ブランド:HALEINEbrb [HALEINE] 牛革 リュックサック レザー 軽量 日本製 メンズ レディース/b バッグ 三京商会 07000180r
[HALEINE] 牛革 リュックサック レザー 軽量 日本製 メンズ レディース

ブランド:HALEINE [HALEINE] 牛革 リュックサック レザー 軽量 日本製 メンズ レディース

サービス利用記第二弾は、なんとトヨタの水素カー「 フォトフレックスbr/マルチディスクN 5 in 1 42 107cm DL42MULTI7N1
」。アメリカで開催されている「Poptech」というイベントに参加したのですが、そこのスポンサーの1社がトヨタで、参加者向けにミライを披露かつ試乗させてくれるというPRををやっていました。これは乗るしか無いということで乗ってみました。

折しも2015年10月21日はバック・トゥ・ザ・フューチャーの日ということで、トヨタもそれに合わせた ブランド:Samantha Thavasabrb編み上げトートバック/b
を配信していました。

ミライはまさにこれに出てくるクルマです。

じゃん!

後部、ナンバープレートの左下にMIRAIとあります。見た目は普通の車と特に変わらない。

ボンネットを開けるとこんな感じ。フロントガラスよりの真ん中にある銀色のハコが水素エンジンです。同行した車に詳しいメンバーにによると、構造は通常の車とあまり変わらないが、ガソリン車に比べて熱が出ないので熱処理系の機構がないとのこと。

カーナビの画面がこんな感じ。ちょっと見にくいですが、左側のバーに「APPS」というタブがあって、音楽、電話、地図、など色々なアプリを起動できるようになっています。ここのエリアはサードパーティにも開放する・・・と同行してくれたトヨタの人が言ってました。ちなみにOSなどはトヨタオリジナルだとのこと。ただ明らかにそういう方面に詳しい感じの人ではなかったので違うかも^^;

Sprocket的には気になる部分ではあります。Sprocketからの配信先チャネルの1つにこのパネルが加わる、ということも十分あり得ます。

てことで運転出発!Poptech会場周辺を1周する感じで、およそ5分位の運転です。

 あわせて読みたい



大学の4年間ももうすぐ終わりそうです。あっという間でした。プログラミングとはなんぞやみたいな状態から自分が欲しいと思ったのは一応作れるくらいにはなりました。

これは一番最初に触ったプログラミングの本で、思い出深い。大学の最初はすんごい暇だったのと、大学受験の勉強癖が抜けず何か勉強してないと落ち着かないみたいな精神状態で、1ヶ月くらいで全部読んだら、大学1年生のプログラミングの講義はこの本でやったことを1年かけてやるような内容で拍子抜けだったです。なお、

からやっても問題無かったと思う。この本はほんとに優しくて読み易かった覚えがある。

のあるアプリケーションを作りたいと思っていた気がする。ごりごりコ ブランド:SAZABYbrbLUN03/トート/b
っていくので面倒くさかったなぁという印象しか無い。

これは学校の講義で買えって言われて買った。もはや

の時もお世話になった。もう頭に入ったと思う。大丈夫。

TAPL。挫折した。いつか読み解く。

の講義が大学院向けで開講してるってんで忍び込んで受けたけど確率統計の知識が足りなくて読んだ。良い本!

研究室がSDN フォトフレックスbr/マルチディスクN 5 in 1 32 81cm DL32MULTI
てとりあえず読んだ。

OpenFlowの詳細を知りたくなって読んだ。詳しかった。

でも書けるようになってより手軽にシミューレションできるぞと書いてあった。シミューレータって実際の現場で使っているのだろうか?

の選考に通って事 神田胡蝶 胡蝶履牛革草履(ぼかし_ピンク
られてきた。でルータを自作するぞ!と言われてひいひい言いながらやった。苦手意識もあり、載っているコードが読みづらく苦しんだ。一つの本にこんなに執着して読んだ経験は初めてであった。

に行った。興味だけで応募したら選考が通ってしまったのでUnityとかわかんないみたいな状況で行ってしまった。にはサポーターとしてUnityの中の人がいて、おすすめの書籍があったら教えて欲しいと聞いたらおすすめされたのがこれだった。おかげで少しは役に立てた。1/3程しか読めてないので時間見つけて全部読む。

現在、大豆の生産量世界第1位(約96,000千トン)、トウモロコシの生産量世界第3位(約85,000千トン)を誇るブラジルは、世界の穀物生産におけるメインプレーヤーであると同時に、中国の大豆輸入量の約50%を占めており、アジアにおける重要度も極めて高い存在だ。

これからも世界に冠たるポジションを維持していくかに見えるブラジル農業だが、大きな問題を一つ抱えている。それは「物流」だ。

水路、陸路(道路及び鉄道)がそれぞれ整備されているアメリカやアルゼンチンに比して、ブラジルでは異常に高い物流コストが生じており、これが将来的にブラジル農業の首を締める可能性がある。もちろんブラジルの物流は今も大きな問題だが、これからは更に影響が深刻になるという意味だ。このブラジル物流事情について、昨今の総合商社の取り組みも交えながら見ていきたい。

【目次】

  1. ブラジル穀物物流の病巣
  2. 総合商社の取り組みからも見える「ブラジル北部」の重要性
  3. 今後拡大が期待される北部ルートとは

1. ブラジル穀物物流の病巣

ブラジルの農業は南部から始まり、北部に伝播していく形で広がっていった。今ではブラジルの中で最大の大豆・トウモロコシ・絹の生産地であるマット・グロッソ州も、過去はアマゾンの一部であり、農業に全く適さない強酸性土壌であった。そんな土地に、日本の田中角栄元首相がODA供与と人材投入を行い開拓されたという歴史を持つ。

図1. マット・グロッソ州、サントス港、パラナグア港の位置

地理上の都合とこれらの歴史もあいまって、現在農作物の大半は、サントス港、パラナグア港といった南部の港湾地域から輸出されている。しかし、先に述べたマット・グロッソ州の主要生産地からこれら港湾までは道路にして約2,000kmと遠く離れており、この途方も無い距離を大量のトラックが穀物を積んで運搬しているのが実態である。

この幹線道路は163号線と呼ばれ、ブラジル農業に携わる者で知らない者はいない悪名高き道路である。この道路は基本的に片側一車線であり、トラックが横転した際にはその時点で通行止めとなり、数時間単位の渋滞が発生する。また、2tトラックが大量に往来することから、道路がその圧力に耐えられず、至る所に大きな穴が生じている。それをトラックが避ける際は常に10~20km/時まで減速しなければならず、渋滞を生み出す要因の一つになっている(現在では、舗装により穴は減少傾向にある)。

Popular Posts