミー名誉賞を受賞した時の対象作品は『○○○○』?→みやもとむさし(宮本武蔵)

1963年の映画『クレオパトラ』でクレオパトラを演じた女優はエリザベス・〇〇〇〇?→テイラー


[興和株式会社:愛知県名古屋市中区。繊維、医薬品などのヘルスケア商品、光学関連の商品を製造・販売している]
→その続編として製作された映画『2010年』の監督はピーター・○○○○○?→ハイアムズ
1969年から1994年まで文化放送で深夜に放送されていたラジオ番組は『セイ!〇〇〇』?→ヤング

→それをリメイクした2003年の映画『ソラリス』の監督はステ ブランド:TMT ClassicbrbTRICOLORE PULLOVER KNIT/b
シープレザーフーデットダウンジャケット 通販 b ブランド:VANQUISH br VANQUISH /b ○○○○○○?→ソダーバーグ

1975年にリリースされたザ・リリーズのヒット曲は『好きよ〇〇〇〇〇』?→キャプテン


→作詞・作曲を手がけたのは○○○?→おぐらけい(小椋佳)


1977年にダイアン・キートンが主演した映画は『ミスター・〇〇〇〇〇を探して』?→グッドバー
→1986年にリリースされた荻野目洋子のヒット曲は『六本木〇〇〇』?→じゅんじょうは(純情派)
[アン・ルイス:兵庫県宝塚市出身の歌手]
→父親を演じたのは○○○?→ ブランド:NAUTICAbrbNSR100FLAG/b
(林隆三)

1986年にヒットした聖飢魔llの曲の題名は『〇〇〇の館』?→ろうにんぎょう(蝋人形)

1988年にリリースされた南野陽子のヒット曲は『〇〇でネット』?→といき(吐息)


1989年にビリー・クリスタルとメグ・ライアンが主演した恋愛映画は『恋人たちの○○』?→よかん(予感)


1989年に森高千里がカバーした南沙織のヒット曲は『〇〇才』?→17
1994年に大ヒットした篠原涼子の曲は『恋(いと)しさとせつなさと ブランド:組曲brb2017春新作c/pe タイプライター/b
→こころづよさと(心強さと)

1994年にリリースされたDEENのヒット曲は『〇 ブランド:New BalancebrbNew Balance(ニューバランスM990 USA/b
ブランド:VANQUISH 通販 /b シープレザーフーデットダウンジャケット VANQUISH b br →ひとみ(瞳)

→翌年放映された『続・星の金貨』の主題歌に採用されヒットした酒井法子の曲は『○のドレス』?→かがみ(鏡)

1996年にヒットしたサザンオールスターズの曲は『〇〇は罪な奴』?→たいよう(太陽)


1997年に、『夫婦みち』をヒットさせた、河合美智子が扮(ふん)する演歌歌手は〇〇〇〇輝子(てるこ)?→オーロラ


1999年に『GOLDFINGER'99』を大ヒットさせた歌手は○○○○?→ごうひろみ(郷ひろみ)

ナ:じゃあ逆に、「夢と現実の狭間」の「現実」とか、その後の歌詞にある「期待で胸がつぶれそうになるんだ」って具体的にはなんだったの?

けーご:う~ん、まあ、先輩とかにも、「お前頑張れよ」「次何出すんだ」とか言われたり。正直「13才のリアル」の時の音楽よりも、今やっている音楽の方が好きで、あの時と同じような曲は書きたくない、と思ってて。そういう過去の自分のイメージで”期待”をされて応えたら、やりたい音楽が出来ないのかなって迷うことがあったり、逆にやりたい音楽をやると期待をしてくれてる人を裏切ることになるのかな、とか思ったり・・・。「13才のリアル」はやっぱりその時しか書けなくて、今はやりたい音楽があって、そのギャップが正直、きつかったりしましたね。

僕に対してアンチな人たち、ヘイターの人たちに何か言われても、正直慣れてて、動画共有サイトのコメント欄に何か書きこまれてもそういう感性の人なんだな、と思うくらいなんだけど。そういう声よりも、「頑張ってくれ」という声の方がいろんな意味で強いというか。自分を好きでいてくれたり、知っていてくれている人だから言える言葉なので、そこは結構考えさせられますね。

ナ:そもそもラップバトルに13歳で出るって、結構な勇気だと思うんですけど、実際、年齢のことですごいディスられてるシーンも見たりしましたが、なんで出る気になったんですか?勝てると思ったから?

けーご:いや~今まで勝てる、って思ったバトルは一回もなくて、1度も優勝するって思って出たこともないんですけど、ただ、何か残せるかな、って想いで出てて、最近のバトルって、動画でUPされるので、1回戦でもいい試合残せば動画に上がるわけだし、それでもし負けたとしても、見た人の何人かに何かを残せればいいなと思ってやってましたね。

バトルの勝敗って、オーディエンスの歓声の大きさで決まるんですけど、正直その日の客層によるところもあって、勝ち負けにはあんまりこだわっていなかったですね。友達多く連れて来れば歓声が大きくなるので・・・。

僕の歳でやってると、やっぱりラップのスキルはまだ全然なくて、ただ言葉だけで勝負してて、自分自身そんなスキルがあると思ってないし、まだまだだと思ってるんですけど。同年代が勝手にライバル視してくる、というのも少なくはないので、その日の客がどこに喰いつくかでバトル自体の勝敗は決まっちゃうんですよね。

  

一試合だけじゃなく、動画で全部見てもらうと、その人のライフスタイルを通してそのバトルに臨んでるというのが分かってもらえると思うし、それがヒップホップだと思っているので・・・。

ナ:最初からそのつもりで出てたんだ。