ブランド:UNITED TOKYObrbハウンドトゥースMA1/b 通販 MA1 405359026
ハウンドトゥースMA-1

ブランド:UNITED TOKYO ハウンドトゥースMA-1

今回は、足首を柔らかくする方法のご紹介です。足首が固いと、その上の膝関節や股関節、腰にまで負担がかかり痛めてしまう原因にもなります。スポーツ、運動選手、ダンスや舞踏、武道などでも足首を柔らかくすることは、コンディションアップ、怪我の予防にもとても大事です。

足首の柔らかさとは関節だけの問題ではありません。特に足首を動かすアキレス腱と、すねの筋肉(脛骨筋、腓骨筋)の柔軟性が特に大事なので、この部分を柔らかくできる効果的なストレッチを、ご紹介したいと思います。

ど~も恵比寿整体院の内山です。今回は足首ということで、私の実体験からお話しできるコトがあります。

実は私も足首の固さに悩まされていました。20歳の時、アメリカで右足首骨折&脱臼…、腓骨が脱臼で脛骨が完全骨折。ショック状態で病院へ、脱臼を戻す時気絶(笑)、気が付いたら手術が終わっていた…。

そんな甘い青春の思い出があるのですが、当時はスノーボードの選手として活動しており、骨折後その後7,8年は足首の動かなさ、痛みに悩まされていました(若干、手術が適当だったと思っている…)。

ヨガのように呼吸を上手く使ってストレッチを行うと、とても効果的に安全に体を柔らかくすることができます。

足首といえど自律神経の緊張が取れるようにケアしていけば必ず柔らかくなります。

ということで、足首を柔らかくできる腹式呼吸を使ったストレッチを簡単なものを2つ、少し本格的なものを1つご紹介しますので、足首を柔らかくしたい方は是非、実践してみてください。

の最新記事



ゆるい冷えとりを目指すメイコバです。今回は自分と、子供の肌着について。

○やっぱ、冬の子供の肌着は、ウールでしょ!!!

さてさて、子供の肌着は、半袖の綿が多いのですが、冬はウールかなぁと思ってました。

だって、夜寝る時に寝相が悪いからすぐ布団がなくなる。

スリーパーでもええんやけど、それだと汗かいたり、意外と暑がりな子供にとっては不快だったり。アセモ ブランド:CHRISTIAN DADAbrbARAKI Patch Printing Rib Knit Hoodie/b
きまくったり、は嫌です。

でも寒くなってきたし、寝汗で余計に冷えるのが心配、、そして天然素材を使いたい。

敏感肌でなければ、ウールでお肌の保湿は守られるし、洗濯は臭うまで ブランド:GalaabenDbrbLi/Ry イージークロス ナポレオンジャケット/b
いから笑(↩︎これ大事)

本当に手触りもよいし、高いけど、、長く使うつもりで!

もっぱら、スカートやワンピース下に履かせており、パジャマではまだ使ってません。真冬になれば使おうかな。

トワエトワールは、わざわざ近くのショップに見に行って肌着の感触触ってから買ったんだけど、

なんとヤフーでアウトレット売ってるやん❗️❗️思わず

子供の肌着は二枚ずつ持ってるんだけど、今の所これでも充分そう!

○話かわるけど、妊活について(テーマ違ってすみません)

どうりで昨日から気持ちが落ち込むわけです〜😓

なんでこんなこと話すかといいますとね、生理になってから、この肌着着るとよくわかり ブランド:DELUXEbrbSTARTERS /b
、あったかい!ってか心地よいです!

生理になると、何だか身体が緩むっていうか、骨盤が開いて、体温が下がって、いつもよりも気持ちも落ち着いて(落ち込んで⁈)

自分の体が休息してるのがわかる。こういう時こそ、シルクの五本指ソ ブランド:ARNE JACOBSENbrbArne Jacobsen / アルネヤコブセンClock 43621(City Hall 160mm/b
の肌着なんか着るとテキメンで、

のフリースパンツとか全然ダメで、足が痒くなり、気づけば脱いでパンツ一丁で寝てました。

20代のころは、そんな素材のことなんて気にしていなかったのですが、最近は服の素材で肌や気分が変わるのですから。年を取るというのはある意味面白いです。

パジャマで化学繊維が混じっているものは全て捨てようかなと考え中。

とはいえ、暖かく心地よいパジャマを見つけられておりませんで、当面は

ボロボロの綿パジャマをヘビロテしていくでしょう。オススメパジャマがあれば、教えてほしいものです。

私もかつて、そういう思いに捉われた。

しかし、今、私はそんな方々に、言いたい。

私は、最近テレビを1週間に1~2時間程度しか見ないが、以前はけっこうテレビっ子だった。

そんな中、今でも忘れられない 心に残るシーンがある。

それは、数年前の事だ・・・・

テレ朝の夜の10時~の報道ステーションだったかもしれないし、違うかもしれないが・・・

中国の都会に住む、貧しいおばあさんを取材した内容だった。

彼女は、腰も曲がった小さなおばあさんで、服装もボロをまとっているような人だった。

そうして掘立小屋のようなバラックに住んでいた。

日本のように年金や生活保護等それほど充実していないので、おばあさんは空き缶等を拾って生計を立てていた。

街に落ちてるのを、一日中拾い歩いて、業者に持っていくと、かなりの重労働なのに、ほんのわずかなお金となる。

激寒の冬でも、隙間風だらけの寒い掘立小屋で、そうして細々と生活をしていた。


その小屋の中には殆ど家具も何もなく、ただ、中央に机があってその上に十字架があった。

そうして夜、疲れた身体で家に帰ると、その十字架の左右のキャンドルに火を灯した。

真っ暗な中で、その祭壇だけがあたりを明るく照らしている。
おばあさんは、「こうして生活できるのも、神様のおかげです。イエス様のおかげです。」と本当に温和な笑顔で取材班に話し、本当に真剣な表情でその祭壇に手を合わせ、身体を震わせ、必死に、祭壇にすがりつくように祈っておられた。

私は、彼女こそ、真の信仰者だと思った。


テレビの取材はそこまでだったが、その後、北京五輪が開催となり、おばあさんの住んでいた地帯はもしかすると撤去されたのではないか、と心配になった。

今、どうなさっておられるだろう。

「お疲れさん。よく頑張ったね」と、きっと、天国に召されて、そこで幸せに暮らしておられるかと思う。
最新記事