1−5.最も高性能なiPhone

iPhone 7の中心にあるのはA10チップと呼ばれる最新のプロセッサーです。
これはiPhone 6sに搭載されているものからさらに進化した最新のチップ。
iPhone 7は、スマートフォンに搭載されたものの中で最もパワフルなチップを持っています。アップルはこれをターボチャージャーを積んだようと例えています。iPhone 7は過去のどんなiPhoneよりも速いだけでなく、効率も向上しています。その理由は、A10 Fusionチップの新しいアーキテクチャが必要な時に一段と速い処理能力を発揮し、それ以外の時には電力をセーブできるようにするからだそうです。バッテリーの駆動時間もiPhone史上最も長くなったので、iPhone 6の2倍のスピードで作業をこなしながら、次の充電までの時間にさらなる余裕が生まれます。すべてがパワーアップしたものがiPhone7といえます。

1−6.iOS10に最適化

当然ですが、iPhone7は最新OSである iOS10に最適化 した端末です。
iPhoneの場合、OSが上がりアップデートすることで旧端末に不具合を起こしたり、パフォーマンスの低下を招くことがあります。
そういった意味では最新であるiOS10にもっとも適しているのは、iPhone7といえるでしょう。
この親和性はスペック以上に快適な操作性をもたらします。

このiPhone7の辛口レビューの記事を読んでiPhone7の購入を考えるなら、

< 次へ続きます="">>

最近の投稿