ブランド:PAPILLONNERbrbROBERTAPIERI/b 通販 バッグ ROBERTAPIERI
ROBERTAPIERI

ブランド:PAPILLONNER ROBERTAPIERI

サービス利用記第二弾は、なんとトヨタの水素カー「 ブランド:JOSEPHbrb17SS洗える Vネックニット FINE SILK V NK LS/b
」。アメリカで開催されている「Poptech」というイベントに参加したのですが、そこのスポンサーの1社がトヨタで、参加者向けにミライを披露かつ試乗させてくれるというPRををやっていました。これは乗るしか無いということで乗ってみました。

折しも2015年10月21日はバック・トゥ・ザ・フューチャーの日ということで、トヨタもそれに合わせた ブランド:Epoibrbマイディショルダーバッグ/b
ROBERTAPIERI バッグ ブランド:PAPILLONNER 通販 パピヨネ b /b brを配信していました。

ミライはまさにこれに出てくるクルマです。

じゃん!

後部、ナンバープレートの左下にMIRAIとあります。見た目は普通の車と特に変わらない。

ボンネットを開けるとこんな感じ。フロントガラスよりの真ん中にある銀色のハコが水素エンジンです。同行した車に詳しいメンバーにによると、構造は通常の車とあまり変わらないが、ガソリン車に比べて熱が出ないので熱処理系の機構がないとのこと。

カーナビの画面がこんな感じ。ちょっと見にくいですが、左側のバーに「APPS」というタブがあって、音楽、電話、地図、など色々なアプリを起動できるようになっています。ここのエリアはサードパーティにも開放する・・・と同行してくれたトヨタの人が言ってました。ちなみにOSなどはトヨタオリジナルだとのこと。ただ明らかにそういう方面に詳しい感じの人ではなかったので違うかも^^;

Sprocket的には気になる部分ではあります。Sprocketからの配信先チャネルの1つにこのパネルが加わる、ということも十分あり得ます。

てことで運転出発!Poptech会場周辺を1周する感じで、およそ5分位の運転です。

 あわせて読みたい

チソンとイ・ボヨン(이보영)の熱愛・結婚

2004年のSBS「ラストダンスは私と一緒に」で共演した2人は、2007年11月から交際開始。

この熱愛の事実が初めて公開されたのは2008年2月。チソンの軍服務が終わって、俳優として復帰したときです。

▼相次いでヒット作を生み出し、俳優人生の高みにのぼっていたイ・ボヨン。彼女はチソンとのおんぶスキンシップが好きだそうです。 アドビシステムズ〔Win版〕AcrobatProDC(アクロバットプロDCACROBATPRODC(JWIN
ROBERTAPIERI バッグ br パピヨネ PAPILLONNER ブランド:PAPILLONNER /b 通販 b、 ブランド:MCMbrbMCM/エムシーエム/Basic Zip Wallet/b
b br ブランド:PAPILLONNER バッグ /b PAPILLONNER 通販 ROBERTAPIERIより。

▼MBC「ニューハート」の撮影で忙しいにも関わらず、彼女と会うように努めていたチソン。場面は、秘密の自動車デートを捉えたもの。 ブランド:SINAIbrbウォッシュレザー ブリーフケース/b
より。

2013年9月、チソンはイ・ボヨンと結婚。芸能界の長寿カップルの結婚は、大衆の注目を集めることに。

KBS「いとしのソヨン」の制作発表当時、イ・ボヨンはチソンとの結婚の質問に「数年前までは結婚に対する幻想を持っていました。結婚は余裕があるときにします」と答えています。

交際してから長年の間、お互いの話を自制してきたので、ネットでは様々な噂が飛び交っていました。しかし、2人はしっかりと愛を維持していたとのこと。

▼結婚前にSBS「強心臓」に出演したチソン。彼女関連の質問をかわし、適当にやり過ごそうとする場面。 ブランド:TONE SELECT GOODSbrbButler Verner Sails 金口ボストンバッグ/b
b br ROBERTAPIERI パピヨネ 通販 PAPILLONNER ブランド:PAPILLONNER /b ROBERTAPIERIより。

SBS「ヒーリングキャンプ」にて彼女は、チソンとの馴れ初めや結婚までの出来事を語っています。

彼女いわく「ラストダンスは私と一緒に」の出演時は、まだ先輩後輩の間柄だったといいます。そして、ドラマの放送が終了すると、チソンからアタックを受け恋人関係に発展したとか。

▼結婚後、最初は主導権を握っていたと話すイ・ボヨン。しかし、時間が経つにつれチソンが握るようになったそうです。また、チソンの外見について「私のタイプではない」と爆弾発言をしています。 ELISA デニムヤーンツィードワンピース
より。

余談ですがKBS「ハッピートゥゲザー3」に出演したチソンは、恋人との倦怠期克服法について「心を込めた手紙でやり取りするなど、些細なことを共有して倦怠期を解きました」とし

倦怠期については「克服しなければならないと考えています。そうでなければ、きっぱり別れた方が良い」と語っています。

韓国人「米軍が撮影した1970年代のソウルの風景」→「日本との格差が今よりもずっと大きかった時代」




突如現れた敵から家族や仲間を守るために戦う高校生たちの姿を描き話題を呼んだジョン・ミリアス監督作『若き勇者たち』。同作の敵の設定を共産圏連合軍から北朝鮮に変更し、リメイクしたサバイバル・アクション。北朝鮮による侵略という非常事態に先頭をきって挑む主人公を演じるのは、『マイティ・ソー』のクリス・ヘムズワース。
オリジナル脚本:ケヴィン・レイノルズ 、 ジョン・ミリアス 、 カール・エルスワース 、 ジェレミー・パスモア
製作総指揮:ヴィンセント・ニューマン 、 ケヴィン・ハローラン
ジェド・エッカート:クリス・ヘムズワース
マット・エッカー ト:ジョシュ・ペック
トニ・ウォルシュ:エイドリアンヌ・パリッキ
エリカ・マーティン:イザベル・ルーカス
タナー:ジェフリー・ディーン・モーガン


北朝鮮に制圧されたワシントンで故郷を守る戦いを描いたもので「マイティ・ソー」のクリス・ヘムズワース主演の映画だったが、今売れに売れている彼にこの程度の映画の主演をさせちゃダメでしょ的な映画だった。

東日本大震災で大津波の被害を受けた日本人が、決してパニックになったりせず冷静で秩序正しく行動していることを世界中の人々が評価したり不思議に感じていたことが当時ニュースにもなったりした。
それは不思議に感じる人たちの国には地震が頻繁に起きていないからであると思う。
すべての災害に言える事だが、こと「地震の国」である日本においては、地震や津波には逆らえないという古来からの「達観した無常観」を持っていて、それが災害時の秩序となっているのだと思う。言い方を変えればそれこそが「日本人としての自覚の一部」になっているのだ。
映画の冒頭で「停電シーン」があるが、こんな風にアメリカ全土では地域的に広い範囲で頻度が高く停電することがあるらしく、意外とみんな冷静である。だからこの映画のように実際にもパニックにはならないらしい。
地震ではパニックにならない日本人でも、頻繁に経験の無い「大停電」ではもしかしたらパニックになるかもしれない。
長い目で見ればすべては「慣れ」による行動」なのだと思う。


そしていつもいつも「武器大好き、戦争大好き」なアメリカ人の「正義に犠牲はつきもの」で「最後はみんなでハイタッチ」展開なのだ。


この映画のせいでも無いし、この映画が特に悪いと言うわけじゃないけど、このての「正義の押し売り映画」はもうたくさんという感想だった。