ブランド:DIESELbrb00SWY10BAOU/b 通販 DIESEL 00SWY10BAOU DIESEL WOMEN
 00SWY10BAOU

ブランド:DIESEL  00SWY10BAOU

サービス利用記第二弾は、なんとトヨタの水素カー「 ブランド:bpr BEAMSbrbPunkt / アラームクロック/b
」。アメリカで開催されている「Poptech」というイベントに参加したのですが、そこのスポンサーの1社がトヨタで、参加者向けにミライを披露かつ試乗させてくれるというPRををやっていました。これは乗るしか無いということで乗ってみました。

折しも2015年10月21日はバック・トゥ・ザ・フューチャーの日ということで、トヨタもそれに合わせた D3N1600CM16G 204pin/DDR3L SODIMM/DDR3L1600/16G
/b br ブランド:DIESEL DIESEL WOMEN 00SWY10BAOU b 00SWY10BAOU 通販を配信していました。

ミライはまさにこれに出てくるクルマです。

じゃん!

後部、ナンバープレートの左下にMIRAIとあります。見た目は普通の車と特に変わらない。

ボンネットを開けるとこんな感じ。フロントガラスよりの真ん中にある銀色のハコが水素エンジンです。同行した車に詳しいメンバーにによると、構造は通常の車とあまり変わらないが、ガソリン車に比べて熱が出ないので熱処理系の機構がないとのこと。

カーナビの画面がこんな感じ。ちょっと見にくいですが、左側のバーに「APPS」というタブがあって、音楽、電話、地図、など色々なアプリを起動できるようになっています。ここのエリアはサードパーティにも開放する・・・と同行してくれたトヨタの人が言ってました。ちなみにOSなどはトヨタオリジナルだとのこと。ただ明らかにそういう方面に詳しい感じの人ではなかったので違うかも^^;

Sprocket的には気になる部分ではあります。Sprocketからの配信先チャネルの1つにこのパネルが加わる、ということも十分あり得ます。

てことで運転出発!Poptech会場周辺を1周する感じで、およそ5分位の運転です。

 あわせて読みたい

『若き女性の遺した珠玉のルポルタージュ二篇を収録―。ロシア革命の内戦を描いた名作「前線」と、ヨーロッパ革命の主要な一環となることを期待されながら失敗に終わったドイツ革命の終幕に立ち会っての証言「バリケードに立つハンブルク」は、いずれも公刊のまたれていた記録である』

 この書物を私は、労働者大学の学生たちに捧げる――学生たちがけちをつけたかろうと、罵詈がかれらの口元まで出かかろうと、別にかまわない。
しかしかれらは、最後まで読んでほしい。カザンからエンゼリーにいたる行程がどのようなものだったかを、知ってほしい。どよめくばかりの勝利もあれば、血の海におぼれた敗北もあった。ヴァルガ川でも、カマ川でも、またカスピ海でも――あのロシア大革命の時代に。

 1918年から1920年にかけてのロシア内戦を扱った『前線』と1923年のドイツ・ハンブルグの蜂起を描いた『バリケードに立つハンブルグ』の二つのルポタージュが収録されています。
作者のラリサ・ライスナーはロシア内戦に政治委員として参戦しトロツキーと共に内戦を戦い、ヴォルガ・カスピ艦隊としてアフガニスタンに駐留。その後、革命の息吹に満ちたドイツのハンブルグへ向かい、失敗に終わったドイツ革命の終幕に立ち会ったロシア人ジャーナリスト。革命の最前線で全てを見てきた女性です。
シビアな現実感覚とロマンチックな感性のバランスはサン=テグジュペリを思わせます。共産主義の理想に燃える人々を間近から観察し、詳細に記録し、彼らをを生き生きと描き出しています。そこには、前世紀のはじめに確かに存在した社会主義思想への希望と信頼を感じることができます。

 冒頭の一章を除いては、作中で作者本人の私的なことについては一切触れられていません。ただその一章、カザンからの撤退の際にライスナー本人が体験した冒険が、あまりにもドラマチックで印象的です。生々しくて血なまぐさくて危険で残酷な道程。だけど、不思議と陰惨とは感じませんでした。皮肉っぽいユーモア感覚のおかげでしょうか。読んでいて、速水螺旋人の筆でコミカライズするときれいにハマりそうだと思いました。

 友愛――手垢のついた不幸な言葉だ。しかしときおり、極度の困難と危険の瞬間には、それは私欲を離れた、清らかな、偉大で侵しがたいものである。ある夜、ぼろぼろの服を着、しらみにたかられて汚れた床に転がりながら、世界は素晴らしい、無限に素晴らしいと考えたことのない者は、一度も生きたことがなく、生命についてなにひとつ知らない。

 半徹で山の家から帰宅して、そのままの勢いでTRPGセッションに突入。いま終了。システムはサタスペ。
色々とヤバイシーンはあったけど、亜侠達は無事に任務を達成。92歳の恋愛亜侠爺さんの14番表(死亡チャート)からの奇跡の大復活には場が沸きました。
久しぶりのオフラインセッションはとても楽しいものでしたよ。オンセもいいものだけど、CHOCOAに表示されるテキストデータではこの空気を読む感覚は再現できないものなぁ。
今年はオフラインセッションをもっとやるぞ!きっとやるぞ!

ま、元素の名前には発見者の名前から付けたもの以外にも、国とか地域の名前を付けたものも多いし…あんま違和感は無いハズなんですケド…なんかニホニウムってむず痒いっスね^^;

上記の例としては…フランシウムはfranceだし、ゲルマニウムはgermaniaだし、イットリウムやイッテルビウムは発見された地域の名前(ytterby)からですネ

ま、ルテニウムやスカンジウム、ルテチウム、ホルミウムにストロンチウム…etcetc

って具合に、地域由来のは多すぎて挙げきれませんネ^^;

んー、生成法や立証試験なんかの詳しいコトは理化学研のHPに載ってますんで割愛しますね~(文章で書くのメンドイし^^;)

うし、前回の宣言通りに植物の写真でも挙げてきますかー

先ず、春になると綺麗な撫子(ナデシコ)でも

普通の丈、オーソドックスな品種ですネ

このコは’ピーチプリンセス’だったカナ…折れた枝を挿しといたら復活した個体だから、記憶が曖昧で(- -;)

上記の通り、案外強いし、綺麗な花ですよね~♪

分枝した元の株はこんな感じですネ

咲き始めは↑のみたいに濃い桃色で、時間経過と共に薄い桃色になって行きますね~

コッチのコは’いがぐり君’ですヨ

名前の通りにトゲトゲした葉っぱを楽しむ品種ですね~

背丈が低いんスけど、這性はあんま無いんでグランドカバーにはキツイかもです;

あ、ちゃんと春には可憐な花を付けますヨ

最近投稿された記事