ブランド:SEVESKIGbrbSEVESKIG LIGHT QUILT WARM M51/b 通販 ability SEVESKIG
SEVESKIG LIGHT QUILT WARM M-51

ブランド:SEVESKIG SEVESKIG LIGHT QUILT WARM M-51

今回は、足首を柔らかくする方法のご紹介です。足首が固いと、その上の膝関節や股関節、腰にまで負担がかかり痛めてしまう原因にもなります。スポーツ、運動選手、ダンスや舞踏、武道などでも足首を柔らかくすることは、コンディションアップ、怪我の予防にもとても大事です。

足首の柔らかさとは関節だけの問題ではありません。特に足首を動かすアキレス腱と、すねの筋肉(脛骨筋、腓骨筋)の柔軟性が特に大事なので、この部分を柔らかくできる効果的なストレッチを、ご紹介したいと思います。

ど~も恵比寿整体院の内山です。今回は足首ということで、私の実体験からお話しできるコトがあります。

実は私も足首の固さに悩まされていました。20歳の時、アメリカで右足首骨折&脱臼…、腓骨が脱臼で脛骨が完全骨折。ショック状態で病院へ、脱臼を戻す時気絶(笑)、気が付いたら手術が終わっていた…。

そんな甘い青春の思い出があるのですが、当時はスノーボードの選手として活動しており、骨折後その後7,8年は足首の動かなさ、痛みに悩まされていました(若干、手術が適当だったと思っている…)。

ヨガのように呼吸を上手く使ってストレッチを行うと、とても効果的に安全に体を柔らかくすることができます。

足首といえど自律神経の緊張が取れるようにケアしていけば必ず柔らかくなります。

ということで、足首を柔らかくできる腹式呼吸を使ったストレッチを簡単なものを2つ、少し本格的なものを1つご紹介しますので、足首を柔らかくしたい方は是非、実践してみてください。

の最新記事

スクワットの正しいフォーム

まずは何の負荷もかけない基本的なスクワットのやり方について紹介したいと思います。

まず足を肩幅程度に広げます、足は前を向いたままでOKです。背筋はピンと伸ばしたままです。

そのまま足を曲げて降りていきます。

この際に椅子に座るように足を曲げていきましょう。膝を直角に曲げてて、膝が爪先より前に突きでないようにします。

足首から膝までを直立させたままお尻を下に下げる形になります。そうしようとすると必然上半身は前に倒さなくてはいけません。

お尻を下げて上半身をちょっと前に倒し、手も前に出すと非常にやりやすいです。この際に膝が前に突き出ていると、膝に負担が集中して膝を痛めてしまいます。

一番低い位置で太ももが地面と平行になったら上に戻るようにしましょう。

お尻を後ろに突き出して、手を前に伸ばすとやりやすいと思います。最初のうちはちゃんと下を見て膝が爪先より前に出ていないか確認するとやりやすいです。

正しいフォームを動画でチェック

動画でも紹介している方がいたので、チェックしてみてください。

 

一番大事なのは背筋を伸ばしたままやるってことです。背筋を丸めてはいけません、腰を痛めてしまいます。

ですが膝の所も注意して下さい。子供の頃に適当に教えられたフォームだと、膝がよくつま先より前に突き出ている事が多いです。自分で横を向いて鏡を見ながらチェックすると最もわかりやすいと思います。

ブランド:NIXONbrbTHE BULLET CHRONO/b
/b WARM b ブランド:SEVESKIG QUILT ability M51 LIGHT SEVESKIG 通販 br セブシグ SEVESKIG

バッファロー BUFFALObr/VRS1000 [ルーター]
通販 LIGHT b SEVESKIG M51 SEVESKIG QUILT /b ability ブランド:SEVESKIG br WARM



アートスポーツで何か面白い商品無いかなぁ、と物色していたところ面白そうな商品を発見しました。
一目瞭然の店頭什器を見ればすぐに「これは使えそう!」と視覚的にアピールしてきます。黒いマネキンの左は汗が目に入りまくりです。目に入りやすいような特注のマネキンなのかも知れませんが、私自身が汗が目に入ってくる悩みを感じていたので、瞬間的に「買おう!」となりレジに直行しておりました・・・。
HALOの機能は大きく2つに分けられるシンプルなものです。
吸汗速乾性に優れ ブランド:ABAHOUSEbrbセットアップ対応ストレッチワッフルジャケット/b
WARM セブシグ ability b LIGHT ブランド:SEVESKIG QUILT br SEVESKIG M51 /b SEVESKIG 材なので、汗を素早く吸収し、乾燥させる素材のヘッドバンドです。
銀イオン加工による殺菌効果もあるので、汗の臭いも防ぎます。
吸汗速乾素材に加えて、黄色のタイトシールが汗から目を守ってくれます。「スウェットブロック・シール」というもので、汗を左右に逃がしてくれますので目に落ちてくるようなことはありません。下の写真のようにヘッドバンドの内側にあり、素材はとてもソフトですので着用時の違和感やストレスは全くありません。
HALOを着用することで得られるメリットを整理します。
秋冬のマラソン大会などでも、暑くて水をかぶったりする事もあるでしょう。汗だけでなくそういった場合でも役に立ってくれるはずです。ヘッドバンドはジャストフィット。ランニングやサイクリングのみならず、様々なスポーツに使えるのではないでしょうか?気持ちも締まった感じになってオススメのアイテムですよ!
サンバイザータイプもあるようです。私は使ったことがありませんが、機能としては同様ですので、好みで使ってみても良いのではないでしょうか?