ブランド:5525gallery×PORTERbrb5525gallery×PORTER×FUJII TAKAYUKIFRINGE BAG/b 通販 55555990011 バッグ
<5525gallery×PORTER×FUJII TAKAYUKI>FRINGE BAG

ブランド:5525gallery×PORTER <5525gallery×PORTER×FUJII TAKAYUKI>FRINGE BAG

サービス利用記第二弾は、なんとトヨタの水素カー「 ブランド:GLEAN&CobrbBrillantがま口長財布/b
」。アメリカで開催されている「Poptech」というイベントに参加したのですが、そこのスポンサーの1社がトヨタで、参加者向けにミライを披露かつ試乗させてくれるというPRををやっていました。これは乗るしか無いということで乗ってみました。

折しも2015年10月21日はバック・トゥ・ザ・フューチャーの日ということで、トヨタもそれに合わせた ELISA VERY3月号掲載ダブルレーヨンストレッチスカート
55555990011 /b TAKAYUKIFRINGE ブランド:5525gallery×PORTER バッグ b 通販 5525gallery×PORTER×FUJII BAG brを配信していました。

ミライはまさにこれに出てくるクルマです。

じゃん!

後部、ナンバープレートの左下にMIRAIとあります。見た目は普通の車と特に変わらない。

ボンネットを開けるとこんな感じ。フロントガラスよりの真ん中にある銀色のハコが水素エンジンです。同行した車に詳しいメンバーにによると、構造は通常の車とあまり変わらないが、ガソリン車に比べて熱が出ないので熱処理系の機構がないとのこと。

カーナビの画面がこんな感じ。ちょっと見にくいですが、左側のバーに「APPS」というタブがあって、音楽、電話、地図、など色々なアプリを起動できるようになっています。ここのエリアはサードパーティにも開放する・・・と同行してくれたトヨタの人が言ってました。ちなみにOSなどはトヨタオリジナルだとのこと。ただ明らかにそういう方面に詳しい感じの人ではなかったので違うかも^^;

Sprocket的には気になる部分ではあります。Sprocketからの配信先チャネルの1つにこのパネルが加わる、ということも十分あり得ます。

てことで運転出発!Poptech会場周辺を1周する感じで、およそ5分位の運転です。

 あわせて読みたい



3年ほど前に、香港に行ったんですよ。メインの目的は競馬だったんですけど、やっぱり香港と言えば、「食」!

ということで、色々食べ歩きました。で、僕の出した結論が、

本当美味しかったんですよ!2泊3日の滞在で何杯食べたんだろう?とにかくワンタンが美味しくって衝撃を受けました。海老がプリップリで、それでいて喉ごしというかツルッと食べれる食感もよくて。

それと1杯の麺の量が結構ガッツリなんですよね。タイで麺を食べると量が少ないのですが、香港はその倍はあるだろうという量でした。

と、前置きはそのくらいにしまして、今回紹介するのは、

場所ですが、トンローのソイ9にあります。BTSトンロー駅から歩いて15分くらいですかね。

以前、この店に来た時に、あれ、雲吞麺の店があるなあと気になっていて、いつか行ってみようと思っていたのです。

醤油の味付けは別に恋しくならないけど、たまにソース味のものが無性に食べたくなります。どうも、きーきあっです。そうなんです。定期的に、何かソースをかけるもの(お好み焼きとかとんかつとか)がすごく食べたくなるんですよねー。そんなソース気分になったタイ\.

こちらはジャージャー麺みたいなやつかな。

ブランド:SAZABYbrbWXT12522エートート/b
リツルツルな感じですよね。

もうお分かりかと思いますが、こちらを1人で食べます。

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

予想通り、雲吞は海老がプリプリ!そして雲吞のツルッとした食感も最高です!麺はまあまあかなあ。

何より美味しかったのが、スープで ブランド:BRIEFINGbrbNEO B4 LINER / ネオ B4 ライナー/b
良く出ていて飲んだ時に海老の香りがふわーっと口の中に広がります。

一方、ジャージャー麺的なやつは、豚肉がピリ辛で、これはこれで美味しいです。

お会計は雲吞麺が79バーツ、ジャージャー麺が89バーツで168バーツ(約504円)でした。こちら税・サ込です。

もう少し麺が美味しければ言う事なしなんですけど、この値段であの雲吞を食べられれば満足です。スープも美味しかったですしね。

メニューでご飯ものもあったので、ご飯ものと雲吞スープを注文してもよいかもしれません。

雲吞麺を食べていたら、なんか香港の事を思い出し、また行きたくなってしまいました。行っちゃおうかなー。

という訳で、値段もリーズナブルなので、是非この雲吞を食べてみてください!

はじめに

ゴルフ100切り講座、今回は「コースマネージメント編」です。

「今日はナイスショット打つぞー!」とか、「パーオンするぞー!」とか、最高のイメージだけでラウンドを漫然とやっているとなかなか良いスコアはでません。

100切りを目指すゴルファーは平均110くらいのスコアで回っているのではないかと思います。
良い時は100ちょっとだけど、悪い時は120叩いちゃうような感じですかね。

でも、ラウンド前は90でちゃうかも!だって最近練習調子いいし!みたいな笑

100切りを目指すなら、まずは 安定して108を切る ようにしたいところです。

108というと、 全ホールダボ(ダブルボギー) ですね。
ダボでいいんです!まずはここを目指しましょう。

とにかく刻む

ダボ以上を打たないためにはOBを打たないことが重要です。場合によっては曲がりの危険が大きいドライバーを使わない勇気も大切です。

2打目以降も距離が足らなくてもいいので、自分の 自信のあるクラブを使って刻む ことで、大叩きの確率を下げるのも良い方法です。

3パットを減らす

毎ホール3パットだと、これだけで18×3で54です。108を基準にするなら半分パッティングだけで使ってるわけです。恐ろしい。

ですので、3パットを2パットで済ますマネージメントが重要です。

グリーンはたいていのホールで手前からカップまでが上りのライン、奥からカップまでが下りのラインになっている 「受け」の構造 になっています。

パッティングとしては、下りよりも上りの方が入る確率は高いですから、手前から乗せて、パッティングの1打目をオーバーしないように打って、2打で上がれるようにするのが3パットしないためには大切です。

パッティングは1打目勝負ですよ!
2打目を考えて漫然と打たないようにしましょう。