ドローンは日本国内でも近い将来、大きな産業になることは間違いありません。

ドローンの製造及び販売では、海外に遅れをとっている日本ですが、ドローンを手段として活用したサービスレイヤーでの事業展開は海外でもまだまだ試行錯誤のフェーズであり、日本にも大きなチャンスがあると言えます。

近年は小型の高性能なドローンが数十万〜数百万円程度で購入することができるようになりました。また、軍事利用だけでなく、世界的に民間利用が急速に進んでいるために、価格は更に下がることが予想されています。価格が下がることによって、いままでドローンを活用することが出来なかった多くの民間企業がドローンを利用したサービスの構築や、自社の生産性の向上のためにそれらを活用するようになるでしょう。

現在は、建築現場などで、工事の進捗状況を確認するためにドローンが利用されていることがあります。また、今後は機材や資材などを安価に輸送する手段としてドローンが利用されるようになるでしょう。

カメラを搭載したドローンが上空から地上を撮影するという活用は個人・企業を問わずに盛んに行われています。空撮系の活用は今後、さらに応用が進むと見られています。

実際にアメリカではドローンに広告を吊るしてビル街 フードキャビ(温蔵庫FC50
ORIGAMI BACKPACK b br /b NIXONBAGS ブランド:NIXON NIXON ペーンを行う「」というスタートアップも登場してきています。

火災現場や土砂災害発生時のモニタリングへの活用なども行われています。

日本では20年ほど前から盛んに行われてきましたが、ドローンを利用して農薬散布することも、今後は世界的に広まっていくでしょう。水田や森林などへの農薬散布も、上空から均一に一括散布することができるために、従来よりも大幅にコストを削減することができます。

ドローンを利用したWi-Fi提供なども検討されています。ドローンに無線LANルーターを装着して、イベント会場内に飛ばすことによってホットスポットを手軽に提供することができるようになるでしょう。現状では、ドローンの最長飛行時間は30分前後が限界となっているために、常時接続を実現するためには複数台のドローンを活用して常時何台かは飛行している状況 ブランド:ZANELLATObrbZANELLATO ナイロンハンドバッグ POSTINA L/b
ます。


▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。