BEIGE, マリソル7月号掲載品スカート(SKCWHA0910

<BEIGE,> 【マリソル7月号掲載品】スカート(SKCWHA0910)

意識して感情に反応しよう

エモーショナルインテリジェントの記事の内容と少し似てきます。大人として振舞うには、感情の扱い方がとても重要になるからです。

「もっと大人になれよ」ってセリフ、ドラマでもよく出てきますよね。

いまは怒りに任せて人を殴るべきではない、同情したからといって本当の任務を投げ出すべきではない、そういうシーンで使われます。

ドラマの主人公って、特に男性の場合は熱血でピュアで正義感あふれるというパターンが多いですから、別にその人の子供っぽい一面をネガティブな風には見せないのですが、GTOの鬼塚先生みたいに、校長先生に飛びげりする人が実際にいたらびっくりしますよね!


ビジョンを明確にする

感情に対抗するわざとして、自分のビジョンを思い出すことが効果的です。

本当に典型的に子供っぽく、無責任なことばかりして不満をこぼし、感情的に人と衝突ばかりしていたら10年後にはどうなるでしょうか。いつまでも人に信頼されず、仕事でもやりがいのある仕事は回ってこず、もちろん生産性が低いために給与だって安く、そのために生活がかつかつです。

人間関係でも、人の小さな欠点を流すことができず、何かあると不機嫌になり1日口を聞かないような人、あまり付き合いたくないですよね。

その場その場で感情に従って行動するのはとても楽です。

でも、その楽さに負けないために自分がどうなりたいのか、何を手に入れたいのかをはっきり明確にしてみましょう。

3年後に昇級を目指しているなら、面倒臭い仕事にも手を抜かず、言われたことはやり抜かないといけません。細かいことに気を払い、上司に何か命じられても嫌な顔をしない方が賢明です。

その場その場では、いちいち面倒臭い、イライラする、もうやめたい、などの感情が湧きそれを見せない、行動にしないようにするのにちょっと疲れてしまうかもしれませんが、3年後に給与がアップして、部下も増えて、やりがいのある仕事にキラキラ奮闘している自分の姿がはっきり見えていたらどうでしょうか。

もっと、感情を出すよりも生産的な行動をとることに集中できると思いませんか?

空気に流されるのは簡単です。

でもそこでぐっと堪えて、ゴールに近づくための行動をとれる人ことが、大人として考えられている証拠になります。

 



L.A.ドリーム・ティームは名前どおりロサンゼルスで結成されたMC二人組。


メンバーはルディ・パーディー(Rudy Pardee)とスネイク・パピーこと


クリス・ウィルソンの二人です。ルディは'57年オハイオ州のクリーヴランドの


生まれですが、音楽界での成功を夢見てLAへとやって来ます。そこでLA育ちの


クリスと出会い、エレクトロとラップを合体させた音楽を演るデュオを

彼らはそれと同時に自身のレーベル、ドリーム・ティーム・レコーズも
任せて、シングルをリリースしていきます。"Rockberry~"は、'85年に
リリースされた、彼らの2枚めのシングルです。プロデューサーとして
クレジットされて レリアンプラスハウス アシンメトリーワンピース
マリソル7月号掲載品 SKCWHA0910 スカート BEIGE, ケンドリックとコートニー・ブランチは、

どちらもLAのミュージック・トラック・スタジオを拠点に活動している人。


曲は、葬送行進曲をパロッたようなシンセのフレーズからスタートし、

準メンバーの女性シンガー、リサ"ミス・ロックベリー"ラヴが


"Ooh Rockberryx3,Jaam,Jaam,Jamx3"とセクシーに語った後、TR-808と


秒針のカウントのようなシンセ、ゆる目のシンセ・ベースが鳴る中、
二人の男性が掛け合いでラップしたかと思うと、サビでは再びシンセの
ソロが入る等、ラップ入りなんですがインストの比重高し。後半は

リサがアンクル・ジャムズ・アーミー、エジプシャン・ラヴァー、

ボビー・ジミー等のLA ブランド:LANVIN en Bleubrbピレネー リュックサック /b
ちの名を順に挙げていき、


それに各々男性が"Hey,Rocks The House~"とシャウトして返す、
エレクトロとしては凡庸なアレンジ/音色で、パッとしない曲なのですが、
リサの語りがいつまでも耳に残り、それがタイトルになっているのも

わかる感じです。この曲のライヴの模様がYouTubeで見れるのですが、


そちらでもリサ(けっこう美人でした)のほうが目立っていました(笑)。


"Funky Fresh"を聴くと、彼らはラッパーとしてもなかなかの技量を
[email protected]@!