ブランド:DIESELbrbX04217PR520/b DIESEL バッグ X04217PR520
X04217PR520

ブランド:DIESEL X04217PR520

サービス利用記第二弾は、なんとトヨタの水素カー「 ブランド:Vivienne Westwood MANbrbCONTRAST COLORKEY CASE269115 SW0301/b
」。アメリカで開催されている「Poptech」というイベントに参加したのですが、そこのスポンサーの1社がトヨタで、参加者向けにミライを披露かつ試乗させてくれるというPRををやっていました。これは乗るしか無いということで乗ってみました。

折しも2015年10月21日はバック・トゥ・ザ・フューチャーの日ということで、トヨタもそれに合わせた TRAKTOR KONTROL X1 mk2 DJコントローラー
を配信していました。

ミライはまさにこれに出てくるクルマです。

じゃん!

後部、ナンバープレートの左下にMIRAIとあります。見た目は普通の車と特に変わらない。

ボンネットを開けるとこんな感じ。フロントガラスよりの真ん中にある銀色のハコが水素エンジンです。同行した車に詳しいメンバーにによると、構造は通常の車とあまり変わらないが、ガソリン車に比べて熱が出ないので熱処理系の機構がないとのこと。

カーナビの画面がこんな感じ。ちょっと見にくいですが、左側のバーに「APPS」というタブがあって、音楽、電話、地図、など色々なアプリを起動できるようになっています。ここのエリアはサードパーティにも開放する・・・と同行してくれたトヨタの人が言ってました。ちなみにOSなどはトヨタオリジナルだとのこと。ただ明らかにそういう方面に詳しい感じの人ではなかったので違うかも^^;

Sprocket的には気になる部分ではあります。Sprocketからの配信先チャネルの1つにこのパネルが加わる、ということも十分あり得ます。

てことで運転出発!Poptech会場周辺を1周する感じで、およそ5分位の運転です。

 あわせて読みたい

昔からの機械、例えばNEC PC-9801RAとか、Sun SPARC Stationとか、SGI Indy/Indigo2とかを今でも使おうとするとネックになってくるのがハードディスク。

50ピンのSCSI HDDを使用していると、壊れるともう換えが無い。
これが、PowerBookや(音楽業界の)サンプラーなどで使われていた2.5インチSCSI HDDとなると、もともと数が少ないのでさらに入手が困難。

上記の写真は2016年5月リリースのV6ボードらしい。
そしてV5は下記写真

この他に、PowerBook用として、2.5インチ向けのSCSI2SD v4.1、というのもある。

V4.1とV5の機能差はあまりない模様
V6は、大きく違いがある

V5,V6共通点
・ターミネータあり
・複数デバイスをエミュレート
・セクタサイズは64バイト~8Kバイト
・FirmwareアップデートやSCSI ID設定などの設定変更はUSB経由で実施

V6で変わった点
・V5はmicroSD、V6はフルサイズSD
・V5までは4デバイス、V6は7デバイスをエミュレート
・V6の方が高速アクセス(10MB/sの同期転送サポート)。V5までは2.3MB/sぐらい
・USB経由でPCとデータやりとりすることもできるが、遅い。1.2MB/s
・ノイズに強い
・内蔵ターミネータがソフトウェア設定でon/offできるようになった。
(V5では物理的なターミネータを取り外してoffにする)
・電源コネクターが3.5インチフロッピーと同形状に変更

最近の投稿



タイトル: 液晶パネルのカルテル疑惑:米国の逆襲か
が、韓国では広がっているようです。日本では、シャープ、東芝松下ディスプレイ・テクノ

ロジー、日立ディスプレイ、日立・東芝・松下合弁のIPSアルファ・テクノロジーなど日本勢、
と6位です。ところで、液晶パネルを購入している大口顧客は、デル、HP(ヒューレット・パ
とは有名です。筆者の記憶によれば、シャープはそれ以降、デビッドサーノフ研究所に多く

の研究プロジェクトを委託しています。以上の経緯から、液晶パネル技術は、米国のR&Dエン



の代表です。パイオニア的技術開発力に優れる米国人R&Dエンジニアと、改良的技術開発力に
優れる日本人R&Dエンジニアの相互補完による傑作が液晶パネル技術体系なのです。このよう

3.マイクロソフトのビスタ発売との関連性


ル、HP、アップルの三大米国PCメーカーにとって、パソコンは米国の消費財製造業の最後の


かろうじて、米国企業が押さえていますが、ハード部分は液晶パネル、二次電池を含め、ほ
5.マルチメディア市場におけるアジアメーカーの台頭阻止戦略の始動

世界規模で隆盛するマルチメディア ブランド:DIESELbrbX04368P1223/b
国勢の逆襲作戦が始まるとすれば、


世界市場へのビスタの投入によって、世界に広がったPCユーザーの囲い込み戦略が始動す

とTVの融合化が限りなく進むはずです。超長期戦略で動く米国勢の次の手は、インターネッ
ど)はまだ十分に押さえられていないわけです。
系の上流部分(アンタッチャブル領 ブランド:XgirlbrbREVERSIBLE CHECKERED BLOUSON/b
る脅威が高まっているわけです。この
ジア企業は単に、攻略の対象でしかありません。今回の液晶パネルのカルテル疑惑国際調査
は、米国勢にとって、アジア勢の台頭阻止にむけての前哨戦のひとつと位置づけられるでし

注1:ベンチャー革命No.207『リチウム電池リコール:ソニーの危機』2006年10月1日