ブランド:COACHbrbコーチ スワッガー 27 キャリーオール ぺブル レザー/b 34816 COACH 通販 コーチ
コーチ スワッガー 27 キャリーオール ぺブル レザー

ブランド:COACH コーチ スワッガー 27 キャリーオール ぺブル レザー

サービス利用記第二弾は、なんとトヨタの水素カー「 ルッドリフティングジャパンbr/VWBGM36 [バリオリング]
」。アメリカで開催されている「Poptech」というイベントに参加したのですが、そこのスポンサーの1社がトヨタで、参加者向けにミライを披露かつ試乗させてくれるというPRををやっていました。これは乗るしか無いということで乗ってみました。

折しも2015年10月21日はバック・トゥ・ザ・フューチャーの日ということで、トヨタもそれに合わせた ブランド:MARC JACOBSbrbWINGMAN/ウイングマン ショッピング トートバッグ/b
ブランド:COACH レザー b ぺブル キャリーオール COACH br バッグ /b 34816 通販 コーチ スワッガー コーチ 27を配信していました。

ミライはまさにこれに出てくるクルマです。

じゃん!

後部、ナンバープレートの左下にMIRAIとあります。見た目は普通の車と特に変わらない。

ボンネットを開けるとこんな感じ。フロントガラスよりの真ん中にある銀色のハコが水素エンジンです。同行した車に詳しいメンバーにによると、構造は通常の車とあまり変わらないが、ガソリン車に比べて熱が出ないので熱処理系の機構がないとのこと。

カーナビの画面がこんな感じ。ちょっと見にくいですが、左側のバーに「APPS」というタブがあって、音楽、電話、地図、など色々なアプリを起動できるようになっています。ここのエリアはサードパーティにも開放する・・・と同行してくれたトヨタの人が言ってました。ちなみにOSなどはトヨタオリジナルだとのこと。ただ明らかにそういう方面に詳しい感じの人ではなかったので違うかも^^;

Sprocket的には気になる部分ではあります。Sprocketからの配信先チャネルの1つにこのパネルが加わる、ということも十分あり得ます。

てことで運転出発!Poptech会場周辺を1周する感じで、およそ5分位の運転です。

 あわせて読みたい




台湾の若者は実にクリエーティブで、昔からの文化をリメークするのがうまい、と思う。例えば日本統治時代の民家をリノベーションしたおしゃれなカフェ。台湾の電鍋をポストカードやステーショナリーにあしらった雑貨類。あらゆる分野で若いデザイナーが古き良き台湾の文化を、現代的に生まれ変わらせている。
今回紹介する「hsiu」という革靴のブランドも、20代の若者が「台湾の伝統工芸を伝えていきたい」という志で立ち上げたものだ。
人が成長し、変化していく過程に寄り添う靴があるという文化に興味を ブランド:VANSbrbVANS ヴァンズ Authentic Plat VN0A3AV8NUU YOR Fiery Red/b
に魅せられた彼女は、「繡花鞋」を現代にも伝えていきたいと考え、秀逸なアイデアを思いついた。布靴として受け継がれてきた繡花鞋を、現代の女性にも使いやすいように、革靴にアレンジしたのだ。


革靴にあしらわれた刺繍のデザインは、すべて台湾、主に台南に関連したものがモチーフになっている。


刺繍だけでなく、履き心地にも手作りならではの細かい仕事が光っている。すべて牛革を使い、型はアジア女性の足の形に合わせて設計。インソールも特別に作ったもので、クッションが効いて長時間歩いても疲れない工夫がしてあるそうだ。
広告を打ったことはないが、デザインに関する展示会やイベントに参加したり、オフィシャルサイトでブランドのストーリーを紹介し、徐々に顧客を増やしていった。他のブランドや他業種とのコラボレーションにも積極的だ。台南の地図をあしらった「輿圖鞋」は、民族舞踊の団体がステージ上で身に着けたこともある。
「靴の刺繍を見ることで、台湾を知ってもらえたらうれしいと思っているので、今後も台湾をモチーフにしたデザインをしていきたいです」。
台湾では「Pinkoi」などのサイトのほか、迪化街のショップ「簡單喜悅 ブランド:LarcobalenobrbLarcobaleno / 402 カードケース/b
貨」などで販売中。台南の工房では、靴作りの見学も可能で、商品を買うこともできる。今年から日本のハンドメード商品販売サイト「Creema」からも購入できるようになった。


所在地:台南市中西區忠義路二段63號2樓

基底核は脳幹部以下での原始的な運動もコントロールしている

視床や淡蒼球内節は運動コントロールに重要な働きをしていると考えられています。

しかし定位脳手術によって視床の外側腹側核や淡蒼球内節を破壊すると、動けなくなるのではなく、パーキンソニズムが改善してしまうことから、「訳のわからない口出しをして邪魔するくらいなら黙っていてくれた方がまし」な状況で症状が改善しているのだと思われます。

そして定位脳手術によっても「すくみ足」の改善は難しいことから、大脳基底核には脳幹部以下で運動を反射的にコントロールする原始的な運動系と周辺環境の変化に対応して、様々な感覚情報に基づいて視床による運動パターンの切り替えを行う運動系を適切に切り替える働きもあるのではないかと考えられています。

これを歩行に例えてご説明しますと、考え事をしていたり「ぼーっと」しながら歩いている時には、脳幹部以下での原始的な運動系により、単純に反射的にリズミカルに足を交互に振り出す運動がされています。

そして足元が急に窪んでいたりして、カクっと来た時には、筋紡錘やゴルジ腱器官などの反射により足の筋肉を緊張させて踏ん張ります。

ここまでは原始的な運動制御で可能ですね。

しかし急に目の前に人が飛び出してきてぶつかりそうになった時には、視覚情報からの連絡を視床で受けて適切な運動パターンを大脳基底核から視床に入力されて危険を回避します。

これは感覚情報と運動パターンを連携させた、非常に高度なコントロールになります。

これらの運動制御を大脳基底核と視床により行っていると考えられています。

パーキンソン病では、大脳基底核でのドーパミン不足から、これらの回路の切り替えが上手くいかずに、不適当な運動パターンを抑制できなくなり、すくみ足などを含む様々な運動障害が出現すると考えられます。