ブランド:AIGLEbrb撥水加工 ライトジャック ジャケット/b ZBHG071 通販 エーグル AIGLE
撥水加工 ライトジャック ジャケット

ブランド:AIGLE 撥水加工 ライトジャック ジャケット

サービス利用記第二弾は、なんとトヨタの水素カー「 ブランド:LITHIUM HOMMEbrbSUPER 140S MELTON HALF PEA COAT/b
」。アメリカで開催されている「Poptech」というイベントに参加したのですが、そこのスポンサーの1社がトヨタで、参加者向けにミライを披露かつ試乗させてくれるというPRををやっていました。これは乗るしか無いということで乗ってみました。

折しも2015年10月21日はバック・トゥ・ザ・フューチャーの日ということで、トヨタもそれに合わせた ブランド:allurevillebrbサップVカラーコート/b
b /b AIGLE 通販 br エーグル ジャケット ライトジャック ZBHG071 撥水加工 ブランド:AIGLEを配信していました。

ミライはまさにこれに出てくるクルマです。

じゃん!

後部、ナンバープレートの左下にMIRAIとあります。見た目は普通の車と特に変わらない。

ボンネットを開けるとこんな感じ。フロントガラスよりの真ん中にある銀色のハコが水素エンジンです。同行した車に詳しいメンバーにによると、構造は通常の車とあまり変わらないが、ガソリン車に比べて熱が出ないので熱処理系の機構がないとのこと。

カーナビの画面がこんな感じ。ちょっと見にくいですが、左側のバーに「APPS」というタブがあって、音楽、電話、地図、など色々なアプリを起動できるようになっています。ここのエリアはサードパーティにも開放する・・・と同行してくれたトヨタの人が言ってました。ちなみにOSなどはトヨタオリジナルだとのこと。ただ明らかにそういう方面に詳しい感じの人ではなかったので違うかも^^;

Sprocket的には気になる部分ではあります。Sprocketからの配信先チャネルの1つにこのパネルが加わる、ということも十分あり得ます。

てことで運転出発!Poptech会場周辺を1周する感じで、およそ5分位の運転です。

 あわせて読みたい


【2014年12月28日(日)】仙元山
この日は、午後5時半から埼玉県蕨市で娘の卒業記念ライブがあったので、それに間に合うよう、近場の超低山にした。
嵐山町の大平山から小川町の仙元山までの縦走。標高は300mに満たないが、「登った山」の数だけは稼げる。
本川越駅から川越市駅に移動。川越市駅前のコンビニで朝食のおにぎりと昼食のパンを調達した。
嵐山町の市街地を抜け、国道254号を渡って、菅谷城跡の横を抜ける。

かなり冷え込んでおり、なかなか手が温まらない。


山麓に至ると、四辻に大正八年建立の「道しるべ」があった。
この場所から、主要な行き先への距離が書いてある。
当時この地方の人が兵役に服する場合、入営先は「第十四師団」だったらしい。

ここは江戸時代に高札が置かれた場所で、すぐ後ろには馬頭観音のほか、地蔵尊、元亨三年(1323年)銘のある板碑もあった。


木の間から、嵐山町の市街地を見下ろせる。
嵐山町の町名は「嵐山渓谷」に由来するが、その景勝の地がここなのである。
「槻の川 赤柄の傘を さす私 立ち並びたる 山のしののめ」
紅葉の季節であれば、もっときれいなのかもしれない。
この道は古くからの街道だったらしく、沿道には石仏や石碑が多い。

ちょっと、寄り道して鎌形八幡神社に参拝する。


この神社は、坂上田村麻呂が平安時代初期に九州の宇佐八幡を勧請したのが始まりとされ、頼朝や尼御前の信仰が篤かったらしい。

さてきびすを返して、「登山地図」にはコースの表記がなかった正山(165m)に向かう。
登山道というか頂 ブランド:agnes bbrbJR81 BLOUSON/b
車が走れるような道。
途中、地元の人が何かの採集に入っていたが、こちらが咎められるようなことはなかった。
なんか私有地のような雰囲気なので、ちょっとドキドキしていたのだ。
頂上はスズタケが刈り払われているだけで展望は全くなかったが、山名板があって感激した。
さっき見た嵐山渓谷を対岸から見る形になる。
このあたりが小倉城跡への入口のはずだが、道が2本ある。

やはり地元の人が言うことに間違いはない。


かなりの数の樹木が伐採され、全容が把握しやすいようにされている。

曇り一時雨

明日は午前中までやや降水確率が高く、

一日中雲が多く不安定な空模様になるそうですー。

カッパや傘のご準備はお忘れなくっ♪

では本題です。

昨日前編をご紹介した、

シグナスZのファンカバーとファンを交換してみよう!

ですが、今日は後編となります。

前編は以下のリンクよりご覧いただけます。

さて、前回までは確か

粉々になったファンとファンカバーをご紹介した所まででしたね。

今日はこの続きをご紹介します。

ファンカバーなんですけどね、

表から見える部分は楽チンポンと簡単にボルトを取り外せますが、

1本だけ物凄い場所にボルトがあります。

当初お手伝いさんは、あまりの汚れで見落としていたようですが

何とか途中で見つけてくれました。

ここの部分ですね。

そうなんです。

マニーホールドの直下にファンカバーのボルトが1本隠れています。

表からはサイドカウルが邪魔して見えにくい部分です。

このボルトを取り外すと、バキバキに割れたファンカバーは

楽に取り外すことが出来ます。

これが取り外したファンカバーですね。

これぐらいバキバキに割れてると、取り外しも簡単ですが

取り付ける時の方が相当メンドウです・・・。

んでこの古いファンカバーから、各種ラバー部品を取り外して

新しいファンカバーに移植します。