今回は、知っていても特にお得になりませんが、携帯電話/スマートフォンを使用していて気になるポイントである電波の話についてまとめたいと思います。

まずは、1G、2G、3G、4Gの違いについてご説明します。
これらのGとは、Generationの略であり、携帯電話の通信方式の世代を表します。
ご存知のない方は、これら周波数の違いを表しているものと考えられていることがあるかもしれませんが、世代が異なっても、共通して800mhz前後の周波数が中心に使用されているなど、周波数を指すわけではありません。

1G
実用化された初の方式で、音声をデジタル変換せず、アナログのまま送信する方式の電話を言います。
1Gが使われていた時代には、通信方式をメーカーや携帯キャリアそれぞれがバラバラの方式で製造、採用しており、現在のような全世界的に共通化された通信方式はありませんでした。
なお、この時代の日本の通信事業者は、NTTと日本移動通信・DDIセルラーグループであり、800MHz帯を使用していました。 現在ではこの方式は使われていません。

2G
2Gとは、デジタル通信を採用した通信方式であり、これによりメールやインターネット接続が行えるようになりました。

この中でも特にメジャーな規格が”GSM”、”cdmaone”の2つです。
前者GSMの通信規格は、主に欧米のメーカー(モトローラ、シーメンス、アルカテル、ノキア、エリクソン)により、標準化と製品化が進められました。
日本では、NTTドコモがGSM規格をmovaとして採用し、KDDIがcdmaoneを採用して普及して行きました。
使用されていた周波数は、いずれも800mhzです。

人気の投稿とページ