ブランド:BACCAbrbレーヨンナイロン トレンチコート/b EDITION BACCA バッカ SALE
レーヨンナイロン トレンチコート

ブランド:BACCA レーヨンナイロン トレンチコート

サービス利用記第二弾は、なんとトヨタの水素カー「 ブランド:TROVEbrbWIDE COACH JKT/b
」。アメリカで開催されている「Poptech」というイベントに参加したのですが、そこのスポンサーの1社がトヨタで、参加者向けにミライを披露かつ試乗させてくれるというPRををやっていました。これは乗るしか無いということで乗ってみました。

折しも2015年10月21日はバック・トゥ・ザ・フューチャーの日ということで、トヨタもそれに合わせた SAMSUNG サムスンbr/SMR210NZWAXJP [4K対応360°カメラ Gear 3602017]
を配信していました。

ミライはまさにこれに出てくるクルマです。

じゃん!

後部、ナンバープレートの左下にMIRAIとあります。見た目は普通の車と特に変わらない。

ボンネットを開けるとこんな感じ。フロントガラスよりの真ん中にある銀色のハコが水素エンジンです。同行した車に詳しいメンバーにによると、構造は通常の車とあまり変わらないが、ガソリン車に比べて熱が出ないので熱処理系の機構がないとのこと。

カーナビの画面がこんな感じ。ちょっと見にくいですが、左側のバーに「APPS」というタブがあって、音楽、電話、地図、など色々なアプリを起動できるようになっています。ここのエリアはサードパーティにも開放する・・・と同行してくれたトヨタの人が言ってました。ちなみにOSなどはトヨタオリジナルだとのこと。ただ明らかにそういう方面に詳しい感じの人ではなかったので違うかも^^;

Sprocket的には気になる部分ではあります。Sprocketからの配信先チャネルの1つにこのパネルが加わる、ということも十分あり得ます。

てことで運転出発!Poptech会場周辺を1周する感じで、およそ5分位の運転です。

 あわせて読みたい

記事を本文と続きを読むに分割

ブログのトップページには冒頭文章(書き出し)のみを掲載し、「続きを読む」リンクで本文を分割させる場合、エディタにある以下「記事を本文と続きを読むに分割」ボタンをクリックし、文中に区切り位置を挿入します。

リッチテキストの編集画面には、以下のような pagebreak マークが表示されてきます。

HTML 編集画面に切り替えると、以下のようなソースコードが挿入されます。

以上で「続きを読む」の設定は完了です。

画像を挿入

画像を挿入するには、エディタにある以下「画像を挿入」ボタンをクリックします。

すると以下「画像を挿入」ウィンドウがポップアップされます。

「選択」ボタンをクリックし、ローカルに保存されている画像ファイルを選択し、「カスタム」チェックボックスをクリックすることで細かい設定をおこなうことができます。

特にカスタム項目の中の「画像のサイズ」については、選択肢(オプション)ごとに以下の設定が反映されます。

画像を記事に挿入するときには、意図にあわせて適切なオプションを選択してください。

関連ナレッジベース

その他、新しい記事作成画面の使い方については以下ナレッジベースも参考にしてください。

フィードバックはサポートまで

以上が今回ベータ公開された新 WYSIWYG リッチテキストエディタの使い方の概略です。

まだまだ開発中のため未完成な部分もありますが、もしも何か不具合やご意見・ご要望などございましたら、お気軽にサポート宛にフィードバックをお寄せください。

最近の記事

2.アベノミクスで借金返済

オスマントルコによるコンスタンティノープル陥落 百年戦争の終結 を横目で見ながら、我がブランデンブルクが借金返済に専念!
1452年1月に200G借りた ので(財産がなくなると自動的に借款)、 五年後の1457年1月までに200Gを用意し、それまでの利子を払い続けなければならない
利子の額は 月額約2G (年24G)で、軍隊の維持費の二倍に相当 する。年始の収入が30G余りなので、そのままだと利子すら払えないのだ
利子を払い借金を返済するには、 研究に注いでいる月々の収入を国庫に入れる 他ない
これをすると、 インフレ を招いて全てのコストを上昇させる のでやりたくはないのだが、非常手段である
借金を繰り延べすると、さらに 高い金利 をかけられる し、 財政破綻すると安定度、インフレ、軍隊の士気激減 でもっと酷いことになる
三年間、国庫に投入して3%のインフレ だから、まあ許容範囲だろう・・・おっと、 汚職 」イベントでさらに1%上がってしまった・・・orz

ちなみにポーランドと北ドイツ同盟の戦争は、 メクレンブルクのポーランドへの属国化 後ポメラニアのボヘミアへの割譲 で決着し、北ドイツ同盟は盟主が脱落したことで事実上崩壊した

1457年1月に予定どおり借款を返済 し、その後もまたーりと過ごす
施設を建設するにも、多大な金がいるから、内政でできることも少ない
ボヘミア領の後ポメラニアが 新国家「シュテュテン」 として独立した結果、ポーランドの属国になるとか、ヴェネツィアがアラゴンの属国になるとか、世界は確実に動いている
危険なのは、 オーストリア、フランスが周辺国を属国化しまくっている ことだ。今の段階では防ぐ方法がないのだが、将来を考えると背筋が寒い

EU2の感覚で見てると気になったのは、 交易所の開設と消滅が頻発に起こる ことだ
↑の画面では、モスクワの交易所ができたことでノヴゴロドの交易所が消滅した。今までになかったイベントが設定されていたり、 狭い地域で同じ国が二つの交易所を持つことで発生する ようだ
交易所の所在は周辺国にも様々な形で影響するので、注意したい

最新コメント