ブランド:IENA LA BOUCLEbrbIENA LA BOUCLE BONOTTO ステンコート/b セール イエナ SALE 通販
IENA LA BOUCLE BONOTTO ステンコート◆

ブランド:IENA LA BOUCLE IENA LA BOUCLE BONOTTO ステンコート◆

サービス利用記第二弾は、なんとトヨタの水素カー「 ブランド:wjkbrbheavy jersey /pk jkt/b
イエナ 通販 BOUCLE IENA b BONOTTO ステンコート セール LA /b ブランド:IENA br SALE」。アメリカで開催されている「Poptech」というイベントに参加したのですが、そこのスポンサーの1社がトヨタで、参加者向けにミライを披露かつ試乗させてくれるというPRををやっていました。これは乗るしか無いということで乗ってみました。

折しも2015年10月21日はバック・トゥ・ザ・フューチャーの日ということで、トヨタもそれに合わせた ブランド:KENZObrbBodySoul Sweat Over Size/b
を配信していました。

ミライはまさにこれに出てくるクルマです。

じゃん!

後部、ナンバープレートの左下にMIRAIとあります。見た目は普通の車と特に変わらない。

ボンネットを開けるとこんな感じ。フロントガラスよりの真ん中にある銀色のハコが水素エンジンです。同行した車に詳しいメンバーにによると、構造は通常の車とあまり変わらないが、ガソリン車に比べて熱が出ないので熱処理系の機構がないとのこと。

カーナビの画面がこんな感じ。ちょっと見にくいですが、左側のバーに「APPS」というタブがあって、音楽、電話、地図、など色々なアプリを起動できるようになっています。ここのエリアはサードパーティにも開放する・・・と同行してくれたトヨタの人が言ってました。ちなみにOSなどはトヨタオリジナルだとのこと。ただ明らかにそういう方面に詳しい感じの人ではなかったので違うかも^^;

Sprocket的には気になる部分ではあります。Sprocketからの配信先チャネルの1つにこのパネルが加わる、ということも十分あり得ます。

てことで運転出発!Poptech会場周辺を1周する感じで、およそ5分位の運転です。

 あわせて読みたい



5 企業誘致のセールスポイント
■各自治体の売りは交通利便性と補助金

  各都道府県が、誘致のセールスポイントとして挙げたのは「交通のアクセスがいい」が26県で1位。

  また最近、増えてきているのが「産学連携の実績」である。鳥取県は、産学官連携推進室を設置。県と鳥取大学と企業が連携して手がける健康食品開発事業が、文部科学省の産学官連携促進事業に採択されるなどの実績を残している。徳島県は、「経済産業省の調査で『共同研究が進めやすい大学』と高く評価されている大学が地元にある」と強調する。

6 企業誘致の実施状況
■都道府県の約70%が「企業誘致がうまくいっている」

  では、都道府県の企業誘致活動は成功しているといえるのだろうか?
  本誌アンケートでは、「できている」または「ほぼできている」との回答が約70%と大半を占める。「できている」と答えた県は、群馬県、埼玉県、富山県、三重県、広島県の5県である。成功した理由は、埼玉県は「期間限定で誘致大作戦を実施したこと」、三重県では「スタッフの半分を占める実務に明るい技術職がバックアップしたこと」を挙げている。また、広島県では助成金の限度額を引き上げたほか、「モノづくり県」の伝統を活かしたことが誘致成功に結びついたという。

  一方で、14県が「あまりできていない」と答え、理由として「交通基盤が整っていない」や「他の自治体との差別化が難しい」などを挙げている。
  2005年は2004年よりも工場立地件数が18.7%も伸びるなど、景気回復とともに企業の誘致件数も徐々に増えてきている。今年は、さらなる伸びが期待される。地方自治体は経済波及効果で即効性のある大企業はもちろん、成長力のある中小・ベンチャー企業の誘致も大歓迎している。

  本誌アンケートでも明らかなように、自治体にはそれぞれ誘致メリットがある。中小・ベンチャー企業は、事業拡大策の一環として誘致を活用するのもひとつの手だ。

関連記事


【2015年1月2日(金)】宝登山&長瀞アルプス
宝登山神社奥宮の参拝を済ませ、山頂に向かう。
すぐそこが山頂で、数組の家族連れなどが、お弁当を広げていた。
とりあえずは下りだが、この道はいろんな表情を見せる。
冬枯れの気持ちのいいアップダウンを走ったり歩いたり。
坊山の方が先に書いてあったので、天狗山の手前にあると思ったが、それらしきピークはなかった。
このピークが坊山で、天狗山はまだ先にあるのだろうかと思っているうちに、「神まわり」という道標が出現。行ってみると御岳神社があり、「御岳山 353m」の山名板があった。

神まわりはこのあたりの石碑めぐりのことのようである。


現駅舎の建築年代は不明だが、開業当初のものではなさそうだ。


賢治は盛岡高等農林学校に在学中の大正五年(1916年)、地質調査研究のため、学友とともに秩父を訪れ、この駅から帰郷したそうである。


列車を見送り、踏切を渡る。手前左が美の山(582m)、奥は武甲山(1304m)。

植林の中の暗い道を登る。道はわりと荒れている。標高差200mほどが、かなり長く感じた。


すこし戻って、植平峠に向かう。このあたりも走れるところは走る。
この先、小林山(大平山)へは登山地図にも地形図にも道はないのだが、しっかりした踏み跡があったので迷わず登る。
林道の分岐で、迷いつつ左の道をとったら、ゴルフ練習場のネットにぶつかった。
あれは、下山後に入浴予定の「かんぽの宿 寄居」。

ここの下りは坂がきついし、舗装道路なので走るのは自制。


下り切ったところが金尾山(つつじ山)の登山口。
眼下に秩父鉄道の電車が走り抜けていった。
さっさと下山して、寄居橋を渡り、かんぽの宿へ。
登山地図には駅から10分とあるが、もう少しかかりそうだ。

踏切を渡ると、急行列車が通過していった。

帰りの電車は17:37なので、わりとのんびりできそうだ。
宿はお年寄りで大賑わい。入浴客だけでなく、宿泊客もかなりいたみたいで、満室のような雰囲気だった。
あえて遠くから観光に来るところでもない気がする。
駅には11分で着いてしまった。下りは早い。
待合室で待ってい クロジールbr/41202F [SD412 コンパクトサンシェード]
えてしまった。
お店のママの雰囲気が今いちだった。水も出さないので、「水お願いします」と言ったら、「あらごめんなさい」とも言わずに黙って出してきた。648円の客は迷惑だったってことか。
そんな形で登り初めを締めくくったが、天気に恵まれたいい1日であった。