ブランド:RNANbrbC0624 ビッグフーディコート/b RNAN 通販 RNA MEDIA
C0624 ビッグフーディコート

ブランド:RNA-N C0624 ビッグフーディコート

サービス利用記第二弾は、なんとトヨタの水素カー「 ブランド:LARDINIbrbLARDINI JK77028コットンリネンジレ/b
」。アメリカで開催されている「Poptech」というイベントに参加したのですが、そこのスポンサーの1社がトヨタで、参加者向けにミライを披露かつ試乗させてくれるというPRををやっていました。これは乗るしか無いということで乗ってみました。

折しも2015年10月21日はバック・トゥ・ザ・フューチャーの日ということで、トヨタもそれに合わせた ブランド:BY MALENE BIRGERbrbBY MALENE BIRGER TOP/b
を配信していました。

ミライはまさにこれに出てくるクルマです。

じゃん!

後部、ナンバープレートの左下にMIRAIとあります。見た目は普通の車と特に変わらない。

ボンネットを開けるとこんな感じ。フロントガラスよりの真ん中にある銀色のハコが水素エンジンです。同行した車に詳しいメンバーにによると、構造は通常の車とあまり変わらないが、ガソリン車に比べて熱が出ないので熱処理系の機構がないとのこと。

カーナビの画面がこんな感じ。ちょっと見にくいですが、左側のバーに「APPS」というタブがあって、音楽、電話、地図、など色々なアプリを起動できるようになっています。ここのエリアはサードパーティにも開放する・・・と同行してくれたトヨタの人が言ってました。ちなみにOSなどはトヨタオリジナルだとのこと。ただ明らかにそういう方面に詳しい感じの人ではなかったので違うかも^^;

Sprocket的には気になる部分ではあります。Sprocketからの配信先チャネルの1つにこのパネルが加わる、ということも十分あり得ます。

てことで運転出発!Poptech会場周辺を1周する感じで、およそ5分位の運転です。

 あわせて読みたい



はこれ一枚で上海市内のタクシー、バス、地下鉄、フェリーまで主要な交通機関の運賃支払いが行えるチャージ式のプリペイドカード。
ブランド:SAVE KHAKI UNITEDbrbNON COLLAR REVERSIBLE /b
ト上で事前に申請すると、利用額にあわせてポイントがたまる制度もあり、マクドナルドやC-Storeなどのコンビニで商品と交換できる。
1999年より上海で爆発的に普及したこの上海公共交通カードは、今では市民生活に欠かせないアイテムになっており、ICカードなので、鞄から出さなくても、端末にかざすだけで読み取ってくれ非常に便利でとても使い勝手が良い。

クレシア Creciabr/68733 [クリーンガード A40 ツナギ服 XLサイズ]
のタクシー(トラックタクシーを含む)

:上海リニアモーターカー浦東機場駅及び龍陽路駅(優遇あり)

:上海浦東国際空港駐車場や美羅城など16か所の駐車場、黄金城道など37カ所の路上パーキング
P+R:市内5か所のパークアンドライド駐車場

通行料金:高速道路の上海の料金所、東海大橋

:歴月単位でその月の利用料金が70元に達した場合、70元を超えた分からが1割引きになる。(毎月1日から月末までが対象で月が替わるとリセット)

:一か月の乗船回数が20 ブランド:FUTURbrbFUTUR F 3/4 HOODIE/パーカ/b
C0624 br b c0624 RNA MEDIA /b ビッグフーディコート 通販 ブランド:RNAN RNAN 20回分が2割引き。但し40回を超えるとカウントがリセットされ、一か月あたり最大60回分の乗船が2割引きとなる。(毎歴月1日から月末までが対象で月が替わるとリセット)

:好徳(一部取扱なし)、良友(一部取扱なし)、可的(一部取扱なし)

・上海駅:地下鉄1号線駅窓口、3・4号線駅窓口
ブランド:SHINYA KOZUKAbrbSHINYA KOZUKA DIGITAL PRINT LONG COAT/b
/b C0624 通販 ビッグフーディコート RNAN br b ブランド:RNAN c0624 RNA MEDIA 港:浦東発展銀行虹橋空港支店(T1)、東交通中心全家便利店(T2)
・浦東空港:浦東発展銀行国際空港支店、リニアチケットセンター


但し最近では窓口でチャージを受け付ない駅が増えたため、自動チャージ機で行う必要があるが現金を受け付けず、銀行カードなどを使用する必要がある。(領収書(発票)が必要な場合は、別途窓口に行く必要がある。)

日本原燃は背水の陣で臨め。規制委は審査を急げ

さればこそ、六ヶ所工場は是非ともできるだけ早期に本格稼働に漕ぎ着ける必要がある。日米協定上の既得権だと思っていつまでも安閑としていてはいけない。もし、ここで日本が動揺し、再処理路線を放棄したら二度とこの権利を回復することはできないだろう。直接の当事者である日本原燃には、それだけの認識と覚悟を持って一層奮励努力してもらいたい。まさに退路を断って背水の陣で臨むべきで、今度また失敗したら後がないと肝に銘ずるべきだ。

ところで、六ヶ所工場は度々の不具合による計画の遅れで、完成一歩手前で足踏みしてきたが、ようやく今年5月末に最終工程の技術的な問題(高レベル廃液のガラス固化試験等)をすべてクリアし、ついに10月に予定通り操業開始の運びとなり、後は、国の使用前検査を残すのみとなっていた。

ところが、5月末になって突然原子力規制委員会は、同工場の規制基準の策定が間に合わないとの理由で「待った」をかけてきた。新しい規制基準案は目下パブリックコメントにかけられており、年末までには正式に施行される予定となっている。その後日本原燃が運手許可申請を提出し、原子力規制委員会の審査が始まるので、もし許可されるとしても、操業開始は早くても来年春以降にずれ込む見込みである。

目下原子力規制委員会では、7月初めに施行された原子力発電所の新規制基準に従って原発再稼働のための審査を行っているところで、この作業を最優先するのは当然だ。再処理工場の操業の審査が多少遅れるのはやむをえない。

しかし、伝えられるように事務方のマンパワーの問題があって、再処理工場の審査は後回しとせざるを得ないというのであれば、急遽マンパワーを大幅に増員すべきであり、政府はそのための予算など応急措置を迅速に講ずるべきだ。原発が停止したままで化石燃料の購入費が急増し、巨額の国費の流出が続くことに比べれば、規制庁の人件費など全く問題とするに足りない。

他方、原子力規制委員会はかねてから、六ヶ所工場が立地する下北半島の断層も調査する意向を示している。この点については、門外漢である筆者は発言を差し控えるが、普通の原子力発電所と再処理工場が異なっていることは明らかであり、これらの点は十分考慮されるべきであると思う。

原子力規制委員会は、設置法で高い独立性を保証されているから、あまり圧力や干渉めいたことを言うべきではないという意見もあるが、是非とも本稿で述べたような国際政治、外交上の事情を十分配慮して、出来るだけ速やかに、かつ現実的な対応をしてもらいたいものだ。規制委員会は原子力の安全性を確保するのが主目的で、原子力を廃絶に追い込むことではないはずである。