耐震シェルターの金額や補助の話も良かった内容です

他の良かった点として、耐震シェルターの話とその設置費用について説明があったのが良かったと思います。他実際のところ、耐震補強工事は小さな建物でも150万円近くはかかり、自治体の補助を入れても個人の負担が大きいため、あまり耐震化は進んでいません。

一方で耐震シェルターは40万円台で出来る事も多く、かつ自治体の補助もそこそこあります。当社がある 千葉市では、耐震シェルターの費用の半分を千葉市が負担してくれる ことになっています。ただその上限金額は20万円ですので、実際にはこの20万円分が補助金となるでしょう。

耐震シェルターの費用が45万円とすると、補助分を引けば25万円で設置することが可能です。この位の金額になると、現実的にやってみようかと思う方も増えていくと思います。千葉市の方は「 PR310Q NA(ポーランド産/ホワイトグースダウン95%/生毛ふとん/本掛/210×210cm/ナチュラル キャンセル不可
MARC JACOBS ノマド b スモール br /b 通販 TROOPER/トゥルーパー ブランド:MARC バッグ JACOBS」のページをご確認頂ければと思います。

いつまでも進まない耐震化を嘆くより、現実的にこの耐震シェルターをもっと推進していく方が良いのではないかと個人的に思っています。

ここで述べました意見は、当社ふくろう不動産の意見であり、それが絶対的に正しいと主張するものではありません。ですが、もっといろいろな人が耐震について学び、意見を持ってもらい、様々な対策が出てきて、実際に耐震化を行う人の選択肢がもっと増えれば良いなと思っています。

このページについてご意見などがある方は「 ブランド:SAINT SCOTTbrbリンジークロスボディーバッグ/b
b バッグ br スモール MARC JACOBS /b 通販 ブランド:MARC ノマド JACOBS TROOPER/トゥルーパー」をご利用の上、ご連絡をお願いします。