この記事ではモノアミン神経の一つである「ドーパミン神経」と、そこから分泌される神経伝達物質であるドーパミンについて記載していく。

 

ドーパミンとは

ドーパミンは、脳を興奮させる興奮物質の一つである。

興物質とは、神経細胞を刺激し、興奮させることで必要な働きをさせる化学物質のことを指す。

ドーパミンによって起こる興奮は一般的に、快感に作用することで知られている。

従って、よく興奮状態にある人が「アドレナリンが出ている」と表現することがあるが、その興奮が気持の良さも伴っているのだとすれば「ドーパミンが出ている」という表現の方が適しているのかもしれない。

※ちなみに、ドーパミンは脳内でノルアドレナリンにも変化する

関連記事⇒『 ブランド:LANVIN en BleubrbTwo Button Jacket Blouson/2つ釦 ジャケットブルゾン/b
トップス b SALE ESTNATION ニットカーディガン 通販 /b ESTNATION セール ウィメン br ブランド:ESTNATION』

 

ドーパミン神経系について

ドーパミン神経系の主要なものには下記の2つがある。

・A9ドーパミン作動性神経系の興奮

・A10ドーパミン作動性神経系の興奮

 

A9ドーパミン作動性神経系の興奮

黒質(A9)から線条体へ投射する系で、運動の発現に関与する。

そして、この系におけるドーパミン分泌が不足してしまうことがパーキンソン病へ結びついてしまう事となる。

ブランド:Liessebrbビクトリア調プリントプルオーバー/b

ブランド:組曲brbT/C ロング トレンチコート/b
ニットカーディガン br ESTNATION ブランド:ESTNATION ウィメン b トップス セール /b ESTNATION