ブランド:daborobrbMA1/b MA1 ダボロ DBL002001 通販
MA-1

ブランド:daboro MA-1

今回は、足首を柔らかくする方法のご紹介です。足首が固いと、その上の膝関節や股関節、腰にまで負担がかかり痛めてしまう原因にもなります。スポーツ、運動選手、ダンスや舞踏、武道などでも足首を柔らかくすることは、コンディションアップ、怪我の予防にもとても大事です。

足首の柔らかさとは関節だけの問題ではありません。特に足首を動かすアキレス腱と、すねの筋肉(脛骨筋、腓骨筋)の柔軟性が特に大事なので、この部分を柔らかくできる効果的なストレッチを、ご紹介したいと思います。

ど~も恵比寿整体院の内山です。今回は足首ということで、私の実体験からお話しできるコトがあります。

実は私も足首の固さに悩まされていました。20歳の時、アメリカで右足首骨折&脱臼…、腓骨が脱臼で脛骨が完全骨折。ショック状態で病院へ、脱臼を戻す時気絶(笑)、気が付いたら手術が終わっていた…。

そんな甘い青春の思い出があるのですが、当時はスノーボードの選手として活動しており、骨折後その後7,8年は足首の動かなさ、痛みに悩まされていました(若干、手術が適当だったと思っている…)。

ヨガのように呼吸を上手く使ってストレッチを行うと、とても効果的に安全に体を柔らかくすることができます。

足首といえど自律神経の緊張が取れるようにケアしていけば必ず柔らかくなります。

ということで、足首を柔らかくできる腹式呼吸を使ったストレッチを簡単なものを2つ、少し本格的なものを1つご紹介しますので、足首を柔らかくしたい方は是非、実践してみてください。

の最新記事



ブランド:jouetiebrbマウンテンコート/b
ダボロ DBL002001 daboro br /b ブランド:daboro daboro MEN'S b MA1 時頃まで仕事をしたあと、ヤマダと河川敷へ桜の開花具合を見がてらカメラをぶら下げて散歩に出かけた。

ユリカモメが、気持ち良さそうに飛んでいる。

ブランド:DantonbrbDANTON/ダントンダウンプルーフ フードジャケット JD8781/b
MA1 DBL002001 /b ブランド:daboro 通販 b br MA1 と言うと、、、、やはり、春休みの子供向け映画だった。

味噌汁(豆腐・丹波しめじ・あげさん)


の『手術の実際』に掲載されている患部の状態が私のガングリオンとそっくり!!!!!


手術。手術。手術。手術。手術。手術。手術。手術。手術。手術。手術。手術。手術。


でもあのサイトに載ってたヤツよりも少し大きい気がするねんけど。

「ビンビン来るでしょ?ここねー神経とおっとるんですわ~!注射の先でこの神経をやってまう(傷つけてしまうの意味)かもしれんからね~、もうちょっと、大きくなるまで待ちましょ。
昨夜は、ヤマダが確定申告の書類作成に追い込みをかけていたので、布団に入ったのが、WBC日本vsキューバのTV中継が始まった明け方の4時半。

今日は穏やかに教室。同じ日曜日でも、全然ちゃうやんって思うような日曜日もある。今日の教室は組立て組が多く、ややバタバタしたけれど、肉体的な疲れだけで、精神的な疲れがない穏やかな感じだった。

冷蔵庫が空っぽになってきた。ヤバイ~!!


今週は集中力に欠ける日記でスミマセン。

カシワと丹波シメジの炊き込みご飯(明日と兼用)

昨日、木工教室でラーメンやうどんの話をしていたら無性に

新規の方も継続の方もどうぞ宜しくお願いいたします。

2. 9ピンの種類

9ピンにはさまざまな色、材質、長さなどがあります。メーカーによって、若干太さや硬さが違うこともあります。

色はゴールド、シルバー、金古美、白銀、銅など。材質はメッキが主流ですが、ゴールドフィルド、ステンレス製、チタン製のものもあります。経年劣化防止や金属アレルギー対策のためか、ひと昔前と比べると種類が豊富になりました。

基本的に、ひとつのアクセサリーに使う金属の色や材質は揃えた方が見栄えが良くなります。一緒に使用するピン類やカン類などと同じ色の9ピンを選びましょう。
同じビーズを使う場合でも、金属の色で大きく印象が変わります。

 

長さは、長すぎず短すぎない3㎝くらいのものが汎用性が高くておすすめです。

デザイン上、敢えて長い9ピンを使うこともあります。

3. 9ピンはこんなふうに使います

9ピンは一端を自分で丸めて使用するものです。

9ピンを丸めるために必要な工具はこちら。


上から時計回りに ニッパー、平ヤットコ、丸ヤットコ です。

9ピンを加工していきましょう。

※工程の写真に写っている手は右利きです
1.

9ピンにビーズを通します。

2.

ビーズの根元ぎりぎりのところで、直角(90度以上)にピンを曲げます。平ヤットコを使うと曲げやすいです。

グラスビーズやスワロフスキーエレメントなどは、曲げるときに欠けやすいので注意が必要です。