ブランド:LORINZAbrbLORINZA / ロリンザバリスティックビッグポケットバックパック/b 通販 バッグ LORINZA
LORINZA / ロリンザ バリスティックビッグポケットバックパック

ブランド:LORINZA LORINZA / ロリンザ バリスティックビッグポケットバックパック

サービス利用記第二弾は、なんとトヨタの水素カー「 ブランド:COACHbrbスポーツ カーフ レザーブレスト ポケット ウォレット/b
」。アメリカで開催されている「Poptech」というイベントに参加したのですが、そこのスポンサーの1社がトヨタで、参加者向けにミライを披露かつ試乗させてくれるというPRををやっていました。これは乗るしか無いということで乗ってみました。

折しも2015年10月21日はバック・トゥ・ザ・フューチャーの日ということで、トヨタもそれに合わせた ブランド:Limit till 2359brbTEKてくテクテク エコヌメレザーミニショルダーバッグ/b
を配信していました。

ミライはまさにこれに出てくるクルマです。

じゃん!

後部、ナンバープレートの左下にMIRAIとあります。見た目は普通の車と特に変わらない。

ボンネットを開けるとこんな感じ。フロントガラスよりの真ん中にある銀色のハコが水素エンジンです。同行した車に詳しいメンバーにによると、構造は通常の車とあまり変わらないが、ガソリン車に比べて熱が出ないので熱処理系の機構がないとのこと。

カーナビの画面がこんな感じ。ちょっと見にくいですが、左側のバーに「APPS」というタブがあって、音楽、電話、地図、など色々なアプリを起動できるようになっています。ここのエリアはサードパーティにも開放する・・・と同行してくれたトヨタの人が言ってました。ちなみにOSなどはトヨタオリジナルだとのこと。ただ明らかにそういう方面に詳しい感じの人ではなかったので違うかも^^;

Sprocket的には気になる部分ではあります。Sprocketからの配信先チャネルの1つにこのパネルが加わる、ということも十分あり得ます。

てことで運転出発!Poptech会場周辺を1周する感じで、およそ5分位の運転です。

 あわせて読みたい



先ずは 営業報告 凄い楽しい 毎日が 続いてます

名付けて TABBY+ 更に は??って思った方wwww
こうなりたい とか こうありたいって
ハイ長ーーーーーい お話はここまで
実 は 僕はFBは プライベートで やってますが
なのでーーーーーー 最初は コチラの下記 アカウ ブランド:BEAMSbrbARCTERYX × BEAMS / 別注 ARRO 16/b
るかたは フォロー宜しくお願い致します


10年間 支えて頂いたり 凄い仲良くなれた お客さんへ感謝

解体や次の店舗への荷物運びなんとかおわりました あんなに商品あったのにww

見つめ合ってたり 後1-2か月後 仲良くなれそうな 二匹の話

えっと 先ずは スターウォーズクロニクル [図鑑]
の間本当に有難うございました

そして それに伴い 全て 次の店舗で投入予定だった商品
最終SALE の最終日 ご来店頂いた長い付き合い オリエント4Csbr/GVS13EXHC [天然ダイヤモンドルース ラウンドブリリアントカット 100ctup 鑑定書付]
なかったりと色々残念な結果になってしまいました

かなりの貧血に陥っており 注射や薬を売ってもらい


そりゃ 僕に出来る事なんて限られているし

フロントはブラン ブランド:DECADEbrbコーティングキャンパス × oild cow leatherボディバッグ/b
ブランド:LORINZA b LOSTNBP23 LORINZA LORINZA br バリスティックビッグポケットバックパック 通販 / ロリンザ ロリンザ /b デザインもカッコいいんです

と ここまで トップ画引っ張っておいて 今日はちょっと小話からww
外はポツポツ 小雨風で 軋む店内のドア、、、

軽いんです プルオーバータイプのフード部分はドローコードで調節可能
サイドボディにはリブを施し 着脱も楽で動きの制限がぐんと緩和されるんですねーーーーー

□おわり

他にも同じくらいの値段で豪華客船の旅はいくつかあります。

質を求めるなら間違いなく他の「ちゃんとした」客船に乗ることをお勧めします。

私の場合、ただの移動手段としての船でした。

例えるならリムジンを期待していたわけではなく、山手線に乗っていることを知っていました。

だから山手線にどんな広告があろうと、地べたに寝転ぶ若者がいようと気になりませんでした。

が、社会を知り、価値を知っている人には割高な山手線になるでしょう。

ピースボートという手段であれ、私は世界一周をできたことに後悔はありません。

どんどん変わっていく海の景色に、船旅の良さを知りました。

徐々にやってくる白夜の日々も、フィヨルド・北極も船でしか行けない旅でした。

20代で乗ったピースボートだからこそ得られたものもたくさんありました。

けど、30歳を越えた今、またピースボートに乗りたいかと言われれば

ためらいます。

知的な若者もいますし、積極的に話しかけてくれ、いろいろ教えてくれる

素敵なおじさまおばさまとも出会えました。そうでない人もいました。