ブランド:SAZABYbrbLTP01/タウンボストン/b サザビー SAZABY 1310901
LTP-01/タウンボストン

ブランド:SAZABY LTP-01/タウンボストン

サービス利用記第二弾は、なんとトヨタの水素カー「 ブランド:Furbo designbrbFurbo design フルボデザインカラーフレームキャリーケースS100席以上機内持込可/b
」。アメリカで開催されている「Poptech」というイベントに参加したのですが、そこのスポンサーの1社がトヨタで、参加者向けにミライを披露かつ試乗させてくれるというPRををやっていました。これは乗るしか無いということで乗ってみました。

折しも2015年10月21日はバック・トゥ・ザ・フューチャーの日ということで、トヨタもそれに合わせた NiSibr/150FHS [フィルターホルダー 150mm For SIGMA 20mm f14]
を配信していました。

ミライはまさにこれに出てくるクルマです。

じゃん!

後部、ナンバープレートの左下にMIRAIとあります。見た目は普通の車と特に変わらない。

ボンネットを開けるとこんな感じ。フロントガラスよりの真ん中にある銀色のハコが水素エンジンです。同行した車に詳しいメンバーにによると、構造は通常の車とあまり変わらないが、ガソリン車に比べて熱が出ないので熱処理系の機構がないとのこと。

カーナビの画面がこんな感じ。ちょっと見にくいですが、左側のバーに「APPS」というタブがあって、音楽、電話、地図、など色々なアプリを起動できるようになっています。ここのエリアはサードパーティにも開放する・・・と同行してくれたトヨタの人が言ってました。ちなみにOSなどはトヨタオリジナルだとのこと。ただ明らかにそういう方面に詳しい感じの人ではなかったので違うかも^^;

Sprocket的には気になる部分ではあります。Sprocketからの配信先チャネルの1つにこのパネルが加わる、ということも十分あり得ます。

てことで運転出発!Poptech会場周辺を1周する感じで、およそ5分位の運転です。

 あわせて読みたい

5.コピペサイト

他人のブログの良記事をそのままコピペして自サイトに掲載するサイトです。場合によっては、コピペしたサイトの方が検索結果の上位に表示されることもあります。許可を取って掲載しているのなら問題は無いのですが、PV目当てに無断でコピペするので悪質です。最近は画像の盗用や、Twitterのツイート内容を盗用するようなものもあります。いわゆるキュレーションサイトを隠れ蓑に大量のコピペを行っているサイトもありますね。 ブランド:HALEINEbrbダイヤモンド パイソン 長財布レディース ラウンド ファスナー 一枚革 ロングウォレット/b
通販 br /b SAZABY バッグ サザビー ブランド:SAZABY LTP01/タウンボストン 1310901 bなんかもコピペサイトの一種かと思います。コピペされると創作のモチベーションが下がるのでやめてほしいですね。

6.ソーシャルスパム

いわゆるSNSを利用したスパムです。Twitterでフォローをしてきたので、相手がどんな人か確認しようとプロフィールのリンクをクリックしたらアフィリエイトリンクだった。みたいなパターンや、Facebookできれいな女性から友達申請があったので、許可したら情報商材売りつけてきたとかそんな感じのスパムです。相手から能動的に働きかけてくるスパムのため、はっきり言ってうざいです。今のところは、TwitterやFacebookが対応をしているため、完全にスパムに負けてしまうようなことは無いでしょうが、将来的にはちょっと不安かも。

と、まぁこのように数々のスパムがあるわけです。特に上記の1〜3については完全にスパム側の勝利で、本来の機能がマヒしてまともに使えなくなりつつあります。本来の機能が使えなくなってしまうと、スパム側もスパム活動ができなくなってしまって意味が無いのですが、ウイルスが宿主を殺してしまって、自分も死んでしまうようななんとも本末転倒な状態だったりしますね。

全てのスパムに共通するのはスパム行為を行った際のリスクより利益が大きいということだと思います。結局のところは、「 ブランド:PELLE MORBIDAbrbPELLE MORBIDA Colore トートバッグ ST005 Unisex/b
」という状態なのかと。スパムを行う人たちを排除するには、収入減を断って、リスク>利益の状態にするしかないのかなぁと思います。



さて、自分のインスピレーションに導かれ、想像力と創造性を駆使してカップケーキ作りを得意顔で終えたオータム。

テンションそのままに、向かうところ敵無しの様相でありました。

それで終われないのがギフテッドであり、うちのオータムなわけです。

「何で楽しくないの? ははは、って笑えばいいんじゃないの? 面白いなあ、って言えばいいだけの話じゃないの?」

「いい? オータムは遊びのつもりでやったかもしれないけど、相手が嫌がるのなら、もうそれは遊びじゃないの。意地悪になるの。いじめになるの。分かる?

ただ、娘が一番堪える形で分からせなきゃいけないという気持ちでいました。

あの子、天晴れなほどに戦うことに躊躇が無いんです。

シミのあった辺りをもみ洗いしながら、結局は、こういう結末になるのよね、と\.。

その夜、わたしは一人悶々と過ごし、とにかく自分が言い過ぎたこと、やり過ぎたことについては、翌朝、娘に謝ろうと決めたのでした。

わたし、階段から落ちたことなんて、過去に1度あっただけなんですよ。←え、あったのか?!

いや、痛いよ。メチャクチャ痛い。階段から落ちて、痛くないなんてこと、絶対ないから。

思うんですけどね、親子の関係って、月の満ち欠けと潮の満ち引きの関係に似てるよなあ、と。

ホームスクーリングの最中、わたしがお手洗いに行こうものなら、出てきたわたしの顔に向けて、ぱっと懐中電灯を照らしてみたり。