ブランド:BY MALENE BIRGERbrbBY MALENE BIRGER BAG/b バッグ 通販
BY MALENE BIRGER BAG

ブランド:BY MALENE BIRGER BY MALENE BIRGER BAG

今回は、足首を柔らかくする方法のご紹介です。足首が固いと、その上の膝関節や股関節、腰にまで負担がかかり痛めてしまう原因にもなります。スポーツ、運動選手、ダンスや舞踏、武道などでも足首を柔らかくすることは、コンディションアップ、怪我の予防にもとても大事です。

足首の柔らかさとは関節だけの問題ではありません。特に足首を動かすアキレス腱と、すねの筋肉(脛骨筋、腓骨筋)の柔軟性が特に大事なので、この部分を柔らかくできる効果的なストレッチを、ご紹介したいと思います。

ど~も恵比寿整体院の内山です。今回は足首ということで、私の実体験からお話しできるコトがあります。

実は私も足首の固さに悩まされていました。20歳の時、アメリカで右足首骨折&脱臼…、腓骨が脱臼で脛骨が完全骨折。ショック状態で病院へ、脱臼を戻す時気絶(笑)、気が付いたら手術が終わっていた…。

そんな甘い青春の思い出があるのですが、当時はスノーボードの選手として活動しており、骨折後その後7,8年は足首の動かなさ、痛みに悩まされていました(若干、手術が適当だったと思っている…)。

ヨガのように呼吸を上手く使ってストレッチを行うと、とても効果的に安全に体を柔らかくすることができます。

足首といえど自律神経の緊張が取れるようにケアしていけば必ず柔らかくなります。

ということで、足首を柔らかくできる腹式呼吸を使ったストレッチを簡単なものを2つ、少し本格的なものを1つご紹介しますので、足首を柔らかくしたい方は是非、実践してみてください。

の最新記事

ロゴTシャツの着こなし何パターンありますか?

夏に1枚で着られるロゴTシャツは、誰もが1枚は持っているアイテムです。もちろん、寒い季節はインナーとしても活躍しますよね。

でも、ロゴTシャツって、ちょっと癖があるので、コーデがマンネリ化してしまったり、子供っぽくなってしまったり、という悩みを抱えるアイテムでもあるんです。

定番のロゴTシャツ×デニムやスキニーパンツのコーデはバランスも良く、簡単にカジュアルが完成するんですが、お気に入りのロゴTシャツだから、もっと幅広いコーデで着まわしたい…。

というわけで今回は、ロゴTシャツを着回すためのコーディネートをご紹介したいと思います。

カジュアルに着こなすも良し、大人っぽく合わせるも良し、ロゴTシャツでいろんな着こなしを楽しんでみましょう。

コーデ1.ロゴT×ガウチョでスポーティーカジュアル

ブランド:SHIPS DaysbrbSNsuper naturalコンビ キルト ブルゾン/b

ブランド:glambbrbBrick long wallet/b
BIRGER BAG 通販 バッグ br /b ブランド:BY b BY MALENE
ブランド:Felisibrbビジネスバッグ12/39/PFA/b

今季のトレンドボトムスと言えばガウチョパンツですが、ロゴTシャツとの相性もピッタリです。

スニーカーやニット帽といったカジュアルな小物をプラスしても、ガウチョパンツのシルエットのおかげで、女性らしくまとまりますね。

シャツはざっくりフロントインでこなれ感を出すと、大人っぽい今時のカジュアルスタイルに。

応用スタイリングとしては、ボリューム抑え目で、シルエットに動きのあるチュールスカートも相性が良いですね。ガーリーが強いチュールスカートにロゴTシャツで、抜け感をプラスした旬な着こなしを作れます。

 


2013年6月13日木曜日@ドレスデン/5回目

ブランド:ultima TOKYObrbultima TOKYOアルテロA4サイズ一気室イタリアンレザー/77744/b
Dresdenのアルテ・マイスター絵画館Gemäldegalerie Alte Meisterで絵画鑑賞中です。次はドイツ絵画を見ます。この美術館はクラナッハの作品が充実していてsaraiは、大満足です。

まずはハウスブーフの画家の《ピエタ》です。1480年頃の作品です。この作者は1470年代から1500年にかけて、ライン川の中流地域で活躍したと思われる画家で、姓名不詳です。ドイツ南西部のヴォルフエック城に所蔵されていた家庭用祈祷書《ハウスブーフ》の作者であったことから、ハウスブーフの画家Hausbuchmeisterと呼ばれています。素朴ながら、力強い表現が印象深い作品です。

22OCTOBRE L 大きいサイズリネンバランサージャケット(8597193456
バッグ 通販 b MALENE /b BAG BY br ブランド:BY BIRGER クラナッハの作品群です。

ルーカス・クラナッハの《聖カタリナの殉教》です。1506年頃、クラナッハ34歳頃の作品です。1505年、ザクセン選帝侯のフリードリヒ賢明公はクラナッハをヴィッテンベルクWittenbergで宮廷画家として任じます。以来、クラナッハは3代のザクセン選帝侯に50年近く、仕えることになります。この作品は宮廷画家として、初めての大きな委嘱作品であり、初めての祭壇画でもありました。
次は18世紀に進み、スイス絵画を見ます。
最後はスペイン絵画を見ます。スペイン絵画ではムリリョの絵画が素晴らしいです。
ムリリョの《聖キアラ(聖クララ)の死》です。1645年から1646年頃、ムリリョ27~29歳頃の作品です。この作品はフランチェスコとともにフランチェスコ会派を起こした聖キアラの死の場面を描いたものです。アッシジの聖キアラ教会を訪問したときの感銘が蘇ってきます。

ムリリョの《聖母 ブランド:UNITED TOKYObrbバケツリングバッグ/b
1670年から1680年頃、ムリリョ53~63歳頃の作品です。ムリリョ晩年の超名作ですね。美しいマリアに抱かれたかわいいキリスト。名だたる聖母子作品のなかでも光を放つ素晴らしい作品です。ムリリョの最高傑作と言っても過言でないでしょう。


ドレスデンのアルテ・マイスター絵画館は展示作品の数は多くはないのですが、素晴らしい作品が多く、とても楽しめました。


次はドレスデンに多く名品が所蔵されているというフリードリッヒの絵を見たいところですが、これはノイエ・マイスター絵画館のほうに展示されているので、明日、ゆっくりと鑑賞することにします。