ブランド:TITE IN THE STOREbrb高密度撥水スプリングモッズコート手洗い可/b セール 通販 94806601 SALE
高密度撥水スプリングモッズコート-手洗い可-

ブランド:TITE IN THE STORE 高密度撥水スプリングモッズコート-手洗い可-

今回は、足首を柔らかくする方法のご紹介です。足首が固いと、その上の膝関節や股関節、腰にまで負担がかかり痛めてしまう原因にもなります。スポーツ、運動選手、ダンスや舞踏、武道などでも足首を柔らかくすることは、コンディションアップ、怪我の予防にもとても大事です。

足首の柔らかさとは関節だけの問題ではありません。特に足首を動かすアキレス腱と、すねの筋肉(脛骨筋、腓骨筋)の柔軟性が特に大事なので、この部分を柔らかくできる効果的なストレッチを、ご紹介したいと思います。

ど~も恵比寿整体院の内山です。今回は足首ということで、私の実体験からお話しできるコトがあります。

実は私も足首の固さに悩まされていました。20歳の時、アメリカで右足首骨折&脱臼…、腓骨が脱臼で脛骨が完全骨折。ショック状態で病院へ、脱臼を戻す時気絶(笑)、気が付いたら手術が終わっていた…。

そんな甘い青春の思い出があるのですが、当時はスノーボードの選手として活動しており、骨折後その後7,8年は足首の動かなさ、痛みに悩まされていました(若干、手術が適当だったと思っている…)。

ヨガのように呼吸を上手く使ってストレッチを行うと、とても効果的に安全に体を柔らかくすることができます。

足首といえど自律神経の緊張が取れるようにケアしていけば必ず柔らかくなります。

ということで、足首を柔らかくできる腹式呼吸を使ったストレッチを簡単なものを2つ、少し本格的なものを1つご紹介しますので、足首を柔らかくしたい方は是非、実践してみてください。

の最新記事




『ディフェンドー 闇の仕事人』は、2009年製作、カナダのアクション・コメディ映画。
特殊パワーを持たないヒーローが悪に立ち向かう異色のアクション・コメディである。日本では公開されず、ビデオスルーとして2010年7月14日にDVDが発売された。
アーサー・ポピントン「ディフェンドー」:ウディ・ハレルソン
ブランド:ICHIMILE GRATORYbrbICHIMILE GRATORY suka jersey IMGC41/b
ロフィコウィッチ「キャット」:カット・デニングス
チャック・ドゥーニー:イライアス・コティーズ


日本未公開映画なのでアマゾンDVD紹介のほうから検索したが情報がほとんどなくストーリーは僕が補筆した。

ブランド:WALLbrbでんぱ組inc × ファンタジスタ歌磨呂 × WALL リバーシブル スカジャン もがたんぺ/b
し、最後はホロリときた。

キャラクターヒーローものであり、しかも強くないし、おつむが若干弱いヒーローということで、あの『キックアス』にもよく似てはいるが、それほど子供向けではなく、配役もベテランぞろいで、ちゃんとした大人のためのコメディータッチヒーロー映画だった気がする。たぶんこの手の映画はハマるひとはハマるんじゃないかな。
彼が警察に逮捕され、「デフェンドー」と名乗る彼に対して警官が「ディフェンダーだろ」と突っ込んだところものすごくキレられたと上司に報告するシーンがある。それから後に、売春婦のキャット(カット・デニングス)がまた「ディフェンダーでしょ」と突っ込んでしまったのだ。どんなキレ方するのかはここは絶対見て欲しい。フリの部分が効いている答えあわせである。あれは笑った。

それから、デフェンドーが悪徳警官ドゥーニー(イライアス・コティーズ)をパチンコで気絶させて手錠でつなぎ、倉庫に運んで拷問をする際に彼が使用した「意外な武器」には、僕は鼻からコーヒーを噴出してしまった。


あれは拷問されるほうも笑っちゃってたが、口を割っちゃいそうな効き目ある拷問だった(笑)

とにかく銃が嫌いで、『銃を持つやつは臆病者だ』と言い切るディフェンドー。駄洒落なのか、ディフェン「ドッグ」やディフェン「ドアー」まで出てくるのでその辺も笑いながら観ちゃって下さい。


主役はあの「ナチュラル・ボーン・キラーズ」のウディ・ハレルソンである。完全に反則だ(笑)。
サッカーで言えば背後から完全に「けずり」にきているが「レッドカード」出しちゃもったいない。ちょっと「デフェンドー」つながりで褒めてみたが、わかったかな(笑)。数多くいる俳優さんの中から、よくまあ彼を選んでくれたって思う。その眼力に脱帽である。

会社や組織には、矛盾や理不尽、不条理がある。

人が集まれば・・・

組織には、矛盾や理不尽、不条理がある。

これは、何も会社に限ったことではありません。
太古の昔に、人類が誰かと一緒に生活を営み始めてから、ずっとそうなのです。

このことは、いろいろな国や文明の繁栄と衰退、蜜月と対立、争いの歴史をみればわかります。

石器時代や弥生時代でも
中国の三国志の時代でも
ヨーロッパのギリシャやローマの時代でも
日本の平安時代や戦国時代、江戸時代でも
アメリカの開拓時代でも

組織、というか人が集まれば、そこに矛盾や理不尽、不条理が生じ、それが繁栄と衰退、蜜月と対立から争い、といったものに影響を及ぼしていることは間違いないのです。

少し話が大きくなってしまいましたが、こうした矛盾や理不尽、不条理というものは、実は私たちの所属する組織や集団でも同じように存在しているのです。

でも、私たちは、このことに気づいていないことが多いのではないでしょうか。

だから、「おかしい」とか「納得いかない」ということがあると、すぐそのことを責めるのです。

責められても、説明のつかないことなのに・・・

そして、お互いが、イライラ、ムカムカし、不満や不安を感じる。

こうしたことが、いかに私たちの日常で起きているか、考えてみる必要があります。

会社や組織には、矛盾や理不尽、不条理がある・・・いや、それでできている。
このことに、私たちは、気づく必要があるのです。

「コラム」の記事一覧