ブランド:Samantha Thavasabrbサマンサタバサ アゼルラフィー小/b 通販 バッグ
サマンサタバサ アゼルラフィー小

ブランド:Samantha Thavasa サマンサタバサ アゼルラフィー小

今回は、足首を柔らかくする方法のご紹介です。足首が固いと、その上の膝関節や股関節、腰にまで負担がかかり痛めてしまう原因にもなります。スポーツ、運動選手、ダンスや舞踏、武道などでも足首を柔らかくすることは、コンディションアップ、怪我の予防にもとても大事です。

足首の柔らかさとは関節だけの問題ではありません。特に足首を動かすアキレス腱と、すねの筋肉(脛骨筋、腓骨筋)の柔軟性が特に大事なので、この部分を柔らかくできる効果的なストレッチを、ご紹介したいと思います。

ど~も恵比寿整体院の内山です。今回は足首ということで、私の実体験からお話しできるコトがあります。

実は私も足首の固さに悩まされていました。20歳の時、アメリカで右足首骨折&脱臼…、腓骨が脱臼で脛骨が完全骨折。ショック状態で病院へ、脱臼を戻す時気絶(笑)、気が付いたら手術が終わっていた…。

そんな甘い青春の思い出があるのですが、当時はスノーボードの選手として活動しており、骨折後その後7,8年は足首の動かなさ、痛みに悩まされていました(若干、手術が適当だったと思っている…)。

ヨガのように呼吸を上手く使ってストレッチを行うと、とても効果的に安全に体を柔らかくすることができます。

足首といえど自律神経の緊張が取れるようにケアしていけば必ず柔らかくなります。

ということで、足首を柔らかくできる腹式呼吸を使ったストレッチを簡単なものを2つ、少し本格的なものを1つご紹介しますので、足首を柔らかくしたい方は是非、実践してみてください。

の最新記事

飲酒が悪いということではない!?飲み方が重要

先ほどは飲酒によって薄毛が進行する可能性がある。ということについて紹介しましたが、飲酒すること事態が育毛にとって悪であるという訳ではないのです。

自分の限度を超した飲酒は、薄毛を進行させてしまう。

ということなのです。薄毛対策を行うことによる飲酒のデメリットをまず取り上げましたが、「酒は百薬の長」ということわざもあるぐらいです。お酒は薬にもなりえるということなのです。

そうなんです、自身の体に合った適量のお酒であれば、

 

アルコールによるリラックス効果

アルコールには人間の理性を司る大脳新皮質の働きを鈍くする力があります。その代りに感情・食欲・性欲といった本能的な感情を司る脳の部位が活性化します。このような働きにより、精神的なリラックス効果を得ることが出来るというのも飲酒のメリットです。精神的にリラックスすることは、体の緊張をほぐし、より血行を促進してくれます。

このように、アルコールは適量であれば、血行を促進し、リラックス効果をもたらせてくれます。しかし、「適量の飲酒」と言われてもどれぐらいが適量なのか分からないですよね?

飲酒の量には個人差がありますが、よく言われている一般的な基準だと、「ビール中瓶一本、日本酒1合程度」これぐらいが適量であると言われています。ちなみに、女性の場合はこの基準の半分程度の飲酒量が適量です。

自分の場合は、ビールの中瓶1本も飲んでしまうとかなり回ってしまうので、おそらく適量を上回っている感じです(笑)

この適量というのはあくまでも基準で、お酒に強い人・弱い人など個人個人によって適量は変わってきます。自分の感覚だと「ほんのり体がポカポカとして心地良いというのが適量」かと思うので、お酒による血行促進やリラックス効果を得たいのであれば、必要以上のお酒は飲まないようにしましょう。

カテゴリー

 



そりゃね、昔は食べるものがなかったから。冷凍イナゴだろうが死んだコオロギだろうが食べなきゃやってられなかった時代もあったんだと思います。
でも冷凍マウスや活デュビアの味を覚えてからというもの冷凍イナゴが全く見向きもされなくなってしまったんですよ。
とテイルが言っているかはわかりませんが。
今は、主食で栄養豊富なマウス、その繋ぎにやおやつにデュビアを与えていて、いつでも活デュビアあげられるので、”味はともかくいつでも与えられる”冷凍餌のメリットがなくなって、飼主としても冷凍イナゴに存在意義を見出せなくなってしまっていました。
今思えばコウタイのスネークに食わせりゃ良かったんだけど、毎回解凍するのも面倒だし、その後の水変えも大変だしで、結局そのまま処分です・・・

「消耗品だからどうせなくなったらまた注文するし。」とケチって2パックも買ったのが裏目に出ちゃいましたね。


やはり初めて買う餌の場合は、変にケチらずに最小限にしておくべきだと勉強になりました。

結局クーちゃんや ブランド:TERG BY HELINOXbrb TERG/ターグデイパック /b
って合計しても10匹以下だと思います。

食べなかった解凍イナゴは全てスネークが処理してくれてました。


そういえばミルワームの成虫も全部スネーク任せだったよね。突然死したマダゴキ成虫も食べてもらったよね。そしたら喰いきれなくてエビのように千切れたマダゴキ(死後二日くらい)の内臓で水槽が真っ白になって僕が失禁寸前になったよね。

ホント僕はスネークにひどいことしたよね(´・ω・`)


ただ、あまり美味そうではないですね。どんな時でも2匹食べる事はありませんでしたし。


おそらく冷解凍する時にでるあのヤバげな汁が臭苦いんじゃないかと思うんですが、こればかりは生イナゴと冷凍イナゴを食べ比べないといけないので何ともいえませんね。
僕は缶詰・冷凍コオロギを与えた事がないので、もしかしたら活餌以外はあんな感じなのかもしれません。
ただ、でかいです。ベビーは食えないですね。なんせコオロギLより遥かにでかいんですから。

となると、やっぱり活コオロギやデュビアの幼体を与えてベビーからアダルトに成長させるするしかないってわけですね。そしてアダルトになれば冷凍イナゴを食える、ってことになるんですがアダルトならピンクSがいけるので、絶対にそっちを食わせた方が良いです。


冷凍イナゴなんて買わない方がいいと思うよ