ブランド:Samantha Thavasa Petit Choicebrb雑誌掲載お財布付きスクエアーバッグキャンバスバージョン/b 通販 バッグ
【雑誌掲載】お財布付きスクエアーバッグ キャンバスバージョン

ブランド:Samantha Thavasa Petit Choice 【雑誌掲載】お財布付きスクエアーバッグ キャンバスバージョン

今回は、足首を柔らかくする方法のご紹介です。足首が固いと、その上の膝関節や股関節、腰にまで負担がかかり痛めてしまう原因にもなります。スポーツ、運動選手、ダンスや舞踏、武道などでも足首を柔らかくすることは、コンディションアップ、怪我の予防にもとても大事です。

足首の柔らかさとは関節だけの問題ではありません。特に足首を動かすアキレス腱と、すねの筋肉(脛骨筋、腓骨筋)の柔軟性が特に大事なので、この部分を柔らかくできる効果的なストレッチを、ご紹介したいと思います。

ど~も恵比寿整体院の内山です。今回は足首ということで、私の実体験からお話しできるコトがあります。

実は私も足首の固さに悩まされていました。20歳の時、アメリカで右足首骨折&脱臼…、腓骨が脱臼で脛骨が完全骨折。ショック状態で病院へ、脱臼を戻す時気絶(笑)、気が付いたら手術が終わっていた…。

そんな甘い青春の思い出があるのですが、当時はスノーボードの選手として活動しており、骨折後その後7,8年は足首の動かなさ、痛みに悩まされていました(若干、手術が適当だったと思っている…)。

ヨガのように呼吸を上手く使ってストレッチを行うと、とても効果的に安全に体を柔らかくすることができます。

足首といえど自律神経の緊張が取れるようにケアしていけば必ず柔らかくなります。

ということで、足首を柔らかくできる腹式呼吸を使ったストレッチを簡単なものを2つ、少し本格的なものを1つご紹介しますので、足首を柔らかくしたい方は是非、実践してみてください。

の最新記事

 

ラダートレーニングの本質

ここまでの話で、多くの方がラダートレーニングについて理解できたかもしれませんが、上記のことを踏まえて改めてラダートレーニングというものを考えてみたいと思います。

はしごのような目印を設定し、さまざまなステップを、より素早く行うことになりますが、ラダーというのは、蹴ってしまっても、枠を踏めなかったとしても減点などになることはなく、ここには正確性を必要としません。

ですので、 ラダートレーニングは本来速さだけを求めるために俊敏性(クイックネス)として活用する ことになります。

一般的には【敏捷性のトレーニング】として活用されることが多いですが、上記でお伝えしたように敏捷性と俊敏性は異なるものです。

  • 敏捷性=速さ+正確性
  • 俊敏性=速さ

これらからラダートレーニングを見ると、敏捷性ではなく俊敏性であるクイックネスのトレーニングであることがわかります。では、敏捷性・俊敏性はどのようにトレーニングし、どのように高めていけばいいのでしょうか?

 

敏捷性・俊敏性はどのような目的で行い、高めればいいのか?

敏捷性(アジリティ)の高め方

  • 遅い動きから速い動きへ
  • 簡単な動きから複雑な動きへ

反復横跳びで考えてみたいと思いますが、反復横跳びは簡単そうで難しいものですが、基本的には重心の運び方をまず教えていきます。また着地の仕方などをどうするのかを教え、それらが確実にできる速さで繰り返し行います。

すると次第に動きに慣れ、重心もうまく運ぶことができるようになるため徐々に動きを速めていきます。

このようにどのように動くのか、それを正確に脳で理解させ、身体で覚えさせるためにいきなり最大の速度でしようとしないことです。

速さになれ、正確に動けるようになると、そこからさらにメニューを複雑にし、難易度を上げます。そのときもまずは、ゆっくりとした速度で動きを覚え、そこから速く行うという段階を踏むと敏捷性は向上していきます。

最近の記事


さき太郎ちゃん愛称千葉県房総半島内房の大好きな木更津市のお隣袖ケ浦市蔵波の牧場犬さきちゃんでーす シャープ SHARPbr/PWSH4B [電子辞書 Brain(ブレーン 高校生向けモデル 170コンテンツ収録 ブラック]
気印でーす。

北海道、沖縄、東北、北陸大好き、古都奈良・京都も大好き、九州、四国、山陰・山陽・中国も大好き、関東、東海、近畿大好き、袖ケ浦市のお隣の市原市、木更津市、川崎市、横浜市も大好き、夏涼しく冬暖かい ブランド:MARC JACOBSbrbMTV キャンバス トート/b
る蔵波で田舎暮らしも大好きな、


牛さんも暑くなっ ブランド:KENZObrbTiger Neoprene Rucksack/b
な北海道を想い出すさ


そんでさきちゃんさ今日は大好きな無農薬・有機栽培のさきちゃんの貸農園さ6m×10mの18坪の区画さこの小さな畑さ更におおむね8区画に分けて野菜を栽培しているさ、今は夏野菜の採れ頃さ青いキューリも一杯なっているさ、そんで想い出しちゃったのは大好きなひいひいじいじワンちゃんのことさ、ひいひいじいじワンちゃんはさ大好きな新潟県の旧新穂村の生まれさ、大好きな朱鷺ちゃん、大好きな日蓮上人様様で有名な村さ今は佐渡市で統合さ、そんでさひいひいじいじワンちゃんが夏になっちゃうといつも言っていたことさ、ひいひいじいじワンちゃんがワンワン学校に行っていた頃さいつも夏になっちゃうと先生様にからかわれちゃったというのさ、君たちのお家では赤黄色くなっちゃった大きな種も大きくなっちゃったキューリを皮を剥いちゃって種を取っちゃって食べているんだけんどさ、先生のお家では青い細い種が気にならないキューリしか食べないというのさ、確かにお家では大きく太く赤黄色くなっちゃっちゃったキューリしか収穫しないさ、青い細いキューリがあっても青臭いと思って収穫しなかったさ、赤黄色くなっちゃったキューリは、皮むき器で皮剥いちゃって真ん中で切っちゃって、大きく成長しちゃった種を取っちゃって薄く切っちゃって塩もみしたり、味噌和えしたり、わかめ和えしたりして食べちゃったのさ、昔の農家さんさ食べ物は大事で勿体ないと思っていたさ、だけど野菜がないのは足りないのは絶対嫌さ、旬の野菜をお隣からもらうのは恥さ、そういえば町の八百屋さんでは青い細いキューリ売っていたさでも絶対買わないさ、そんでお家で余るほど作るのさ足りないことはなかったさ余った野菜は有機肥料さ、養分は次の代へバトンタッチさ、今では田舎の農家さんも青いキューリしか食べないさ、長くなっちゃったさ眠いさ、野菜の話また書きたいさ。