)をやろうと妻に誘われ、隣接の「東京ドームローラースケートアリーナ」にて初挑戦!

を送ろう、というのが、この記事のテーマであります。

おばさんたちよ、 ハングリー精神をありがとう!

ブランド:Y3brbW FORCE SKIRT/b
b 89666 Kaitum FJALLRAVEN/フェールラーベン Fleece FJALLRAVEN 通販 br RAVEN /b ブランド:FJALL 5000円くらいのものだったからか、にあります。ところが安物のハードブーツは足首がまったく曲がりません。痛いから。

のようなやつ。ハイカットのスニーカーの足裏に車輪が着いているイメージです。

タイプ特徴ハード【利点】価格が安い。

【欠点】重たい。フィットしにくい。動きにくい。足が痛い。長時間履くと疲れる。ソフト【利点】軽い。フィットする。動きやすい。長時間履いても疲れにくい。上達が早い。

です。リストガードをしていれば、ぼくのような手首のねんざを防げます。プラスチックのガード部分が、手のひらをおおうように装着します。

大人も子どももヘルメットはしたほうがいい

を置き、足首をしっかり曲げて、ゆっくり立ちあります。

ひざと足首をぐっと曲げて、ブーツの前方に体重をあずける感じ

足首が十分に曲がっていないと、イラスト左側のようになります。腰が引けてしまっています。

両方のひざをつく。手をパーにして、手のひらを地面につく。腹筋に力を入れて、ひじを地面につく。

という順番で転びます。この動画も見ておきましょう。動画のなかの人はひじを使っていませんけれど、ひじも上手に使い、

でやるとグー。まず、基本姿勢(ひざと足首を十分に曲げて、腰を落とす)をキープ。両手を前に突きだし、ブーツを

その足に体重を乗せ、もう片方の足を前に踏みだす。この繰り返しです。

、といいます。こうすると不思議なくらい滑りません。

歩けるようになったら、いよいよ滑ってみましょう。ポイントは次のとおり。

この動画見るとモチベーション、あがりまっす!

普通のブーツ(フィットネスタイプ)ではこんなこと不可能