ブランド:BLACK LABEL CRESTBRIDGEbrbテクニカルジャージパーカー/b ブルゾン 51F01400 通販
テクニカルジャージ パーカー

ブランド:BLACK LABEL CRESTBRIDGE テクニカルジャージ パーカー

サービス利用記第二弾は、なんとトヨタの水素カー「 ブランド:ESTNATIONbrbESTNATION ツイードジャケット/b
」。アメリカで開催されている「Poptech」というイベントに参加したのですが、そこのスポンサーの1社がトヨタで、参加者向けにミライを披露かつ試乗させてくれるというPRををやっていました。これは乗るしか無いということで乗ってみました。

折しも2015年10月21日はバック・トゥ・ザ・フューチャーの日ということで、トヨタもそれに合わせた ブランド:WhoWhatbrbwhowhat/フーワット/5ボタンジャケット/b
を配信していました。

ミライはまさにこれに出てくるクルマです。

じゃん!

後部、ナンバープレートの左下にMIRAIとあります。見た目は普通の車と特に変わらない。

ボンネットを開けるとこんな感じ。フロントガラスよりの真ん中にある銀色のハコが水素エンジンです。同行した車に詳しいメンバーにによると、構造は通常の車とあまり変わらないが、ガソリン車に比べて熱が出ないので熱処理系の機構がないとのこと。

カーナビの画面がこんな感じ。ちょっと見にくいですが、左側のバーに「APPS」というタブがあって、音楽、電話、地図、など色々なアプリを起動できるようになっています。ここのエリアはサードパーティにも開放する・・・と同行してくれたトヨタの人が言ってました。ちなみにOSなどはトヨタオリジナルだとのこと。ただ明らかにそういう方面に詳しい感じの人ではなかったので違うかも^^;

Sprocket的には気になる部分ではあります。Sprocketからの配信先チャネルの1つにこのパネルが加わる、ということも十分あり得ます。

てことで運転出発!Poptech会場周辺を1周する感じで、およそ5分位の運転です。

 あわせて読みたい



中国最後ということで、今日はいつもの日記と中国にいて知ったことをまとめて行きまーす(っ^ω^)っ


世界遺産の棚田を満喫した我々は、次の目的地を目指します。


ここ河口でまったり2日程作戦会議をしてからの入国にします!
痩せてズボンがゆるゆるになったので、S字フックをベルト替わりにと代用するという

場所は一番大きい通りにあります。(ディコスとかICBCのある)

基本、おじさんおばさんの声がでかいんだけど、特にでかいのは電話!
カーブで大型トラックが来てもスイスイ交わしていきます。そこ行の?って狭い道も難なく行けちゃいます。
街中で曲がかかってたり、元陽であった兄ちゃんも日本の歌手で一番に挙げていた程。

中国は国としては問題があると思いますが、



ブランド:DSQUARED2brbWESTERN SHIRT/b
ブランド:BLACK b パーカー br CRESTBRIDGE ブルゾン LABEL 通販 /b テクニカルジャージ バス(8番 1人2元)に乗り大理駅へ

「昆明雅居国際ユースホステル」に1泊(ドミ 1人30元)


元陽→多依樹村(ドゥーイーシュー 棚田)はさらに1時間30分程かかりました

そしてその雄大な風景が世界遺産として認められ


本日もスマホをPC画面にして頂き、みゅんと紅の画像を1クリックお願いします。


と、いうわけで本日のブログ担当はBで御座います。


古城の真ん中には、立派な五華楼があります。
古城の中には回族寺(モスク)もあります。
しかも中国だけで1100以上もあるそうです。多くないか?
ケーキ20元(400円)。パスタ38元(760円)。サントリー白州75元(1500円)
中国⇒ベトナム⇒カンボジア⇒タイって感じで周ろうかなと。


朝10 ブランド:Folli FolliebrbCYCLOS ウォッチ/b
1人 100元)に乗り

【過橋米線】(グォチャオミ-シェン) 20元


一同「さすが!中国!こうじゃないとね☆」
最後にみんなでパシャリ←眺めヤバス(・∀・)
夜に映し出される「万古楼」もキレイだ(・∀・)
こうして麗江(リージャン)を満喫したのでした

1.2009年の昇給は賃下げが相次いだ

  2008年9月のリーマンショック以降、多くの企業では、業績の回復が見られないまま昇給の季節を迎えることとなった。その結果、トヨタ自動車では管理職の賞与を前年度対比で6割減とし、また、パナソニックでは管理職の年俸を平均で13%カットすることとなった。
  企業におけるこれまでの正社員に対する雇用調整の一般的な対応は、
  ・月例給与・・・ベアゼロ、昇給原資の縮減
  ・ボーナス・・・支給月数の減少
であり、また一歩進んだ対応としては、
  ・採用抑制
  ・残業代の抑制
  ・配置転換、休業
  ・希望退職
であった。これらは要するに、給与水準の調整か人員の調整のいずれかである。しかし今回の場合、多くの企業では、正社員の給与体系が業績連動型へ移行が進んでいたため、これが年収抑制効果を発揮することとなり、雇用調整型の短期的対応をとることもなかったようである。つまり、一定のルールの下に実質的な賃下げが実施されたのが実情である。

2.「定昇凍結」と「無給の休日」

賃下げ手法が限定的になっている

  一方で、こうした雇用調整手段はとりにくくなりつつある。例えば、「残業代の抑制」では残業時間はいうまでもなく、労働時間そのものの短縮が進んでいるため、調整幅が小さくなっている。また、「採用抑制」に関しては、10年ほど前の就職氷河期の教訓から、細々とでも新卒採用を継続的に続ける企業が多くなっている。「配置転換」にしても、コース別制度や専門職化が進んで、かえって柔軟な対応が取りづらくなってしまっている。
  このように賃下げ手法(雇用調整手段)が限定的になる中、一部の企業では新しい手法が行われた。それが「定昇凍結」と「無給の休日」である。

業務別