ブランド:NATURAL BEAUTYbrbシャーリング総針ニット/b 通販 0187170305 トップス
シャーリング総針ニット

ブランド:NATURAL BEAUTY シャーリング総針ニット

サービス利用記第二弾は、なんとトヨタの水素カー「 ブランド:ANALOGbrbTHE SAFARI DELUXE/b
トップス br /b BEAUTY ブランド:NATURAL 通販 シャーリング総針ニット b」。アメリカで開催されている「Poptech」というイベントに参加したのですが、そこのスポンサーの1社がトヨタで、参加者向けにミライを披露かつ試乗させてくれるというPRををやっていました。これは乗るしか無いということで乗ってみました。

折しも2015年10月21日はバック・トゥ・ザ・フューチャーの日ということで、トヨタもそれに合わせた 工進br/PA265 [吐出延長ホース 20mネジ式]
を配信していました。

ミライはまさにこれに出てくるクルマです。

じゃん!

後部、ナンバープレートの左下にMIRAIとあります。見た目は普通の車と特に変わらない。

ボンネットを開けるとこんな感じ。フロントガラスよりの真ん中にある銀色のハコが水素エンジンです。同行した車に詳しいメンバーにによると、構造は通常の車とあまり変わらないが、ガソリン車に比べて熱が出ないので熱処理系の機構がないとのこと。

カーナビの画面がこんな感じ。ちょっと見にくいですが、左側のバーに「APPS」というタブがあって、音楽、電話、地図、など色々なアプリを起動できるようになっています。ここのエリアはサードパーティにも開放する・・・と同行してくれたトヨタの人が言ってました。ちなみにOSなどはトヨタオリジナルだとのこと。ただ明らかにそういう方面に詳しい感じの人ではなかったので違うかも^^;

Sprocket的には気になる部分ではあります。Sprocketからの配信先チャネルの1つにこのパネルが加わる、ということも十分あり得ます。

てことで運転出発!Poptech会場周辺を1周する感じで、およそ5分位の運転です。

 あわせて読みたい

結論、アスペクト比ごとに最適なプリントサイズがある。

サイズごとに整理してみると、それぞれの比率にあったプリントサイズがあることがわかりました。

しかし、4:3の方が大きいサイズでプリントしたい場合は多少切れてしまいます。
大中小それぞれのサイズでジャストフィットするプリントがあるとは限らないということです。
事前にカットの大小を調べて、余裕を持った写真データを用意したほうが良いと思います。

作品写真について

これは知り合いの写真家から聞いた話です。
展示される作品写真は、1cm以上の白フチが無いとダメみたいです。

理由としては

「紙の劣化はフチから始まるので、全面写真だと写真自体に劣化(黄ばみなど)してしまう」

とのことでした。

あと、その方はフォトコンの審査員をしているのですが、データとプリントが選べるフォトコンでは「絶対にプリントでの応募がいい」らしいです。

ご参考までに。

※白フチの話は規定によって異なりますので、何でもかんでもフチが必要なわけではありません。規定に従ってご応募ください。



真道山山頂(286.6m)は能美町中町と能美町鹿川、大柿町飛渡瀬との境界上にあります。
中町から江田島湾を挟んだ対岸である、江田島町津久茂から見た真道山です。
また、戦前は海軍兵学校生徒の心身鍛錬の場として、登山競技などに利用されました。
(誠実さや真心、人の道に背くところはなかったか)
(物事を成し遂げようとする精神力は、十分であったか)
(目的を達成するために、惜しみなく努力したか)
(怠けたり、面倒くさがったりしたことはなかったか)
注:(かっこ)内の現代訳は「海上自衛隊幹部候補生学校ホームページ」よりの引用です。
かって海軍兵学校に於いて夜の自習時間の最後に生徒が目を閉じて一日を反省自戒した「五省」は兵学校出身者にとって戦中は勿論戦後も復興発展の心の支えとなってきた。
戦後五十年玆に「五省」を記念碑として眞道山に留め杖を曳かれる旅人が江田内の碧に映える生徒館と対面しつつ暫し黙誦されんことを希うものである。
ちなみに、栗田健男中将はレイテ沖海戦で第一遊撃部隊を指揮して参戦、レイテ突入を前に「謎の反転」と呼ばれる離脱行動?が戦後の戦史研究で注目されました。
平成二年、花と緑の万国博覧会の年にちなみ能美町、大柿町のご協力と、財団法人日本さくらの会のご支援を得て、再び同期の千本桜の植樹を行い、もって地元の「花の里」の実現を希い、散華された幾多の、先輩盟友を偲び、海軍 ブランド:MAISON DE REEFURbrbWhite Mountaineering × MAISON DE REEFUR 別注マウンテンパーカー/b
の歌と共に、後世に語り継がれんことを期し、ここに同期の千本桜の碑を建立する。
北西の方角、ふもとに中町の街並みが、遠く能美町高田、右に津久茂の瀬戸、さらに遠くには本土廿日市市が靄って見えます。
現在は、海上自衛隊幹部候補生学校・第一術科学校と名称を改め、自衛隊員の教育訓練の場となっています。
江南から峠を越えた先、江田島町秋月にある株式会社フルサワ(船舶解体工場)で解体を待つ、「SUPER LINER OGASAWARA」(スーパーライナーオガサワラ)です。
頂上から千本桜林道を経由して中町へと下る階段です。
江田島湾に浮かぶカキ筏の向こう、三角形の山は津久茂山です。