スターブレイン アカデミーの津久井(つくい)です。

前回から「英活ブログ」シリーズを書いています。

・“正しい”英語の勉強法なんてありません!

・自分にとって“ベスト”な勉強法を探しましょう。

さて、今回のタイトル「英語力が4倍upする長文学習法」にあるように、このブログから3回に渡って英語力を伸ばす4つの要素を説明します。

「英語力を伸ばす4つの要素」とは何でしょうか?

ブランド:SCOTCH SODAbrbミリタリージャケット 79811706/b
しっ、英語勉強しよう!」と思った時に、何から手をつけますか?

私が予備校の授業で話している「英語力を伸ばす4つの要素」は次にあげるものです。

ちなみに、みなさんはどの程度の語彙力が必要だと思いますか?

もちろん、ゴール(志望大学、TOEICの目標点、英検の級…)によって必要語彙数は変わってきますが、

大体の単語帳は「2000語」前後をベースに作成

どうですか? だいたいが2000語前後なんですね。ここに載っている語数は全て「見出し語」のみです。派生語をカウントすれば、それぞれ数倍の収録語彙数があります。

単語帳の特徴やオススメの暗記法については、以前のブログでシリーズ化しているので是非とも読んでください!(>>>

SCK3100W 光 シリコンチューブ角溝だラム巻き58×45×100m
連本でも「中学英語で会話をする」といったものが出版されているのを目にしたこともあるでしょう。

さらに、辞書で使用される語彙として“Defining Words”があります。これは単語を説明する際に使用される基本語彙のことで、これがおおよそ2000語からなっているのです。例えば、vocabularyという単語を引いてみると、、、

(語彙:知られている、もしくは使われている全ての単語)

さて、いろいろと話をしましたが、今回はここまでにします。

・自分の学習スタイルを振り返る習慣を持ちましょう

次回は、「英語力を伸ばす4つの要素」の残りの3つを紹介します!

お電話でも対応可能です! >>> 03-3428-4854