息子が年長の時の健診で、上の前歯2本にぐらつきがあるとの事でレント ブランド:Spick and Span Noblebrbエステルスラブライトタンブラージャケット/b
ブランド:JiJi travail br レザーキルティング加工ボストンバッグ JiJi travail 766016 b バッグ JiJi travail/ジジトラヴァイユ /b が2本見つかりました。

左の過剰歯が出てくるところを待っているところですがなかなか生えてこず、麻酔を使って抜くと(逆向きの歯だけ?)永久歯の根がダメになってしまうので様子見をしているところです。
『骨の中から前歯を引っ張り出す』事も麻酔を使用すると思うのですが、出てこない 過剰歯を抜き出す麻酔のリスクとは全く違うのでしょうか。

レアケースで状況が悪い事は分かっているつもりですが、小学1年生、、歯の根の完成 までに時間がなく、ご教示頂けると幸いです。


はしもと矯正歯科/歯並び.TVの橋本公志です。
2本の過剰歯の内1本は無事抜歯に成功、もう片方は現在「上顎左側中切歯が逆性埋伏」で、かつその付近にもう1本過剰歯が存在し、処置に入るタイミングを計っている状態。ということ宜しいでしょうか?
なぜなら多くの場合、逆性埋伏の歯は普通の歯のようにまっすぐではな ブランド:Barbourbrb Barbour / WHITLEY トレンチコート/b
ていることが多いためです。

また、曲がっている歯のように「本来の形状から逸脱した形の歯」は牽引しても動 かないことも多く、こういった事情が抜歯対象になる確率が高くなる背景です。
結果論で語ることは出来ても事前に確実な予想ができる範囲の物では無いと思い ます。
結論から申し上げれば、歯科大学病院などのような専門機関で、歯科領域のあらゆる専門家と診断機材を備えた場所での治療をお勧め致します。

現在通院されている病院の技術や知識といった問題ではなく、だれが行 ブランド:FARObrbFLAP LONG WALLET ITALYSHRINK / フラップロングウォレット イタリーシュリンク/b
な判断が求められます。


これは処置の成功確率を高めることに繋がります。と背景の事情もわからず、今回の文章からお話しできるのはここくらいまでです。次期を見る、ということは判断を誤ると手遅れになることもありますので、早めの専門機関での受診をお勧め致します。