ブランド:SHIPSbrbBARACUTAバラクータ SHIPS別注 G9/b 114050079 SHIPS 通販 シップス ブルゾン
BARACUTA(バラクータ): SHIPS別注 G-9

ブランド:SHIPS BARACUTA(バラクータ): SHIPS別注 G-9

サービス利用記第二弾は、なんとトヨタの水素カー「 ブランド:TRIWAbrbTRIWA / トリワ Watch LCST113SC010215/b
br BARACUTA バラクータ b ブランド:SHIPS ブルゾン /b SHIPS別注 セール G9 SHIPS」。アメリカで開催されている「Poptech」というイベントに参加したのですが、そこのスポンサーの1社がトヨタで、参加者向けにミライを披露かつ試乗させてくれるというPRををやっていました。これは乗るしか無いということで乗ってみました。

折しも2015年10月21日はバック・トゥ・ザ・フューチャーの日ということで、トヨタもそれに合わせた ブランド:Daniel PatrickbrbKNOMADIK BY DANIEL PATRICKノマディックバイダニエルパトリック PK/b
を配信していました。

ミライはまさにこれに出てくるクルマです。

じゃん!

後部、ナンバープレートの左下にMIRAIとあります。見た目は普通の車と特に変わらない。

ボンネットを開けるとこんな感じ。フロントガラスよりの真ん中にある銀色のハコが水素エンジンです。同行した車に詳しいメンバーにによると、構造は通常の車とあまり変わらないが、ガソリン車に比べて熱が出ないので熱処理系の機構がないとのこと。

カーナビの画面がこんな感じ。ちょっと見にくいですが、左側のバーに「APPS」というタブがあって、音楽、電話、地図、など色々なアプリを起動できるようになっています。ここのエリアはサードパーティにも開放する・・・と同行してくれたトヨタの人が言ってました。ちなみにOSなどはトヨタオリジナルだとのこと。ただ明らかにそういう方面に詳しい感じの人ではなかったので違うかも^^;

Sprocket的には気になる部分ではあります。Sprocketからの配信先チャネルの1つにこのパネルが加わる、ということも十分あり得ます。

てことで運転出発!Poptech会場周辺を1周する感じで、およそ5分位の運転です。

 あわせて読みたい



熊本市の西部。谷尾崎から南のあたりには大きな池があったそうです。

小6の時に見た大河「徳川家康」は、まだ教科書レベルだった気がします。

大振りに見えますが、これで軽量な兜なのだそうです。桃形(ももなり)と言う兜本体の形は、西洋兜の影響があるそうです。

九州の戦国大名に光を当てている点では、見ごたえもあり地元の英雄?を知るいい機会であったとおもいます。

その紹介はパネルで紹介されています。国博研究員が実際にその島に行って調べている様子も記載。現地の言い伝えを拾っています。実地調査、フィールドワークというのは大事ですねえ。なかなか興味深いです。
北の高句麗は相次ぐ外寇(隋の煬帝による高句麗遠征)により疲弊してました。一方の隋は無理な外征などが祟って滅亡。代わって唐が建国。
二つの国に共通するのは仏教を厚く保護していたこと。
故国の、古代日本に寄せる想いに同 ブランド:fig LondonbrbCHINOsten CO/b
その盛衰にもののあわれを誘うのか、我ながら良くわかりません。
働いている人も、思いっきり休んだ人も、今年は良い年にしたいですね。


九州自動車道の大宰府ICまではすごく順調。しかし!インターを出ていつもの大宰府政庁跡前の通りに出ると、ザ・渋滞。
9時ちょい過ぎに ブランド:juhabrbjuha NOCOLLAR JACKETCASHMERE WOOL/b
/b G9 バラクータ シップス セール BARACUTA 114050079 ブルゾン b ブランド:SHIPS 通販 br SHIPS別注 過ぎましたが、この時間帯の大宰府はけっこう大き目の雪が降ってました。

開場時刻直後なので、駐車場はまばらですね。もしくは、こんな日に来る人は滅多に居ないのか。

もちろん古代にはまだそんな技術はなかったでしょう。この刀は百済から倭国(日本)に送られたものではないか、と言われています。

トルコへの旅行を考えてた時期があってこんな記事を作っていました。

今までにも何度か紹介していますが、源氏物語とその絵巻には関心がありまして、諏訪湖のサンリツ服部美術館とか、国博でも以前展示があったものを見に来ています。
いきなり正面に水牛角の兜で威圧している甲冑がありました。

という花入れ、まあ花瓶ですな。があります。

実は正直、(こんなものなのかー)と内心思っちゃいました。

トヨタ愛好家の反応

最後に「トヨタ」という掲示板を見てみましょう。名前の通りトヨタ愛好家が集まる掲示板です。

『トランプ、トヨタを「大型輸入関税」で脅す。 i.imgur.com』

(Mさん)みんな落ち着いてくれよ。収拾がつかなくなったらこのトピックを閉鎖しなきゃならないよ。

(Nさん)トヨタの代わりに弁護士はこう言うだろうね「あっそう、…って、だまされた!」いいねえ。

(Oさん)トヨタはこう言うさ「うるせえ!俺は好きなようにやるぜ

まとめと感想

掲示板ごとに特徴が見事に表れていて私自身楽しめました。意図的にコメントを選んだわけではなく、一番支持が集まっているコメントから抜粋したことを申し添えておきます。

各掲示板を横断的にまとめると ①トヨタはアメリカの会社じゃないんだから好きにさせろ(そもそもトランプはそれがわかっているのか)②トランプもっとやれ 、の二つに分かれていると思います。また、「コストアップした分は消費者にしわ寄せが来るのか」という警戒感も目立ちました。

「もっとやれ」派はトヨタや日本を目の敵にしているわけではなく、ただトランプのやることには全て賛成という論調なので、日本人はそれほど気にする必要は無いと思います(?)。

多くのアメリカ人、というより世界中の人たちが気にしているのは、いつまでトランプがツイッターを続けるのか、そしてまわりの人間はトランプのツイッターをチェックしていないのか?あるいは誰も止めないのか?ということだと思います。

今回ご紹介したアメリカ人の反応の中には「トランプの戦略的ツィート」と持ち上げている意見もありましたが、トヨタ株を下落させたのも戦略の一部だったとしたら恐ろしいことです。