ブランド:rovtskibrbヘリンボーンフードブルゾン/b rovtski 通販 7V16042604 ブルゾン
ヘリンボーンフードブルゾン

ブランド:rovtski ヘリンボーンフードブルゾン

今回は、足首を柔らかくする方法のご紹介です。足首が固いと、その上の膝関節や股関節、腰にまで負担がかかり痛めてしまう原因にもなります。スポーツ、運動選手、ダンスや舞踏、武道などでも足首を柔らかくすることは、コンディションアップ、怪我の予防にもとても大事です。

足首の柔らかさとは関節だけの問題ではありません。特に足首を動かすアキレス腱と、すねの筋肉(脛骨筋、腓骨筋)の柔軟性が特に大事なので、この部分を柔らかくできる効果的なストレッチを、ご紹介したいと思います。

ど~も恵比寿整体院の内山です。今回は足首ということで、私の実体験からお話しできるコトがあります。

実は私も足首の固さに悩まされていました。20歳の時、アメリカで右足首骨折&脱臼…、腓骨が脱臼で脛骨が完全骨折。ショック状態で病院へ、脱臼を戻す時気絶(笑)、気が付いたら手術が終わっていた…。

そんな甘い青春の思い出があるのですが、当時はスノーボードの選手として活動しており、骨折後その後7,8年は足首の動かなさ、痛みに悩まされていました(若干、手術が適当だったと思っている…)。

ヨガのように呼吸を上手く使ってストレッチを行うと、とても効果的に安全に体を柔らかくすることができます。

足首といえど自律神経の緊張が取れるようにケアしていけば必ず柔らかくなります。

ということで、足首を柔らかくできる腹式呼吸を使ったストレッチを簡単なものを2つ、少し本格的なものを1つご紹介しますので、足首を柔らかくしたい方は是非、実践してみてください。

の最新記事


来年の予想など、現実性のないことをからかっていう表現は「〇が笑う」?→おに(鬼)

ライターの山本由美子が広めた「スモハラ」とは「〇〇〇〇ハラスメント」の略?→スモーク


落語の演目にもなっている江戸時代、奉公人(ほうこうにん)が正月と盆に休みをとって実家に帰ることを何という?→やぶいり(薮入り)
[奉公人:他人の家に雇われてその家事・家業に従事する者]
ラジオやテレビの放送を録画して楽しむことを「〇〇チェック」という?→エア

ラムをベースにしたカクテルで「究極の」「もう後がない」という意味の名を持つのは〇〇〇?→XYZ


[リコー:日本の事務機器、光学機器などの製造を行っているメーカー。東京都中央区銀座]
リストラのことを、体の一部に例えて「〇たたき」という?→かた(肩)
→太陽暦で8月の初旬に当たるのは〇〇?→りっしゅう(立秋)

略称「CZ」で表されるダイヤモンドに似た宝石はキュービック・〇〇〇〇〇?→ジルコニア


[CZ:cubic zirconia][屈折率がダイヤモンドに近く、硬度もコランダム ほどあるいわゆる人工石]
略称を「TGC」という日本最大規模のファッションイベントは、東京〇〇〇〇コレクション?→ガールズ
リュウキンの突然変異によって生まれたとされる金魚はオランダ〇〇〇〇〇?→シシガシラ
両者の意見などがいつまでも対立した状態をいった言 ブランド:WACKO MARIAbrbペイズリーマウンテンパーカー/b
どる」?→へいこう(平行)

料理で小麦粉などの粉類を溶く時溶けきらずに残ってしまったかたまりを〇〇という?→ダマ


料理の「クロックムッシュ」に目玉焼きをのせたものを「クロック〇〇〇」という?→マダム
[クロックムッシュ:フランスを発祥の地とするトーストの一種]

料理の用語で、「カップ1杯の水」といえば普通〇〇〇ccのこと?→200
『レガリーナ』というブランドも展開している女性メイクアップアーティストは藤原〇〇〇?→みちこ(美智子)

レストランなどで活躍する菓子職人は「〇〇〇〇〇」という?→パティシエ


[イソ弁:居候の弁護士の略。仕事を覚えるために法律事務所に雇われて働く新人の弁護士。時期を見て独立する]
六曜(ろくよう)のうち、一般的に何をしても吉となる日は〇〇?→たいあん(大安)

→一般的に何をしても凶となる日は〇〇?→ぶつめつ(仏滅)


ナ:ちょうど新曲の話になったので聞きますが、今までのタイトルが「●才のリアル」という『リアルシリーズ』で続いていましたが、今回は「信条」というタイトルにした理由と、曲に込めた想いも教えてください。

けーご:そーですね~、「夢と現実の狭間」で「過去と現在の狭間」に生きている上で、過去振り返ってあんなことやったな、と思うこともあれば、あれやんなきゃよかったな、と思ったりとか、未来は俺、どうなってるのかな、とか、将来はこういうことやりたいなとか、そんないろんなことを思う全部が現在なんだよ、というリリックを書きたくて、それで僕が「心情」といういうタイトルをつけようかなと話して、同じ心情でもいくつか意味があって、この「信条」という漢字と意味が面白くてタイトルを付けました。

ナ:「今まで見てきたもの、磨いたもの」「青二才でちょうどいい」という歌詞が、今の等身大の自分をそのまま受け入れて、肩の力が抜けているというか、「14才のリアル」では期待に押しつぶされそうだったのがまた変化して、気持ちの軽さを感じました。

けーご:ヒップホップってフェイクだったらバレるし、自分自身を語ってないとうまくいかない。だからヒップホップはリアルだと思うし、自分はこれからもずっとそういうヒップホップをやっていきたいですね。

ナ:リアルだからやっていきたい?

けーご:そうですね。

ナ:ちなみに、好きな食べ物はなに?最近はまっている食べ物とか。

けーご:え~なんだろ。肉は好きですね。あとは・・・友達と食うコンビニ弁当が好きですかね。友達と食うおにぎりがうまく感じますね。飯食う時も一緒にいれる人ってでけーなって思うんですよね。俺はどちらかというと、安いものでも、友達と一緒に食うのがいいですね。

ナ:いい話になっちゃったね。笑 じゃ、最近読んだ本とか映画で感動したものとかある?

けーご:「チアダン」感動しました。サブタイトルに「〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜」って書いてあって、そこまでオチが分かってるのにどこで感動できんだよ!と思ってたのに・・・。感動しましたね~。自分でもびっくりしました。あとアルマゲドンめっちゃ好きですね。10回くらい見てますね。すごい泣きました。トイストーリーとモンスターズインクもめっちゃ好きですね。映画は昔から好きなんですよね~。あとお笑いも好きですよ、ゴッドタンとか・・・。

ナ:それデビュー早いね。

けーご:ゴッドタンで芸人が歌を作る、って企画があって、一緒にやってましたね。俺歌めちゃめちゃ好きで、歌手になりたかったんですけど、替え歌とか作ってたんですよね。今思えばそれが始まりだったのかもしれないっすね。