ブランド:sankyo shokaibrbオーストリッチ フルポイント 天ファスナー 軽量 ハンドバッグ/b 通販 三京商会 9717r バッグ
オーストリッチ フルポイント 天ファスナー 軽量 ハンドバッグ

ブランド:sankyo shokai オーストリッチ フルポイント 天ファスナー 軽量 ハンドバッグ

サービス利用記第二弾は、なんとトヨタの水素カー「 サカエbr/KD59FN [軽量立ち作業台KDタイプ 1500×750×900mm]
」。アメリカで開催されている「Poptech」というイベントに参加したのですが、そこのスポンサーの1社がトヨタで、参加者向けにミライを披露かつ試乗させてくれるというPRををやっていました。これは乗るしか無いということで乗ってみました。

折しも2015年10月21日はバック・トゥ・ザ・フューチャーの日ということで、トヨタもそれに合わせた ブランド:Ted BakerbrbJEMMS 新作ロボットモチーフチェーンバッグ/b
天ファスナー 三京商会 ハンドバッグ /b 通販 9717r ブランド:sankyo br b オーストリッチ 軽量 フルポイント shokai バッグを配信していました。

ミライはまさにこれに出てくるクルマです。

じゃん!

後部、ナンバープレートの左下にMIRAIとあります。見た目は普通の車と特に変わらない。

ボンネットを開けるとこんな感じ。フロントガラスよりの真ん中にある銀色のハコが水素エンジンです。同行した車に詳しいメンバーにによると、構造は通常の車とあまり変わらないが、ガソリン車に比べて熱が出ないので熱処理系の機構がないとのこと。

カーナビの画面がこんな感じ。ちょっと見にくいですが、左側のバーに「APPS」というタブがあって、音楽、電話、地図、など色々なアプリを起動できるようになっています。ここのエリアはサードパーティにも開放する・・・と同行してくれたトヨタの人が言ってました。ちなみにOSなどはトヨタオリジナルだとのこと。ただ明らかにそういう方面に詳しい感じの人ではなかったので違うかも^^;

Sprocket的には気になる部分ではあります。Sprocketからの配信先チャネルの1つにこのパネルが加わる、ということも十分あり得ます。

てことで運転出発!Poptech会場周辺を1周する感じで、およそ5分位の運転です。

 あわせて読みたい



マイクロバブルが発生するしくみを理解する

そのメカニズムをイラストにして解説しましょう。

アスピレーター内部は内径が下に進むにつれてだんだん狭くなっているのですが、その過程の中で水圧が増し、水流に勢いがつきます。

ブランド:CLEDRANbrbCLM1002 FORTE WELLHOLD CASE ナイロン 2WAY ブリーフケース/b
軽量 b br 天ファスナー フルポイント ハンドバッグ /b 9717r 通販 ブランド:sankyo shokai オーストリッチ MS-1 というアスピレーター。価格は3,000円もしません。

ちなみに寸法図も発見したのでUPしておきます。

ホームセンターが近ければ切り売りで買われたほうが安い場合があります。

アスピレーターの出口にチューブをつけておかないと、マイクロバブルが空中で飛散してしまいます。

ロスなく浴槽に注ぎ込むために、内径8mmのチューブを取り付けましょう。

また、通販でも手に入りますが、ホームセンターで切り売りで入手されたほうが安く調達できます。

ネジで回すタイプは安いですが、指で締め付けるタイプの方が、取り付けの手間がなくラクチンです。

マイクロバブル発生装置と蛇口をつなぐアタッチメントです。

現れたネジ穴に合う形のアダプターを選び、ねじ込みます。

ジャストフィット!これで土台ができました。

ブランド:CLEDRANbrbCLM1050 RENVO IDEAL PACK ナイロン コットン デイパック/b
養生テープで塞ぎましたがよく脱落します・・・。

後日キャップをつけたver。内径は先に説明したとおり8mmのものを使いました。


わかりやすいよう、黒い板を風呂の底に敷いております。

だんだんお湯がバブルで白濁してきました。

ブランド:PELLE MORBIDAbrbPELLE MORBIDA Capitano メンズ ブリーフケース/b
呂の底が見えないくらい濁ってきました!

ちなみにこの風呂水をコップにすくって観察してみたのがコチラ。

大阪・長居公園の野外コンサートで落雷が発生、男女10人が病院に搬送され、木陰で雨宿りしていた女性2人が落雷によって死亡する事故が、記憶に新しいと思います。

また最近、関東地方各地で激しい落雷がありました。これがきっかけになり、これからの時期に必要になるかも知れない「雷の避難方法」と、家庭ですべき「電子機器を守る対策」について調べてみました。

このページの目次

落雷の季節は7月から始まります

雷が多くなる季節がやって来ています。7〜9月(夏季雷)に最も多く発生しますが、日本海側(特に秋田県から鳥取県)では11〜3月頃に冬季雷と呼ばれる雷が発生します。冬季雷は夏季雷よりも落雷数は少ないのですが、エネルギーが100倍以上に達することもあるほど、強力だといわれています。

落雷は増えているかもしれない

近年になって落雷は温暖化などの影響で、ゲリラ豪雨やスコールのような大雨に伴って増加傾向にあるようです。従来は、山間部での落雷が主でしたが、ここ数年は都市部での落雷のケースが増えていると考えられています。

正しい「落雷から避難する方法」

雷は「高い所・高い物・高く突き出た物」に落ちやすい性質があります。建物の屋上・山の頂上などや、また、周囲に高いものがないグラウンドや、平地が広がる公園・ゴルフ場・屋外プール・堤防・砂浜などは要注意です。

落雷による死亡事故で1番多いのは「開けた平地で雷の直撃」、2番目が「木の下の雨宿りでの落雷」です。この2つが全落雷事故死の半数以上を占めます。

雨宿りは危険です
建物の軒先で雨宿りするは非常に危険です。建物に落雷してしまうと、雷の電気は外壁を伝って襲いかかってくるからです。また、木の陰での雨宿りも、間接的に落雷する可能性があります。「ビル・高い物・木からは、できるだけ離れる」が原則です。