2017年1月25日にNHKのあさイチという番組で住宅の耐震性についての特集が放映されていました(「 サカエbr/TKK8127C [軽量高さ調整作業台TKK8タイプ 1200×750×800~1000mm]
」出典:NHK)

地震による被害や、耐震性が高い住宅を建てる事の啓蒙という点ではこのような番組がある事は良い事だと思います。一方で内容を見てみますと、視聴者を意図的にミスリーディングさせている部分が多い印象を受けました。

番組に出演された専門家の方は、どなたも正しいコメントを出しているのですが、番組の方向性自体が強引に違う結論に持っていこうとしている印象があります。このページでは私がどのような事を感じたかについて、少しお話ししたいと思います。

現行の耐震基準が劣っているかの印象を与えました

番組で放映された耐震基準の変遷が上の図です。もちろんこの図自体は間違っているものではありません。ただ、この被害があったという基準がどうだったのかの説明はありませんでした。

ぱっとこの図だけを見ますと、新耐震基準の建物で8割弱が、最新基準の建物であっても4割弱の率で建物が倒壊したかのような印象を受けます。

実際には 新耐震基準の建物で倒壊したのは6.9%の率 でしかありません。他の建物は被害はあったものの倒壊しなかったという事です。

更に言いますと、 最新基準の建物で倒壊したのは7棟だけ、率で言えば2.2% でしかありません。そしてその7棟の内の半分は、施工に問題があったためという結論が出ているようです(残りの半分は原因不明と聞いています)。


出典: アリスバーリーL 大きいサイズプルエラツイルジャケット(8137135018
ブランド:JACK BRIEF STRIPED /b SPADE LEATHER JACK SPADE BARROW バッグ br NYRU2509499 b PORTFOLIO 通販

熊本地震で起きた木造住宅の崩壊原因をまとめた報告では、現状の耐震基準は有効であるため、現行の法律の見直しはしない(見送る)と結論が出されています(「 ブランド:TAKEO KIKUCHIbrbOUTDOOR PRODUCTS別注バックパック/b
」出典:日本経済新聞)。