EdSurgeのアダプティブラーニングサービスに対する「第三者の目」

たとえば弊社・EdSurgeは、エドテック市場の研究をスポンサー企業と組んで行っています(貴重な収入源です)。もちろん、 ブランド:TORNADO MARTbrbTORNADO MART∴ナバホスキニーデニム/b
MONSIEUR TEDDY b br LACENAIRE / /b EDIFICE 通販 ブランド:MONSIEUR気を配っています。

ブランド:Daniel WellingtonbrbDANIEL WELLINGTON / CLASSIC BLACK コーンウォール/シルバー 36mm/b
も行っていて、それによると、アダプティブラーニング教材には三種類のタイプがあると判明しました。

  1. 生徒の習熟度を把握し、生徒に役に立つヒントや資料を提示するタイプ
  2. 生徒の習熟度を把握し、生徒に最も適したドリル問題を提示するタイプ
  3. 生徒の習熟度を把握し、生徒ごとに別々のカリキュラムを提示するタイプ

アダプティブラーニングのサービスはどれも一長一短で、たとえば生徒の習熟度に適したドリル問題を提示してくれるものの、生徒が詰まったときに出てくるヒントは分かりにくかったりすることもあります。それぞれのサービスの強みと弱みを弊社が調べてみた結果、以下のような結論に至りました

それでも「選択肢が多すぎ」問題はまだ残る

繰り返しになりますが、エドテックが広まるためには、良質な教育系メディアや研究機関が、「この教材はこういう教室・先生向けで、こういう点に長けていて、こういう点は苦手」ということを調べ、学校側に伝えていかなければなりません。でなければ、「選択肢が多すぎ」問題の負の面が業界に蔓延してしまいます。

ただ、良質な判断材料が増えたとしても、「選択肢が多すぎ」問題は完全には解決できません。よって次回では、もう一歩踏み込んだ「選択肢が多すぎ」問題の解決方法を紹介したいと思います。ぜひ、併せてお読みください。

ブランド:45Rbrbカルゼヒッコリープルメリア刺繍コート/b