ブランド:45Rbrbリネンジャケット/b 45R Lady's 通販 45R 7031055
リネンジャケット

ブランド:45R リネンジャケット

今回は、足首を柔らかくする方法のご紹介です。足首が固いと、その上の膝関節や股関節、腰にまで負担がかかり痛めてしまう原因にもなります。スポーツ、運動選手、ダンスや舞踏、武道などでも足首を柔らかくすることは、コンディションアップ、怪我の予防にもとても大事です。

足首の柔らかさとは関節だけの問題ではありません。特に足首を動かすアキレス腱と、すねの筋肉(脛骨筋、腓骨筋)の柔軟性が特に大事なので、この部分を柔らかくできる効果的なストレッチを、ご紹介したいと思います。

ど~も恵比寿整体院の内山です。今回は足首ということで、私の実体験からお話しできるコトがあります。

実は私も足首の固さに悩まされていました。20歳の時、アメリカで右足首骨折&脱臼…、腓骨が脱臼で脛骨が完全骨折。ショック状態で病院へ、脱臼を戻す時気絶(笑)、気が付いたら手術が終わっていた…。

そんな甘い青春の思い出があるのですが、当時はスノーボードの選手として活動しており、骨折後その後7,8年は足首の動かなさ、痛みに悩まされていました(若干、手術が適当だったと思っている…)。

ヨガのように呼吸を上手く使ってストレッチを行うと、とても効果的に安全に体を柔らかくすることができます。

足首といえど自律神経の緊張が取れるようにケアしていけば必ず柔らかくなります。

ということで、足首を柔らかくできる腹式呼吸を使ったストレッチを簡単なものを2つ、少し本格的なものを1つご紹介しますので、足首を柔らかくしたい方は是非、実践してみてください。

の最新記事

この前ひさびさにヨドバシカメラにあるセルフ印刷機で、白フチなしの「Lサイズ」印刷しようとしたら、思った以上に写真がカットされた”やさく”です。

忘れていましたよ。アスペクト比。

もう「ぐぬぬ」は嫌なのでココに最適なプリントサイズをまとめてみました。

そもそもアスペクト比って?

簡単に言うと「 写真の縦横(短辺と長辺)の比率 」です。

一眼レフ、コンデジ、スマフォ、撮るカメラによって、写真の大きさが違いますよね?
また、デジカメで動画を撮ろうとすると「ギュッ」と画面の上下がつぶされた感じになった経験はありませんか?

それです。

写真や動画は、撮る機材やモードによって撮れる画の縦横比が違います。
デジカメなどの動画モードですると、カメラがアスペクト比を動画で主流の16:9に変えているから見え方が変わります。

今回は、今主流の一眼レフ、コンデジ、スマフォにしぼって、おすすめのアスペクト比を検証します。

関連記事

ブランド:AKIRA NAKAbrbAKIRA NAKA Ullaドルマントップス/b

ブランド:I Love Mr MittensbrbI Love MrMittens DIAMONDボンバーニットジャケット/b

ブランド:SHIROMAbrbSHIROMA ノーカラーファージャケット/b



ホタルノヒカリ Bluray BOX [Bluray Disc]
br リネンジャケット ブランド:45R 45R Lady's 通販 /b 45R b 根山山系と東の真道山山系に囲まれたすり鉢状地形の中にあり、島内ではもっとも雨水集水量に恵まれた土地です。
高下地区を流れ下る川を高下川(こうげ)と呼びますが、高下から下流の高田地区に流れ込むあたりからは二谷川(にたに)と別名で呼ばれます。
麓川(ふもと)は支流の見浪川(みなみ)と合流し、さらに下って大後川(おおご)とも合流して江田島湾へと注ぎます。
迫田川(さこた)の下流は農地の灌漑用水路となって枝分かれし、砂漠に注ぐワジのように地図上から消えています。
胡川(えべす)は最下流部の10mが、なぜか?水の元川(みずのもと)と別名で呼ばれています。
昭和後期のころまでは、さらに上流へ1kmくらいまで水路が整備されており、その両脇には棚田が延々と続いていましたが、今は草木に覆われてしまい立ち入ることもできなくなりました。
近年になり下水道も整備され、川の水質は格段に向上しましたが、農業用水としての利用はほとんどなくなり、たださらさらと流れ下るのみ・・・(^_^;)です。
よその地区にも似た状況はありますが、特に中町地区においては、川の流れに沿って生活道路兼農道が並走し、さらに家並みがそれに沿って上流へと、三位一体の平行線なって続く特徴があります。
人家と道路とが川の両岸を挟み、堤防を兼ね備えます。
多くの人家の土台がそのまま川の堤防となっています。
左から家並み、道路、川、田んぼ・・・(*^。^*)です。
大後川中流部、家並み、道路、川、田んぼ・・・(*^。^*)です。
他の地区に比べ共同井戸は少ないのですが、川から離れた高台には井戸が掘られており、お屋敷内にはそれぞれに自前の井戸があります。
中町保育園のセンダンの大木の元、花崗岩の巨石を枡に組んだ井戸が残ります。
水に恵まれているとはいえ、川から離れた高台には簡単に水を引くことはできません。
屋根に降った雨水を溜める専用?の大かめです。
なぜか?雨水の注ぎ口と思える部分に、菊の花が活けてあります・・・(*^。^*)です。
川のすぐ近くにある、もとは田んぼだったろうと思える空地です。
田んぼの真ん中に、わざわざに井戸を掘る必要は無いように思えますが、渇水期の用水は皆の取り合いとなり、当地の小さな川ではたちまちに干上がってしまうことでしょう。
そうなった場合に備えての、自家用の灌漑井戸?だろうと・・・(^_^;)思います。