プロミスカードローンの融資可能時間帯とは

プロミスでの審査結果の回答時間を短くできたとしても、申し込みから融資までに時間がかかってしまっては、意味がありません。そのため、プロミスでの融資可能時間を知っておくことが大切です。
融資可能時間とは、審査完了後、自分の口座にその借入金が入金可能な時間です。
融資可能時間はATMを利用する場合と自分の振込先に入金を行ってもらう振込依頼を利用する場合とでは異なります。
おまけに、融資依頼時間はどの金融機関を利用するかによっても融資可能時間や融資できる曜日も変わってきます。

プロミスでの借入は、大きく分けて振込キャッシング(銀行振込)を利用しての借り入れ方法とATMを利用しての借り入れ方法の2つがあります。それでは、振込キャッシング(銀行振込)の融資可能時間からみていきましょう

ATMでの借り入れの場合にローンカードが必要になる

プロミスでのATMで借り入れをする際には、ローンカードが必要となります。
店頭窓口(お客様サービスプラザ)やプロミスの無人契約機・SMBCローン契約機での契約の場合には、契約完了後、すぐに発行されます。(店舗ではプロミスのATMが併設されている場合が多いので、ローンカードを利用してすぐにお金を引き出せる。)

一方、WEB申し込み・契約の場合、申込み時に「カードレス」を選択してしまうと、ローンカードは発行されません。ローンカードの発行を希望する場合には、契約後、店頭窓口または自動契約機で発行してもらう必要があります。

提携先金融機関でのATMや提携先コンビニATMでも借り入れできる

プロミスでは自社のATMをはじめ三井住友銀行のATMや ブランド:Bou Jeloudbrbライダースラムレザー異素材コンビジャケット/b
LOVELESS ブランド:LOVELESS シルバーFOXミレーヌダウン br WOMENS 通販 b /b GUILD PRIMEなどでも借り入れが可能です。
ただし、プロミスのATMやまたは三井住友銀行のATM以外と利用する場合には、利用手数料がかかります。
利用手数料は、利用ごとに1万円以下の場合には108円、1万円を超える場合には216円です。
プロミスで利用できる提携ATMは下の表になりますので、参考にしてみてくださいね。

なお、親和銀行、広島銀行、八十二銀行はキャッシングのみ利用可能です。

プロミスでは申し込みから審査完了まで最短30分で可能です。事前に審査の受付時間や審査回答時間、また融資可能時間を知っておくことで、プロミスでの申し込みから審査・契約、融資までの手続きをスムーズにすすめることができると思いますよ。

最近の投稿